鼻の角栓を除去する正しいケア方法・間違ったケア方法

鼻の周りにポツポツと現れる角栓
気になっている女性はたくさんいるはずです。

しかし気にし過ぎて間違ったケア方法をしてはいませんか。
ここで角栓を除去するための正しいケア方法と、ありがちなNGケアをみていきましょう。

角栓とは

角栓は皮脂古くなった角質が混じり合ってできるものです。

皮脂は肌の水分を守るために必要なものですが、過剰になるとこうした角栓の原因になってしまいます。

角質は皮膚の新陳代謝の過程でできるもので、本来なら押し上げられて排出されるものです。
しかし角質が排出されにくい肌状態になっていると、角栓の原因となります。

こうして留まってしまった角質と皮脂が混じり合って角栓となるのですが、ターンオーバーが正常なら剥がれ落ちてくれます。

角栓が剥がれない原因

角栓がちゃんと剥がれ落ちてくれない原因はいくつか考えられます。

たとえばメイクが肌に残っていて毛穴が塞がれていたり、剥がれないくらい大きな角栓ができてしまったり…。

そして角栓が酸化して黒くなるとボツボツと目立つようになり、いわゆる「イチゴ鼻」になってしまいます。

角栓が詰まってしまったら、酸化する前に取り除きたいものです。

角栓ケアの正しい方法

角栓を正しくケアするためには「過剰なケアは厳禁」が基本になります。
角栓は気になる存在なだけに、どうしても過剰なケアに走りがちです。
しかし過剰なケアはかえって皮脂量を増やしてしまい、角栓をつくりやすくしてしまいます。

こうした皮脂量を増やしてしまうケアについては後ほど解説していきます。

洗顔を見直す

角栓ケアをするときには、まず洗顔を見直してください。
毛穴の詰まりを改善するために、洗顔はとても大切なポイントになります。

ただし毛穴をきれいにしたいからといって、過剰な洗顔は厳禁。
洗顔し過ぎると肌が乾燥し、皮脂量が増えてしまいます。

だから「適度で良質な洗顔」をするようにしましょう。
できれば洗顔料を使用しての洗顔は夜だけで、朝は洗顔料なしの洗顔で肌の保湿成分を守ります。
朝の洗顔をどうするべきかはこちらの記事を参考にしてください。

朝の洗顔料は使う派?使わない派?どっちが正しいの!?

2016.03.17
そして洗顔料は吸着力の強いものを使用します。
毛穴の汚れはこすって落とすものではなく、吸着して落とすものだからです。

洗顔料をしっかりと泡立てれば、泡に吸着力が生まれます。
泡立ちの良い洗顔料できめ細かい泡を立て、肌の上を転がすようにして洗顔してください。
とくにクレイ(泥)洗顔料は吸着力が強いので角栓ケアにおすすめです。

クレイ洗顔料で大人気のどろあわわがリニューアル!
吸着パワーでごっそり!
たっぷりの美容成分でしっかり保湿!

どろあわわ

クレンジング&保湿

バッチリメイクをしたら強いクレンジング料を使用してでもメイクを肌に残さないようにする必要があります。
メイクが肌に残っていると毛穴を塞いでしまうからです。

しかし洗浄力の強いクレンジング料は肌を乾燥させてしまいます。
そして肌が乾燥すると皮脂分泌が過剰になり、角栓ができやすくなってしまいます。

だからクレンジングでしっかりとメイクを落としたら、しっかりと保湿することも忘れずに。
こうして保湿も意識することで肌の皮脂量をコントロールし、角栓ができにくい肌にしていきます。

新陳代謝アップ

肌の新陳代謝を上げ、角栓を排出しやすくしていきましょう。

ターンオーバーを正しくするには、正しい生活習慣が大切です。

とくに睡眠は肌の代謝に大きく関わっています。
就寝前にスマホやタブレットを見ていると脳に刺激が残り、良質な睡眠がとれなくなります。
就寝前はスマホを見ないようにし、できるだけ睡眠時間を確保するようにしましょう。

適度な運動も代謝アップに有効です。
適度に体を動かすことでストレス解消できれば一石二鳥!

角栓除去の間違ったケア方法

ではつぎに角栓ケアでありがちなNGケアをみていきましょう。

過剰な洗顔

前述もしましたが、角栓ケアで1番ありがちなNGケアが過剰な洗顔です。

とにかく毛穴をきれいにしようと思う気持ちはわかりますが、肌を乾燥させてしまっては角栓を増やしかねません。
肌を乾燥させないことを意識し、適度な回数、正しい洗顔を心がけましょう。

今さら聞けない!正しい洗顔方法のチェックポイントは?

2016.03.16

毛穴パック

毛穴パックは目に見えて角栓が取れるので楽しくなります。
しかし毛穴パックは角栓だけでなく、肌表面の角質層まで剥がしてしまうことを忘れずに。

角質層がダメージを受けると肌が乾燥してしまいます。
肌内部の水分も蒸発しやすくなるので、かなりリスクが高いケア方法だと思ってください。

どうしても毛穴パックを使用したいときは2週間に1回を限度として、使用後は保湿をしっかりすることです。

毛穴パック注意報!やり過ぎで肌がますます汚くなる!?

2016.04.30

角栓をつまみ出す

角栓を爪でつまみ出したり、コメドプッシャーで押しだしたりするのもNGです。
色素沈着炎症の原因になるリスクがあります。

毛穴が炎症を起こしてしまうとクレーターになることもあり、するとセルフケアではまず治すことができません。

正しいケアで角栓除去

角栓ケアは間違ったケアをしてしまいがちです。
しかし正しいケアをしていけば、改善できるまでそれほど時間もかからない肌トラブルといえます。

正しいケアでスピーディに角栓除去していきましょう!

スポンサーリンク