妊婦さん必見!妊娠線の予防に効果的な方法&注意点

赤ちゃんの出産が待ち遠しい中、妊婦さんの体は目まぐるしく変化していきます。

ホルモンバランスによって肌の調子も変わるし、メラニンの過剰分泌で黒ずみもできやすくなります。
そんな中でもかなり気になるのが妊娠線
油断してできてしまうと後が大変です!

後悔しないために、妊娠線を予防するための効果的な方法、注意点をみていきましょう。

妊娠線とは

妊娠線とは、妊婦さんのお腹が膨らみ始めるころに現れるひび割れのような線のことです。

できる場所や形状には個人差があり、稲妻のような線だったりスイカのような縞模様だったりします。

これは肌の表皮ではなく、その奥の真皮皮下組織が伸びきれずに断裂することが原因です。
表皮はある程度伸びるようになっているので、お腹が膨らんでも断裂することはまずありません。
真皮の断裂した部分から毛細血管が透けて見えるようになるので、妊娠線は赤紫色をしています。

妊娠線はできてしまうとかなりインパクトがあります。

妊娠線ができやすい人の特徴

妊娠線はすべての妊婦さんにできるものではなく、約3割程度は妊娠線ができることなく出産するといわれています。

ではどういった人に妊娠線ができやすいのでしょうか。
その特徴をとり上げてみます。

・もともと小柄な人、痩せている人

・妊娠中の体重増加が多い人

・多胎妊娠の人

・35歳以上の高齢妊娠の人

・経産婦の人

・アトピー性皮膚炎の人

妊娠線ができやすいかどうかは、皮膚の伸びがついていけるかどうかです。

もともと小柄な人痩せている人は、皮膚面積が少ないので妊娠による肌の伸びも大きくなります。
体重増加が多い人も肌の伸びが大きくなるぶん、妊娠線ができやすくなります。
多胎妊娠も同様です。

高齢妊娠の人は肌の弾力が低下しているので、やはり妊娠線ができやすくなります。
経産婦の場合は子宮の伸びがいいぶん、お腹も大きくなりやすいからです。

アトピー性皮膚炎の人はステロイド系の治療薬をつかっていると、肌の弾力が悪くなるので妊娠線ができやすくなります。

こういった特徴のある人はより妊娠線への注意が必要です。

しかし自分は特徴にあてはまらないからといって油断は大敵!
妊娠線ができやすい特徴をもっていなくても、できる人はできてしまいます。
妊娠中はステロイドホルモンの分泌が盛んになり、肌の弾力も低下しがちになるからです。

そして妊娠線はできてしまうと改善がかなり難しく、元通りになることはまずありません。

妊娠線予防の方法・注意点

できてしまうと怖い妊娠線。
予防するためにはどんな方法や注意点があるのかみていきましょう。

1・保湿ケア

まず肌に弾力を与えるため、徹底的に保湿していきます。
これが1番重要になります。
しかし注意しておきたいのは、保湿クリームならなんでもいいというわけではないということです。

前述したように妊娠線は真皮や皮下組織の断裂が原因。
だから表皮ではなく、真皮にまで保湿成分を届けてやわらかくする必要があります。
つまり浸透力が大事というわけです。

そしてもちろん妊娠中は安全性も大切。
天然オイルの中でも浸透性が高いものがおすすめです。
予防効果としてはオイル>クリーム>ローションという見解ですが、最近ではオイルに負けないくらい効果的なクリームも販売されています。

逆に妊娠線用のクリームでも浸透力が低い商品もあるので注意が必要です。

よく見極めて、しっかりと浸透保湿ができるケア用品を選んでください。

妊娠線の予防に馬油をセレクト!産後も後悔しないケア

2018.02.10

なるべく早くケア開始!

一般的にはお腹が膨らみ始めてから(妊娠5ヵ月くらいから)ケアを始める人が多いようです。
しかしお腹が大きくなりはじめてからケアをスタートしたとして、すぐに肌の弾力がアップするわけではありません。

だからお腹が膨らみ始めるよりも前の段階(妊娠3ヵ月~4ヵ月くらい)でケアをスタートするのが理想的。
とくに妊娠線ができやすい人の特徴にあてはまっている人は、なるべく早くケアを開始しましょう。

毎日継続する

妊娠線のケアはこまめに毎日することが大切です。
着替えのとき、トイレに行ったときと、自分なりにタイミングを決めておくとこまめに塗りやすくなります。

そして残念ながらケアを頑張っても妊娠線ができてしまうこともあります。
しかしそこで諦めてしまって、ケアをやめてはいけません。
そういった人は妊娠線ができやすい肌状態になっていると推測できます。

ケアをやめてしまうことでどんどん妊娠線が増えてしまうことになりかねません。
たとえ妊娠線ができてしまってもケアを毎日継続していきましょう。

2・お風呂は湯船に入る

お風呂はシャワーですませず、なるべく湯船に入るようにしましょう。

お湯に浸かることで血行が促進され、肌の弾力もアップしやすくなります。

3・体重を急激に増やさない

妊娠線の予防には、体重を急激に増やさないことも大切です。
体重が急激に増えれば、それだけ肌の伸びも急激になるからです。

産科医からの説明もあったと思いますが、体重が増えすぎると高血圧症のリスクも高くなります。
妊娠中の体重コントロールはとても大事だということです。

脂肪がつきにくい体にする

妊娠中はそれでなくても脂肪がつきやすくなります。
胎児を守るためのメカニズムなのですが、だからといって脂肪を蓄え放題というわけにはいきません。

しかし胎児への栄養も大切なので食事制限するわけにはいきませんよね。(甘い物は控えてください)
だから体重コントロールをするためにも、脂肪がつきにくい体をつくっていきましょう。

脂肪をつきにくくするには筋肉量を減らさないことがポイント。
医師からの指導があった場合は別ですが、妊娠中も適度な運動(ウォーキングなど)を積極的にとり入れていってください。

体力をつけておくことで出産もスムーズになります!

4・ガードルや腹帯を使用する

マタニティ用のガードル腹帯を使用することで大きくなったお腹が支えられます。
すると皮膚の伸びも少しながら抑えられることになります。

肌への負担を少しでも減らすために、ガードルや腹帯も使うようにしてください。

産後に後悔しないために

妊娠線はインパクトが強いので、できてしまうとショックなものです。
産後に後悔しないためにも、できる限りのケアをしていきましょう!

妊娠中は要注意!脇の下に黒ずみを作らないケア方法は!?

2016.07.11

スポンサーリンク