シミの基礎学・メラニンと、できたシミを消す仕組み

メラニンによってシミができるというけれど、どんな仕組みになっているのか。
そしてできてしまったシミを消すことはできるのか。

シミは加齢とともに必ずといっていいほど悩みの種になりますが、その仕組みを知らなくては対抗できません。
ここではシミとメラニンの関係、つまり本当に基本的なことを解説していきます。

メラニンとは

シミのもとになっているメラニン
メラニンはメラノサイトから作り出されます。

肌の表皮はわずか0.1~0.2mmほどですが、4つの層で成り立っています。
外側から角質層、顆粒層、有棘層、基底層です。

メラノサイトがあるのは基底層
つまり表皮の一番奥でメラニンが生成されているのです。
だからシミも表皮の中にあるということになります。

紫外線とメラニンの関係

肌が紫外線を浴びるとメラノサイトに信号が送られます。
するとメラノサイトはメラニンを生成し、肌を守ろうと働きます。

そうです、シミのもとになるメラニンは嫌われがちですが、本来は肌細胞を守るためのメカニズムなんです。
だから紫外線だけでなく、肌への刺激によってもメラニンが生成されます。
ムダ毛処理などで肌にいつも刺激を与え続けていると肌色が濃くなるのも、こういったメカニズムが働いているからです。

ターンオーバーとメラニンの関係

こうして生成されたメラニンは、ターンオーバーによって排出されていきます。

ところが長時間紫外線を浴びていたり、強すぎる紫外線によって大量にメラニンが生成されてしまうと排出が追いつかなくなります。

もちろんターンオーバーが停滞することでもメラニンの排出は追いつかなくなります。
だから加齢によって代謝が悪くなるほどシミもできやすくなるのです。

蓄積によってもシミができる!

メラニンの排出が追いつかなくなるというと大洪水のような「一時的な大量の紫外線」をイメージしますが、それだけではありません。
ダムの中に紫外線は溜まっていき、その量を超えたときにダムが決壊してシミになるというイメージももってください。
つまり紫外線はつねに蓄積されているのです。

そして過剰にメラニンを作り続けるメラノサイトが生まれ、排出しきれない状態になってシミになります。

このダムに例えた紫外線の許容量には個人差があります。
許容量が多い人ほどシミができにくいし、少ない人ほどシミができやすいといえます。

シミができやすい人、できにくい人、あなたはどっち?

2016.06.27
どちらにしても「ちょっとだけ」と油断せず、少しでも紫外線を蓄積しないようにしておくと将来の肌に大きく差がつくことになります。

うっかり日焼けに要注意!紫外線は蓄積されてシミになる!

2016.07.13
紫外線はシミのもとになるだけではありません。
地上まで届く紫外線はA波とB波があり、波長の強いB波がメラニンを生成させます。

そして波長の弱いA波のほうはジワジワと真皮層まで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊します。
つまり肌のたるみやシワのもとになるのです。

肌を紫外線から守るということはシミだけでなく、肌老化を防ぐためにもとても大切!

できたシミを消す仕組み

ここまでの解説で、ちょっと不安な気持ちになった人は鋭い人です!
そうです、「メラニンを過剰につくり続けるメラノサイト」が生まれてしまったら、もうそのシミは消せないのでは?と心配になりますよね。

残念なことにそれが正解だということになります。
ただし完全に消すことはできなくても、見えないくらい薄くすることは可能です。

ここでポイントになるのは「メラニン生成を抑制できる成分」でケアすることです。
そしてメラニンをつくっているメラノサイトにお休みしてもらっている間に、ターンオーバーで排出していくことでシミが薄くなっていきます。

これができたシミを消す(見えないくらいに薄くする)仕組みになります。

美白成分の種類を知って、正しいシミの治し方を!

2016.07.30

ターンオーバーには保湿

肌が乾燥しているとターンオーバーが狂ってしまいます。
だからターンオーバーを正常にするには保湿ケアが大切です。

つまりできてしまったシミを消すためには美白ケアと保湿ケアの両立をしなくてはいけません。

ここがじつは難しいところ。
美白成分は刺激が強いものが多く、肌を乾燥させてしまうこともあるからです。

同じ成分でも肌の反応は人それぞれです。
保湿成分も含まれている美白化粧品だけでO.Kな人もいるでしょう。
それだけでは乾燥気味になるといった場合は、保湿に重点を置いた美容液をプラスする必要もあるでしょう。

自分の肌の調子をみながら決めていく必要があります。

肌の水分量を知るには肌チェッカーが簡単!
毎日の肌コンディションを知る目安になります。

シミは作らせないのが一番!

シミはできてしまうとなかなか消すことができません。
だから予防のほうがずっと楽なんです!

シミができないように普段から紫外線対策をしっかりとしていきましょう。

日焼け止めの選び方、間違えてない?正しい選び方をマスターして!

2016.05.14

スポンサーリンク