オーガニック化粧品にも落とし穴はある!注意点をチェック!

最近の化粧品はナチュラル志向が人気で、「オーガニック」というワードをよく耳にするようになりました。
しかしオーガニック化粧品を購入する前に、知っておくべき注意点がいくつかあります。

「オーガニック=肌にやさしい」というイメージに惑わされないようにしましょう!

「オーガニック=安全」じゃない!

オーガニックといえば「肌にやさしい」「安全性が高い」というイメージをもっている人がほとんどでしょう。
最近の女性の志向にピッタリとマッチしていますね。
だからオーガニック化粧品と聞いただけで、手に取る女性も増えてきているのではないでしょうか。

オーガニックに基準はない

ところがオーガニックなら絶対に安全なのかというと、じつはそうではありません。

そもそもオーガニックとは「農薬や化学肥料などを使っていない農作物」のことです。
となれば、オーガニック化粧品とは何を指しているのでしょうか。

オーガニック由来の植物(有機素材)で構成された化粧品?
化学的な素材は使用しないで作られた化粧品(つまり無添加)?
そんな推測が成り立ちますが、現在の日本ではオーガニック化粧品に対しての基準がありません

だからオーガニック化粧品を製造している各メーカーの判断に任せているのが現状です。
もしかしたら有機原料以外のものも使われているかもしれないし、化学物質が配合されているかもしれないのです。

オーガニック化粧品だからと、自然由来の成分のみで構成されていると思い込んではいけません。

オーガニック化粧品の注意点

しかし基本的には有機素材を使用し、従来の化粧品より安全性を考えて作られているのがオーガニック化粧品。
ナチュラル志向でスキンケアを選んでいきたいなら、オーガニック化粧品を選択肢に入れる価値は十分にあります。

ただしオーガニック化粧品の注意点もしっかりとチェックしておいてから、購入する商品を選んでいってください。

アレルギーに注意

敏感肌などで肌荒れしやすい人ほど、オーガニックに興味が湧くかと思います。
自然由来の成分なら肌にやさしいので、荒れにくいというイメージになりますからね。

しかし植物にもアレルギー反応があることを忘れないでください。
小麦、大豆など、植物へのアレルギーをもっている人はとくに注意が必要です。
しっかりと原料を確認して、アレルギー物質が配合されていないかをチェックしてください。

アレルギーがない人でも、何らかの原料が肌に合わない可能性もあります。
「植物=肌にやさしい」というイメージをもちやすいですが、そもそも人間の構成成分と植物の構成成分は全く違います。
個人差もありますが、肌に合わない可能性もじゅうぶんにあるわけです。

植物由来だからと油断しないことが大切です。
使用前には必ずパッチテストをするようにしましょう。

オーダーメイド化粧品もある

アレルギーがあったり、敏感肌の症状が進んでいる人にはオーダーメイドの化粧品もあります。

普通の市販品よりも価格が高くはなりますが、自分にとって入れて欲しくない成分を除いて調合してもらえるのが魅力です。
肌質の問題からなかなか自分に合った化粧品が見つからない人は、こういったオーダーメイド化粧品も候補に入れてみましょう。

信頼できるメーカーを選ぶ

前述したように、オーガニック化粧品を名乗るための定義がありません。
悪質なメーカーになると、「無添加」「自然派」などの魅力的なワードをたくさん使いながらも、ケミカルコスメとなんら変わらないようなものを作っているかも。

だから化粧品を選ぶときには、製造しているメーカーの信頼性を計ることも大切です。
価格が安いからといって飛びつかないようにしましょう。

ここをチェックしておきたい!

では質の良いオーガニック化粧品を選ぶために、どんな点をチェックしておけばいいのでしょうか。
まずは製造元のホームページを開いて、こんなところをみておきましょう。

・原材料(どこから調達しているか)

・製造過程

・有機素材の割合

・化学成分の有無
(配合しているなら、その種類)

認定機関もある!

