目を紫外線から守る方法3つ・これで美白ケアが完璧に!

美白化粧品を使い、外出時は日焼け止め、これで紫外線対策は完ぺき!と思ったら1つ足りません。
それは目への紫外線対策

目から紫外線が入るとメラニンが生成されてしまうからです。
しかもその作用は一部分だけでなく全身に及ぶと思ってください。

するとせっかくの美白ケアが台無しになりかねません。

ここでは美白ケアをもっと強固にするために、目への紫外線対策ポイントを解説していきます。

目と紫外線の関係

そもそもどうして目から紫外線が入るだけで、肌が黒くなってしまうのでしょうか。

それは活性酸素が原因。
目に紫外線が入ると角膜が反応し、活性酸素を大量に発生させます。
すると脳が「紫外線から細胞を守れ!」という信号を全身に送ります。
その信号を受けて、全身の色素細胞(メラノサイト)がメラニン色素を生成するのです。

もともとメラノサイトからメラニンが生成されるのは、体を守るためのメカニズムです。
だから紫外線という大敵に反応し、細胞を守るためにメラニンが排出されてしまうわけですね。

これが、目から紫外線が入ることで肌が黒くなる仕組みです。

美白ケアをしたいなら、目も紫外線から守らなくてはいけません!

疲労のもとにもなる

目から紫外線が入ると日焼けだけでなく、疲労の原因にもなります。

日光浴をしてただけで、なんだかとても疲れた経験はありませんか。

先ほども触れましたが、目から紫外線が入ると活性酸素が大量発生します。
活性酸素は体をかなり疲労させるものです。

疲れを引き起こさないためにも、しっかり目も紫外線対策!

目の紫外線対策

では目への紫外線対策として有効な方法をご紹介していきましょう。

1・UVカットサングラス

まず1つ目はUVカットサングラスです。

肌を日焼け止めで守るのと同じように、目を直接紫外線にあてないようカットできます。
できれば日常的に使用していきたいアイテムです。

色の濃さは関係ない

UVカットサングラスを選ぶうえで注意しておきたいポイントは、「色で選ばないこと」です。

なんとなくレンズの色が濃いほうが、強力に紫外線をカットしてくれそうに感じますが、そうではありません。

紫外線をどれほどカットできるかは、「紫外線透過率」の数値で判断してください。
たとえば「紫外線透過率2.0%以下」と記載されていれば、紫外線を98%以上カットできるレンズだということになります。

逆に「紫外線カット率」の数値で表示しているサングラスもあります。
この場合は数値が高いほど紫外線をカットできるレンズということになります。

レンズの色が薄くても紫外線カットの機能があれば大丈夫。
日常的に使用するのに色が濃いサングラスで困る場合は、そういったレンズの色が薄くて紫外線カット効果がある商品を選びましょう。

2・目薬

つぎに使いたいアイテムは目薬

UVカットサングラスを使用していても、完全に紫外線をカットできているわけではありません。
そこで目への紫外線によるダメージを蓄積させないため、角膜修復作用のある目薬を使用していきましょう。

・活性型ビタミンB2…角膜の新陳代謝を促進

・コンドロイチン…角膜にうるおいを与える

こういった働きがある成分配合の目薬を選び、目のダメージを感じたらさしていきます。

日本人はダメージがわかりにくい

ブルーやグリーンといった明るい瞳の色と違い、日本人の瞳は暗い色をしているため、眩しさを感じにくくなっています。
これはこれでありがたいのですが、眩しくないので紫外線によるダメージも気付きにくくなりがちです。

眩しくなくてもUVカットサングラスを使用し、目薬で角膜をケアしてあげなくてはいけません。

3・有効な成分・ルテインをとる

つぎに目の紫外線対策として有効な成分、ルテインをとり入れていきましょう。

ルテインには高い抗酸化力があり、目の健康にとても効果がある成分です。

紫外線対策だけでなく、目の老化防止やブルーライトの光からも目を守ってくれます。
スマホやPCを長時間使用する人はとくにとり入れていきたい成分。

ルテインは野菜や果物に含まれているカロテノイドという色素の一種で、緑黄色野菜に多く含まれています。

・ホウレン草

・パセリ

・ブロッコリー

・ケール

・カボチャ

こういった食品に含まれているので積極的にとり入れていきましょう。

ちなみにルテインは熱に強い特徴があるので、加熱調理をしても大丈夫です。

とりにくいならサプリで補う

ルテインの摂取量は、1日あたり6mg~10mgが理想的です。

たとえばホウレン草なら100mgあたり5mgのルテインが含まれています。
ケールなら100mgあたり10mgです。

現実的にとり入れやすい数字といえますが、それでもなかなか食事の中でとるのが難しい人もいるでしょう。
そういったときは、手軽にサプリで補うこともできます。

たとえばCMで有名なファンケルの「えんきん」だとルテインが10mg配合。
サプリならルテインをとり入れるのも楽々です。

えんきん/ファンケル
機能性関与成分 ・ルテイン

・アスタキサンチン

・シアニジン-3-グルコシド

・DHA

価格 (初回限定)1000円
ファンケルのえんきん
価格もお手頃に試せるのが魅力!

たくさんのサプリを販売しているファンケルの中でも、2017年度の売り上げNo.1!
累計販売個数はなんと1,000万個突破!
とても人気が高く、実績のあるサプリといえます。

目元の力回復をぜひ実感してみましょう。

これで紫外線対策は完璧!

今まで肌のことばかり気にしていた人も、目を守ることで紫外線対策が完璧になります!

まずはUVカットサングラスをかけることから始めて、紫外線の強い季節も美白ケアしていきましょう。

スポンサーリンク