アロエの効能で肌トラブル改善!その効果と使い方は?

みなさんご存知のアロエ
健康によさそうなイメージですが、肌トラブルの改善にも有効なんです。

アロエは食べることでもスキンケアに使っても美容の味方になってくれる優秀な植物です。
ここではそんなアロエの効果や使い方をみていきましょう。

アロエの効能をもたらす成分

年代にもよると思いますが、小さい頃おばあちゃんが薬の代わりにアロエを使っていた記憶はありませんか。
我が家でも祖母がアロエを大きな鉢にいくつか育てていて、火傷をしたりするとアロエを貼りつけてくれました。

つまりアロエには火傷や傷に効能があると知られていたわけですね。
その効能は、アロエに含まれているアロエマンナンサポニンといった成分が作用してくれるからです。

ムコ多糖類

アロエの特徴である葉肉には、アロエマンナン、グルコン酸といったムコ多糖類が含まれています。
ムコ多糖類はオクラなどのネバネバにも含まれているのですが、アロエの葉肉もちょっとネバついていますよね。

ムコ多糖類には皮膚の炎症を抑える作用や、免疫効果を高める作用があります。
この作用によって皮膚の修復が助けられるので、火傷や傷にアロエは有効とされていたんですね。

ちなみにムコ多糖類には高い保湿効果もあるので、肌を整えるのにもとっても有効です。

アロイン

アロエにはアロインといったアントラキノン系物質が含まれています。(キダチアロエに多く含まれています)
アロエを食べるとちょっと苦いのは、この成分によるものです。

アントラキノン系物質を経口摂取することで便秘改善効果があるとされていますが、長期服用や乱用によって大腸メラノーシス(大腸壁が黒くなり、働きが悪くなる)が懸念されています。
そのため、一時的に便秘が改善されても長期の服用で効果が減少するかもしれません。

便秘改善の目的でアロエをとり入れるなら、キダチアロエよりもアロエベラのほうがおすすめできます。

サポニン

アロエにはサポニンという成分も含まれています。
基本的にサポニンはアロエベラにのみ含まれていて、キダチアロエ、ケープアロエといったアロエには含まれていません。

サポニンは大豆に含まれていることで有名な成分ですが、抗炎症作用抗菌作用抗アレルギー作用があります。
抗酸化作用も強いので、肌のアンチエイジングにとても有効な成分でもあります。

さらに血中の脂質を処理する働きまであるので、経口摂取すればダイエットの手助けにも!

アロエの効果

ではこういったアロエの効能によって、どんな肌トラブルに効果が期待できるのかみていきましょう。

ニキビ改善

前述したアロエの効能をみると予想できると思いますが、ニキビの改善に役立ってくれます。

殺菌作用、抗炎症作用があるので炎症を起こしている赤ニキビにも有効です。
また、皮膚の修復が助けられるのでニキビ跡にも効果が期待できます。

保湿効果との相乗効果で肌のコンディションが整っていけば、ニキビができにくい肌になっていきます。(予防にもなるということです!)

ニキビへの使い方

ニキビへの使い方は、アロエを直接患部に貼りつけるパックや、アロエを絞って抽出したエキスを塗布するといった方法があります。

パックにする場合は適当な大きさにカットし、半面の皮を剥いてゼリー状の部分をむき出しにして貼り付けます。
そのまま5分~10分ほど放置してください。

アロエを絞ってエキスを出す場合は、皮ごとだと刺激が強くなるので注意してください。

シミ、そばかす改善

シミそばかすのもとになっているのはメラニン
アロエに含まれているアロエジンにはメラニンの生成を抑える働きがあるので、シミやそばかすの改善も期待できます。

もちろん肌の美白効果だって期待できます!

シミ、そばかすへの使い方

アロエから搾り取ったエキスを、気になる部分に塗り込むようにして使います。

また、ゼリー部分をミキサーにかけてから肌に乗せる方法もあります。

ただし根元のほうや皮は成分が強いので注意してください。
できればゼリー部分だけを活用することをおすすめします。

乾燥肌改善

アロエは保湿効果だけでなく、アロエベラにコラーゲンやヒアルロン酸の産生量をアップさせる成分(アロエステロール)が含まれているとして注目されています。

アロエステロールの効果がスゴい!アロエステは飲む美容液!?

2016.07.21
さらにはビタミンやミネラルも豊富に含んでいるので乾燥肌対策に最適!

乾燥肌への使い方

乾燥肌へは、アロエを化粧水にして使用したり、アロエ風呂にして使用するのがおすすめです。

アロエ化粧水、アロエ風呂の作り方は後述します。

アトピー性皮膚炎改善

アロエがもつ抗アレルギー作用、抗炎症作用がアトピー性皮膚炎などの疾患にも有効として、近年研究が進められています。

加えて保湿効果もアトピー性皮膚炎には効果的。
ただしアトピー性皮膚炎に使用する場合は注意も必要です。

アトピー性皮膚炎への使い方

アトピー性皮膚炎に使用する場合は、そのままの葉だと雑菌の影響が懸念されるのでおすすめできません。
アロエエキス配合のスキンケア用品でとり入れていくようにしましょう。

また、必ずかかりつけの医師と相談しながら使用していってください。

アロエの活用方法

スキンケアにおいて、アロエの代表的な活用方法は化粧水お風呂
どちらもそれほど難しい方法でははありません。

では2つの活用方法を詳しくみていきましょう。

アロエ化粧水の作り方

アロエを化粧水にすることによって、適度に水分を補う効果が備わります。

1・アロエの生葉を切り取り、きれいに洗う

2・トゲをとり除く

3・ゼリー部分だけに切り出すか、ミキサーにかける

4・きれいなガーゼでエキスを絞り出す

5・精製水で適度に薄める

薄めかたのポイントは、皮ごとミキサーにかけた場合は薄めに、ゼリー部分だけ使用した場合は濃いめにすることです。
アロエの成分が皮に多く含まれているため、刺激も強くなる可能性があるからです。

成分が強いほうが効果も高いと欲張らず、肌の調子をみながら調節していってください。

できあがった化粧水は冷蔵庫で保管し、早めに使いきってくださいね。

アロエ風呂の作り方

肌の乾燥が気になる季節には、アロエ風呂がおすすめです!

1・アロエの生葉を切り取り、きれいに洗う

2・トゲをとり除く

3・5mm程度にカットするか、そのまますりおろす

4・ガーゼやネットに包んで浴槽に入れる

アロエで美肌に!

さまざまな使い方ができるアロエ。
一鉢育ててみたくなりませんか。
アロエにはアロエベラ、キダチアロエ、ケープアロエなどの種類がありますが、効能的にみてアロエベラがおすすめです。

アロエは価格もリーズナブルなので、アロエ美容をぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク