日傘で紫外線対策!効果が高いおすすめの色はコレ!

肌にシミをつくるだけでなく、老化も進めてしまう紫外線。
そんな怖い紫外線対策に、日傘も使用する人が増えています。

しかし日傘ならどれも同じとは思っていませんか。
日傘は色でも紫外線防止効果の高さが違ってきます。

より高い効果を求めるならどんな色を選ぶべきなのかみていきましょう!

日傘の効果

年々紫外線が強くなってきているせいもあり、日傘はポピュラーなアイテムとなってきました。
最近では男性用の日傘もあるくらいです。

カラーバリエーションも豊富で、可愛い柄物も多くなっています。
まずは好みの色や柄で選んでしまいがちですが、せっかく「紫外線を防ぐ」ために使用するのですから、効果を重視したいものです。

晴雨兼用傘

晴にも雨にもつかえる兼用傘はとても便利です。

しかし兼用傘は日傘とはつくりが違い、撥水加工とフッ素系の薬剤によって兼用できるようになっています。

するとどうしても日傘ほどの紫外線防止効果は望めなくなってしまいます。
※遮光率の高い遮光生地を使用しているならO.Kです!

非常用として持ち歩くには兼用傘でもいいですが、外出時にしっかりと紫外線をカットしたいときには日傘をつかったほうがいいでしょう。

もしくは遮光マーク付きの兼用傘を選んでください。

日傘の選び方

日傘を選ぶときは、まず遮光マークがついているかどうかを確認します。

遮光マークは、遮光率99%以上の遮光生地を使用している場合につけられています。
遮光率99.99%以上のものは遮光1級となります。

JUPA(日本洋傘振興協議会)が定めている遮光傘の基準は

・遮光傘…遮光率99.00%以上

・遮光1級傘…遮光率99.99%以上

この2種類になります。

もちろん、できれば遮光1級が欲しいところです。

日傘の色は黒?白?

最近ではカラバリ豊富な日傘ですが、といったイメージが強いと思います。

それというのも

・黒…紫外線を吸収する効果

・白…紫外線を跳ね返す効果

という知識が一般的に知られているからでしょう。

どちらも似ているようにみえますが、異なる効果だということを忘れてはいけません。

白い日傘の落とし穴

白か黒かを選ぶなら、やはり白のほうが好まれるでしょう。
明るい色のほうが夏の日差しの中でも涼しげに見えます。

しかし白い日傘には注意が必要!
たしかに傘の外側の紫外線を跳ね返してくれるのは頼もしい限りなのですが、紫外線は傘の内側も攻撃してくるからです。

紫外線というとついつい「上から降り注ぐもの」というイメージになりがちですが、紫外線は照り返しによって下からも顔を襲ってきます。
気象庁のデータによるとアスファルトは10%、砂浜は25%もの紫外線が反射してくるそうです。

白といった反射する力がある色が傘の内側にあると、それらの照り返した紫外線を顔に集めるようなものとなってしまいます。

これが日傘のおすすめカラー!

では日傘が最大限に活躍できる色はというと…

・外側が白系色

・内側が黒系色

となります!

上から降り注ぐ紫外線は白系色で反射してもらい、照り返しでくる紫外線は黒系色に吸収してもらいます。

そういった2色の日傘がなかなか見つからないときには黒系色の日傘を選び、とにかく内側を反射カラーにしないようにしてください。


ロサブランの日傘は高価だけど超強力!
本気の人が選ぶ日傘ブランドです。

2018新作★ロサブラン 日傘 100%完全遮光 99%ではダメなんです!ドット(水玉) 50cm uvカット軽量 1級遮光

価格:15,660円
(2018/9/1 23:24時点)

日傘でしっかり紫外線カット

年々強力になってくる紫外線には、日傘もつかって対抗していきましょう!

「効果が高い日傘+日焼け止め」で、しっかりお肌を守ってください。

日焼け止めの選び方、間違えてない?正しい選び方をマスターして!

2016.05.14

スポンサーリンク