サルコペニア肥満はメタボより怖い!効果的な対策方法は?

最近太ってきた?そんな風に感じ始めた40代以上の女性は要注意です!
メタボよりも怖いサルコペニア肥満の可能性があります。

まだ20代くらいの若い年代の人でも、運動量が少ないなら要注意。

ではサルコペニア肥満とはどういったものなのでしょうか。
どんな対策が効果的なのでしょうか。
一緒にみていきましょう。

サルコペニア肥満とは

サルコペニア肥満についてはテレビでも紹介されたことがあるので、聞いたことがある人もいるでしょう。
「サルコ=筋肉」「ペニア=減少」で、その名称の通り「筋肉が減少している」ことを指します。
この筋肉が減少している症状に肥満が加わると「サルコペニア肥満」ということになります。

筋肉の減少について

肌の保湿成分は20才くらいをピークに減少をはじめますが、筋肉もやはり20代に突入したころから減少しはじめます。
40代ともなると筋肉量が少なくなり、サルコペニア肥満になる女性が増えていきます。

しかしもちろん、いくつになってもしっかりと運動をしている人は筋肉量があります。
ここで怖いのは運動をしていない人です。
筋肉量が低下してくる年代に運動量がないと、加齢を待たずしてサルコペニア(筋肉減少)となる可能性もあります。

運動は全くせず、食事制限だけでダイエットをしていると筋肉量がどんどん低下していくので20代でも要注意です。
実際に若い年代でも筋肉量が減り、脂肪がつきやすくなることでサルコペニア肥満となる女性が増えてきました。

サルコペニア肥満の危険性

サルコペニア肥満は、メタボよりも見た目は太って見えません。
しかしメタボよりも怖い症状といえます。
高血圧になる可能性が2.3倍にもなるからです。(女性の場合)

高血圧のリスクはとても大きく、つねに血管に負担がかかっている状態。
血管の柔軟性がなくなり、内壁が傷つきやすくなります。

そこから動脈硬化が促進され、脳卒中心疾患といった命に関わる症状へと発展していきます。

だから高血圧を併発する可能性があるサルコペニア肥満は怖いんです!

メタボとサルコペニア肥満の違い

メタボときくと「太っている人」というイメージですが、ただ太っているだけではメタボリックシンドロームではありません。

内臓脂肪が溜まり、さらにいくつかの生活習慣病が加わるとメタボになります。
だからメタボも重大な病気につながる可能性をもっているので怖い症状です。

しかしサルコペニア肥満とメタボは改善策に大きな違いがあります。

メタボは要因になっている内臓脂肪を落とすことが対策になります。
サルコペニア肥満は脂肪を落とすだけでなく、筋肉量を増やす必要もあるので大変です。

サルコペニア肥満が怪しい人、まだ大丈夫だと思っている人も筋肉量を減らさないようにしていかなければいけません。

効率のいい対策方法

サルコペニア肥満の対策が「筋肉をつけること」とわかったところで、筋肉なんてそう簡単につけられないでしょ…と思ってしまう女性は多いことでしょう。

しかしそんなことはありません。
工夫次第で効率よく筋肉量を上げることができます。

サーキットトレーニングがおすすめ

筋肉を増やす方法はたくさんありますが、これまで運動と縁が遠かった女性にはサーキットトレーニングがおすすめです。
専用の器具を使う必要もなく、ジムに通う必要もなく、自宅で簡単にスタートできます。

サーキットトレーニングとは、筋力、持久力、呼吸機能を効率よく向上させる運動方法です。
サルコペニア肥満の対策や予防として効果的!

有酸素運動、無酸素運動を組み合わせる

筋肉量を増やすには有酸素運動が重要なのは知っての通りです。
ところがそこに、あえて無酸素運動も組み合わせると脂肪が燃焼されやすくなり、筋肉の量も増加されやすくなります。
それがサーキットトレーニングで、ジムでもとり入れているところが増えてきました。

効率が上がるので、エクササイズも短時間で効果を発揮してくれるからです。

その方法も簡単で、30秒有酸素運動をしたらインターバルを入れずに30秒の無酸素運動
これを繰り返して、30分ほど継続していきます。

運動の種類はなんでもいいので、自宅でやるなら自宅でも可能な種目を選択すればいいのです。
ただし同じ種目ばかりではなく、いろんな部位に負荷をかけられるようにしたほうがいいでしょう。
搾りたい部位を中心に、さまざまな部位に負荷をかければきれいなプロポーションをつくることができます。

下記を参考に、自分なりのメニューをつくってみてください。

■有酸素運動

有酸素運動というとランニングや水泳などを思い浮かべますが、室内でできる有酸素運動もいろいろあります。

・踏み台昇降(ステッパー)

・スクワット

・フラフープ

・ダンスエクササイズ

・ボクササイズ

・エア縄跳び

・もも上げ運動

■無酸素運動

無酸素運動はダンベル運動などのほかに筋力トレーニングがあるので、自宅でもできる種類がたくさんあります!

・腹筋運動(シットアップ、クランチ)

・腕立て伏せ(プッシュアップ)

・ダンベル運動

・背筋運動(バッグエクステンション)

・懸垂(チンニング)

・パームカール

・足上げ(リバースクランチ)

・サイドクランチ

・ラットプレス

・ランジ

などなど、本当にたくさんあるので自分好みのエクササイズをみつけてください!

筋肉量はかなり大切!

運動が苦手という女性は多いですが、筋肉量はプロポーション維持のためだけでなく健康を維持するためにもかなり大切です。
加齢が進んで下半身の筋肉がないと、歩行にまで影響が出てしまいます。

これを機会に少しずつでもいいので、サーキットトレーニングを日常にとり入れてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク