もっと早くすれば!と後悔しないエイジングケアとは何?

肌は加齢とともにさまざまな悩みが増えていきます。
そこでとり入れていきたいのはエイジングケア

ここでは早く始めておきたいエイジングケアの大切なポイントを解説していきます。

加齢による肌の変化

エイジング(加齢)によって肌にしわができたり、たるみができたり。
毛穴の開きも目立つようになってきます。

そういった肌をケアしていくことをエイジングケアといい、それまでのスキンケアに加えて保湿を強化したり、ケアに有効な美容成分などをとり入れていきます。

目元や口元といったとくに気になるパーツがあれば、ポイント使いでのケアもしていきましょう。

エイジングケアは何歳から?

ではエイジングケアは何歳からとり入れていくべきなのでしょうか。
肌に何らかのサインが現れてから?
そうですね、一般的には悩みが出てからケアをとり入れていく人が多いでしょう。

しかし肌のケアは「治す」よりも「予防」のほうがずっと楽なのです

たしかに肌を甘やかし過ぎて栄養過多にしてしまうと、本来もっている力が衰えてしまう心配もあります。
そこで20代からエイジングに有効な成分をやたらととり入れたりすることはおすすめできませんが、20代からでもとり入れていきたいケアもあるのです。

ここではそういった年齢に関係なくおさえておきたいエイジングケアのポイントについて解説していきましょう。

エイジングケアの基本

エイジングケアの基本は「肌の老化を予防して健康的な肌を保つ」ことになります。

厳密にいってしまうと肌老化を予防するのはアンチエイジングで、年齢肌をケアすることがエイジングケアなのですが、肌を老化させたくないという目的は同じ。
だから少しゆるやかに考えて、広い意味でのエイジングケアを指してみました。

紫外線対策

すると1番目におさえておきたいポイントは紫外線対策

なぜなら肌老化の原因の8割以上が紫外線といわれているからです

紫外線というと日焼けやシミのイメージになりがちですが、肌老化への影響のほうがもっと怖いと思ってください。
紫外線を浴びることにより活性酸素が増え、老化がスピードアップしてしまいます。

だから紫外線対策は早ければ早いほどいい!
10代の代謝が活発な頃ならあまり気にしないかもしれませんが、それでも10年後、20年後に影響が出てきます。

つまりエイジングケアを考えるならまず紫外線対策が基本というか、老化予防の近道になるんです。

保湿

つぎにエイジングケアの基本となるのは保湿

肌が本来もっている保湿成分は20才ころがピークで、あとは年々減少していきます。

すると肌の保湿機能も低下し、乾燥しやすくなります

この肌乾燥が厄介で、小じわができるだけでなくさまざまな肌悩みの原点となっていくのです。

バリア機能が低下

肌はいくつかの層で構成されていますが、1番外側の層が角質層
その角質層によって肌内部が守られていると思ってください。(これがバリア機能です

角質層内の水分量が足りなくなると外部刺激が入りやすくなったり、肌内部の水分も蒸発しやすくなってしまいます。(バリア機能の低下
つまり肌乾燥に拍車がかかってしまうのです。
 

バリア機能が低下した肌

外部刺激が入りやすくなり肌内部の水分も逃げやすくなる

肌が荒れやすくなったりしたらバリア機能の低下を疑ったほうがいいでしょう。
角質層の水分を保つためにセラミド(角質層内の保湿成分)をとり入れてください。
コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分では付け焼き刃になってしまう可能性があります。

保湿成分も働き方が違う!

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016.02.08
肌のバリア機能はとにかく大切なので、セラミドもしくはセラミドを生成させる成分は、加齢とともに必要となっていきます。
 

紫外線の肌への影響

バリア機能低下で肌内部も紫外線の影響を受けやすくなります。
真皮層のコラーゲンやエラスチンが破壊されると肌がたるむことに…。


肌がたるむと毛穴も目立つようになります。

ターンオーバーの乱れ

肌の乾燥はターンオーバーも乱してしまいます。

それでなくても肌の代謝は加齢とともに衰えてしまうのに、乾燥によってさらに低下することになるんです

ターンオーバーが乱れるということは、肌が正常に生まれ変わることができなくなるということ。

メラニン排出の仕組み

ターンオーバーが正常なら28日ほどで排出される

メラニンの排出もできなくなるのでシミができたり、肌色がくすんだり…
角質も溜まりやすくなって肌がゴワつき、キメも乱れていきます

だからターンオーバーを正常化させるためにも保湿が大切になってくるんです。

■角質ケアもプラス

ターンオーバーの停滞を解消するには角質ケアも効果的です。

ただし肌に負担をかけない角質ケアを!
美容成分配合の洗い流すタイプの角質ケアアイテムや、適度なピーリングがおすすめです。

ピーリングもエイジングケアに!

ピーリングを使って、シミ、ニキビ、たるみに攻めのスキンケア!

2016.08.01

基本は紫外線対策と保湿

本当に基本となる解説になりましたが、エイジングケアには紫外線対策保湿がポイントになります。

保湿は肌に合わせた保湿成分をとり入れ、乾燥を進めないようにしましょう。

あなたが欲しい保湿成分はどれ?

保湿成分を性質別に仕分けしてみた!スキンケア選びの参考に!

2016.12.17
エイジングケアは加齢とともに大変になってきますが、手をかけたぶんだけ肌をきれいに保つことができます。
10年後にも周りから肌がきれいだねといわれるように頑張りましょう!

スポンサーリンク