産後のお腹は早めにケア!引き締めに効果的な方法&タイミング

出産後のママは大忙し!
そんな中でもやっぱりポコッと出たお腹は気になる!

少し落ち着いてからなんとかしようと考える人も多いでしょうが、産後のお腹対策は早めにしておいたほうが効果的です。
効果的なタイミングと方法で、スッキリお腹に戻していきましょう。

出産後のお腹

出産後、子宮はすぐ元通りの大きさに戻るわけではありません。
1ヵ月くらい時間をかけ、少しずつもとの大きさ(鶏の卵くらいの大きさ)になっていきます。
だから出産後にもお腹が大きいからと焦らなくても大丈夫。

とはいえ油断は大敵です。
伸びたお腹の皮がゆるんでしわしわになってしまったり、内臓の位置が下がったままになって下腹が出たりといったこともあるからです。

そんなことにならないよう、効果的なタイミングで適切なケアをしていきましょう!

ケアの効果が出やすい時期

どんなケアをするかにもよりますが、痩せやすい時期は出産後すぐから半年後くらいです。
この時期になるべく脂肪を燃やしておくと後がとっても楽になります。

とくに骨盤の矯正は出産後すぐにはじめておきたいケアです。
赤ちゃんが通った後にゆるんだ骨盤をそのままにしておくと内臓が下がり、ポッコリお腹の原因になってしまいます。

産後のお腹に効果的なケア方法

では産後も引き締まったお腹に戻すため、効果的なケア方法をみていきましょう。

1・骨盤ベルトで矯正

前述もした通り、産後は赤ちゃんが通った骨盤がゆるんでいます。
その骨盤をなるべく早く締めることは大事なポイントになります。
内臓が下がらないように、しっかりと骨盤ベルトで締めていきましょう!

ただし骨盤ベルトをきつく締めすぎると尿漏れや子宮脱につながることもあります。
使用方法を参考に、適切な力加減で産後すぐから半年後くらいまで矯正していくのが目安です。

産後専用ガードル

産後専用のガードルもおすすめです。
骨盤ベルトのように産後すぐに使用するのではなく、産後1ヵ月後くらいから使用可能。

骨盤を締める効果に加えて、お腹からヒップにかけてのラインを矯正してくれます。

産後用トピナガードル

整体でプロの技を!

赤ちゃんを預けることができるなら、1度くらい整体でプロの整体師に矯正してもらうのもおすすめです。
矯正してもらうときに骨盤ベルトの位置や締め方などを指導してもらうこともできるからです。

赤ちゃんを預けられない人も、一緒に通院できる整体院も増えているのでチェックしてみてください。

2・保湿とマッサージ

たるんでしまった皮膚には保湿マッサージケアが効果的です。
保湿とマッサージで血行を良くすることで新陳代謝が活発になり、新しい皮膚へと生まれ変わりやすくなるからです。

年齢的に代謝が衰えている人ほど大切なケアになります。
出産後はすぐにお腹の保湿を意識し、マッサージもとり入れていくようにしましょう。
皮膚をそれ以上伸ばさないように、すべりを良くするオイルやクリームを使用してマッサージしてくださいね。

妊娠線を予防するためには、妊娠中の保湿やマッサージも大切です!

妊娠線の予防に馬油をセレクト!産後も後悔しないケア

2018.02.10

妊婦さん必見!妊娠線の予防に効果的な方法&注意点

2018.02.17

3・エクササイズ

出産後すぐに激しい運動や筋トレはできません。
まずは腹式呼吸や胸式呼吸といった呼吸をつかったエクササイズから始めましょう。
それでも血流が良くなり代謝もアップするので、十分にエクササイズの効果を期待できます。

産後2ヵ月くらいになって体力が回復し、体調も問題なければ体を動かすストレッチやエクササイズもとり入れ脂肪を燃焼していきましょう。
脂肪が燃焼しやすい時期なのでしっかりとエクササイズすれば、きれいなボディメイクも可能です!

4・カロリーコントロール

出産後はとにかくお腹が空きます。
というのも、母乳をつくるためにカロリーが消費されているからです。

しかし個人差もありますが、母乳に使うカロリーは1日で600~800kcalほど。
これに加えて自分のカロリー消費分以上のカロリーを摂取していては、脂肪が増えていくことに…。

お腹が空くからといって好きなだけ食べたりせず、しっかりとカロリーコントロールしていきましょう。
ただし必要以上にカロリー制限してしまうと母乳にも影響が出てしまうので注意が必要です。

ビタミンやミネラルをとれるバランスの良い食事を心がけてください。

産後もきれいなママに!

子育てはとにかく大変ですが、それでもやっぱりおしゃれを楽しみたいですよね。
そんなときに着たい服を着れなくなるのは残念。
おしゃれを楽しむためにも産後はお腹を引き締めて、きれいなママを目指してください!

スポンサーリンク