肌の若返りにはEGFが早い!?その美容効果と選び方の注意点

肌の若返り成分として注目のEGF
アンチエイジングしたい女性にとってはかなり気になる成分ですね!

ではその美容効果と配合商品を選ぶときのポイント、注意点を詳しくみていきましょう。

EGFとは

EGFはEpidermal Growth Factor(エピダーマルグロースファクター)の略になります。
日本語では「上皮成長因子」「細胞再生因子」「上皮細胞増殖因子」といった呼ばれかたをしています。
なんだか単語だけで肌を若返らせる効果が期待できそうですね。

EGFという成分が発見されたのは1962年。
発見したのはアメリカのスタンリー・コーエン博士で、この博士はほかにもNGFという成分も発見しています。
EGF、NGFとともに医学界の飛躍に貢献したとしてノーベル賞を受賞しています。(生理学賞と医学賞と2つも!)

それだけEGFの効果は大注目されたというわけですね。

当初は医療分野の中で、皮膚や角膜の回復促進を目的とした使用がほとんどでした。
大変高額な成分だったので、スキンケア用品に配合するなんて現実味がなかったのです。

しかし技術の発展によりEGFの抽出、産生が比較的容易になり、手に入りやすくなりました。
そして最近ではスキンケア用品にもとり入れることが可能になったのです。

EGFの特徴

EGFは上皮成長因子、上皮細胞増殖因子という名称でなんとなくイメージしやすいかと思いますが、表皮の細胞へ働きかける成分です。

表皮細胞の成長を促進し、ダメージを修復させるといった特徴をもっています。

臨床実験により上皮組織にある受容体と結合することでEGFR自体を活性化させ、上皮の修復が促進されるという化学的根拠もとれています。

アメリカで行われた臨床試験によると、EGF配合のローションを使用した結果「最大で8倍、平均で2.8倍の細胞成長率を記録した」というデータになっています。

EGFの肌への効果

こうしたEGFの特徴によって、うれしい美容効果も期待できるようになります。

表皮細胞の成長促進によってターンオーバーも促され、肌本来の力をとり戻すことができるからです。

古い角質も排出されやすくなり、肌がやわらかくなれば毛穴トラブルも改善できます。
もちろんニキビといったトラブルも改善できるし、ニキビ跡の修復にも役立ってくれます。
メラニンも排出されやすくなるので、肌のトーンアップも!

こうして「表皮細胞の成長促進」という働きは、多岐に渡った美容効果を生み出してくれるのです。

FGFとの違い

EGFと似たような名称でFGF(線維芽細胞増殖因子)という成分もあります。

この2つは名称だけでなく特徴も似ているのですが、働きかける場所が大きく異なります。
EGFが表皮への働きかけなのに対し、FGFは線維芽細胞への働きかけになるからです。

線維芽細胞は真皮の層でコラーゲンやエラスチンを生成する役割をもっています。
つまり肌の奥底のほうで活躍する成分ということになります。
EGFは表面、FGFは土台部分の成長促進と覚えておきましょう。

肌の土台部分が活性化されれば、しわやたるみの改善が期待できます。
商品にEGFだけじゃなくFGFも配合されていると、肌の外側、内側の両方のケアができるわけです。

RERUJU(リルジュ)ならEGF、FGFを同時に肌へ!
さらにEGFとFGFの働きを1.6倍にする成分、IGFまで配合。
これらの成分をリポソーム化させているので、肌の奥までしっかり浸透してくれます。

まさにエイジングケアの極みといえる美容液!

7日間のトライアルが送料無料で999円!

EGF配合化粧品の選び方

EGFは注目の成分なので、その名称を利用しようとする悪質なケースもあるので注意が必要です。

たとえば配合量が少なかったり、「EGF配合」と記載しておきながら類似成分だったりといったケースです。
だからパッケージだけでなく、必ず配合成分表も確認するようにしましょう。

成分表の場合、EGFはヒトオリゴペプチド-1と記載されます。
ちなみにFGFはヒトオリゴペプチド-13です。

EGFの配合基準はガイドラインに定められていて、基準値に達していないと日本EGF協会の認定マークがもらえないことになっています。
だから日本EGF協会の認定マークがついていれば配合量、品質ともに安心だといえます。
商品を選ぶときにはぜひ参考にしてください!

<日本EGF協会の認定マーク>

EGF Style(イージーエフスタイル)は日本EGF協会認定の化粧品専門店!
きっと自分に合ったEGF化粧品が見つかるはず。↓ ↓

FGFエクストラディープエッセンス

EGF化粧品の注意点

では最後に、EGF化粧品を使ううえでの注意点もみておきましょう。

2ヵ月は使用したい

肌のターンオーバーは、正常な状態で28日くらいの周期となります。

しかしその周期は加齢とともに遅くなるもので、40代になると50日以上、60代になるとなんと100日もかかるようになるといわれているんです!

だから40代以上でEGF配合化粧品をつかってみるなら、最低でも2ヵ月(60日間)くらいは様子をみたいところ。
EGFは速攻で効果がみられるものではなく、あくまで肌修復を促進し、それにともなったターンオーバーによって効果が得られるものだからです。

若い人は効果がない!?

EGFは細胞内で十分な量になると、それ以上とり込まれることはありません。
つまりEGFの量がまだ十分にある若い世代がEGFを肌に塗布したところで、とり込まれることはないということです。
※EGFはもともと体内にあり、20代後半から減少しはじめる。

20代くらいだとEGF配合化粧品を使用しても効果を実感できない可能性もあります。

EGFの副作用

EGFはもともと体内にある成分ということもあり、副作用の心配は比較的少ない成分といえます。
一定量になるととり込まない性質もあるので、過剰に塗布し過ぎて反応してしまった!なんて失敗もありません。

しかし安心しきらずに必ずパッチテストはするようにしてください。
化粧品にはEGF以外の成分も含まれているし、そういったほかの成分に反応する可能性だってあります。

とくに敏感肌の人や、アレルギーがある人は注意が必要です。

若々しい肌に変身!

近年の美容業界はめざましく、アンチエイジングにも期待が高まる成分がたくさんあります。
EGFもその一つ。

EGFのターンオーバー促進効果で若々しい肌に変身していきたいですね!

スポンサーリンク