日本ではオーガニック化粧品を認定する機関がありませんが、海外には認定機関もあります。
メーカーによってはしっかりと認定を受けている商品もあり、認定されているなら一定の基準を満たしているということになります。

こういった認定の有無も商品を選ぶうえでの大きな判断材料になります。
ではどんな認定機関があるのかもみておきましょう。

■ECOCERT(エコサート)

ECOCERT(エコサート)は農学者の団体によって設立されたフランスの機関です。

フランスだけでなくドイツ、イタリア、スペインなど世界各国に法人があり、世界最大規模の有機認定機関になります。
日本国内でも製品に自信があるブランドは、エコサートの認証を求めている企業が多くあります。

■COSMEBIO(コスメビオ)

コスメビオはエコサートと同じくフランスで設立された認定機関。
エコサートの基準を満たした化粧品にだけ、コスメビオのロゴを付けることが可能になっています。

オーガニックとしてスタンダードな認定機関ともいえ、コスメビオのロゴは「本格的なオーガニック化粧品」として広く認知されています。

■USDA

USDAとは、アメリカの農務省のことです。

農務省の基準を満たせばオーガニック認定となるのですが、アメリカではコスメに関しての明確な基準がありません。
そのために基準は食品と同様と考えてください。

■ACO

ACOはオーストラリアの認証機関です。

原料の95%以上がオーガニックの農作物であること、残りの5%も天然の原料であることが認定条件。
つまり化学合成成分を一切使用しないことが認定の条件ということになります。
化学合成成分を避けたい人は、この認定を受けていると安心です。

■BDIH(ビーディーアイエイチ)

BDIHはドイツの認証機関です。
ドイツは自然派療法が根強いお国柄で、ナチュラル志向への意識も非常に高くなっています。

そういった傾向からオーガニック化粧品の認定機関もいくつか設立されています。
なかでもBDIHは一番古く、化粧品メーカーが合同(ドイツ化粧品医薬品商工会企業連盟)でガイドラインを作成した機関になります。

自然原料というだけでなく、環境保護、動物実験といった観点にも基準を設けて認定しています。

■eco controL(エココントロール)

ECO CONTROLは、BDIHよりも高い基準で認定しようという意図で設立された同じくドイツの機関。
品質や安全性だけでなく、持続可能性などの広い基準が特徴です。

独自の「皮膚科学的に効果が確認されている」という基準もあります。

■demeter(デメター)

DEMETERもドイツの認定機関。
オーガニック認証の質を保証するIFORMにも加盟しています。
有機農法であるバイオダイナミック農法を推奨している機関です。

ほかのどの認定機関よりも厳しい基準を定めています。

■So Cert

So Certはフランスのエコサートをモデルに設立されたイタリアの機関です。

100%植物原料でなければならないという厳しい認定基準があります。

■Soil Association(ソイルアソシエーション)

Soil Associationはイギリスで設立された有機農産物の検査、認定機関です。

基本理念は「健康な土壌が健康な植物を育て、それが健康な体を育てる」といったもの。
現在のイギリスでは8割以上のオーガニック製品が認定を受けているそうです。

基準がとても細かく規定されていて、認定の審査が厳しい機関になります。

■Na True(ネイトゥルー)

機関のほとんどが営利団体なのに対して、メーカーが中心になって設立したヨーロッパ(EU)の認定機関がNa Trueです。

認定基準は一般公開されていて、ビジネスでの認証はしないと公言しています。
オーガニックの含有量をわかりやすく星の数で表すという特徴もあります。

★★★NaTrueマーク…オーガニック認定成分の割合が95%以上

★★NaTrueマーク…オーガニック認定成分70%以上95%未満

NaTrueマーク…オーガニック認定成分70%未満

オーガニックと正しくつき合おう

ここではオーガニック化粧品の注意点をご紹介していきました。
オーガニック化粧品はちょっと誤解されやすいもの。
正しい知識で正しく選び、肌を健やかにしていきましょう!

スポンサーリンク