顔汗がヤバい!ソッコーで汗を止めるツボを教えて!

顔からダラダラと流れる汗は隠しようがない!
しかもメイクを守りながら汗を拭くのは大変!

女性が顔汗をなんとかしたいシーンはたくさんあるはず。
そこで顔汗を止めるのに役立つツボを覚えておけば、とっても便利です。

顔汗の原因

汗なんて出るだけ邪魔!と思っている人がほとんどでしょうが、発汗は体温調整のための大事な機能。

汗によって気化熱を利用し、肌から熱を奪って体温を下げる仕組みになっています。
体にとって、なくてはならない機能なんですね。

しかし運動や気温で体温が上昇するだけでなく、ほかの要因で顔汗がでることもあります。

自律神経の乱れ

自律神経とは体をコントロールする神経系のことです。
交感神経副交感神経のバランスによって保たれています。

ストレスなどによってこの自律神経が乱れると、発汗のコントロールもうまくいかなくなり汗が大量放出されることもあります。

精神性発汗

不安や緊張状態によって出る汗は精神性発汗です。

体温とは関係なく交感神経が刺激されることによって発汗作用が生じてしまいます。

顔面多汗症

顔面多汗症は、発汗を促す交感神経の働きが活発になり過ぎていることで顔面に多量の汗をかいてしまう疾患です。

ストレスや緊張状態とも関係なく、必要以上に汗をかいてしまいます。
日常に支障が出るくらいに発汗してしまう人もいますが、医療機関での治療が可能です。

顔汗を止めるツボ

こうして顔汗は体温だけでなく、神経系も大きく影響しています。
そこで自律神経にも関係があるツボがとても役に立ってくれるわけです。

手のツボなら場所を選ばず簡単に自分で押すことができ、副作用もありません。
覚えておいて、ぜひ活用できるようにしておきましょう。

後谿(こうけい/ごけい)

後谿は後頭部から首筋にかけての筋肉の緊張をやわらげてくれるツボです。
肩のリモコンツボとも呼ばれていて、顔汗に効くツボとしても有名。

かんしゃく(ヒステリー)といった精神疾患にも利用されています。

後谿の位置

手のひらの感情線のシワの小指側の先端にあります。

手のひらと甲の境目にあり、右手にも左手にもあります。

後谿の押し方

親指で感情線の端をグッと押し込むようにして押してください。(指方向に押し上げるイメージ)

1回5~10秒を5セットくらい。
左右同様に行います。
ペンなどの棒状の器具をつかって押すのもおすすめです。

合谷(ごうこく)

合谷万能ツボとも呼ばれ、頭痛、肩こり、首こり、疲れ目などさまざまな効能があるツボです。

血圧を下げる効果もあり、水分量や熱を調節してくれます。

合谷の位置

手の甲の親指の付け根と、人差し指の付け根の骨の分かれ目にあります。
押すと気持ち良く感じるのでわかりやすいツボです。

右手、左手のどちらにもあります。

合谷の押し方

ツボに親指をあて、人差し指は手のひら側にあて、挟み込むようにしてギュッと押します。

ちょっと痛いくらいの強さで、3~5分ほど押し続けてください。
右手、左手と両方を同様に行います。

これは便利!顔汗を止めるアイテム

気温が高いときはツボを押しても汗が止まらないし、とにかく顔汗をなんとかしたい!といった女性も多いはずですね。
大事なシーンではメイクを崩すわけにもいきません。

そんなときに役立つのが顔汗用の制汗剤
しっかりと顔汗を止めておきたい人におすすめのアイテムです。

サラフェプラス

@コスメでも高評価、数々のメディアでもとり上げられて満足度は97%越えのサラフェプラス

毎朝塗るだけで日中はずっとサラサラ肌。
メイクも崩れないし、前髪だってセットした状態をキープできてしまいます。

汗を抑えるだけでなく、肌にうれしい成分もたっぷりなので美肌もサポート!

サラフェプラス 2,980円(初回限定)
顔汗訴求 
  • 安心の返金保証付き!
  • 定期便にしても変更、休止はいつでもO.K
  • 無添加処方ながら、効果が認められた医薬部外品

顔汗ストップ!

女性を困らせる顔汗ですが、うまく付き合っていく必要があります。
ツボでしのいだり、顔汗用アイテムを使用したりと工夫してメイクを守っていきましょう!

スポンサーリンク