秋にはごわつき肌が続出!原因と対策方法は?

秋口になってなんだか肌がごわつく…そんな風に感じていませんか。
すると化粧ノリも悪くなって困りものですよね。

ここではごわつき肌の原因と対策方法をご紹介していきます
早くなめらか肌に治しておきましょう!

ごわつき肌の状態

肌を触るとごわついて感じるのは、肌表面が硬くなっているからです

本来ならターンオーバーによって排出されるはずの角質が溜まってしまうことで硬くなっている状態。(こういった状態を角質肥厚といいます)

皮膚に厚みが出てしまうので化粧品の浸透も悪くなってしまうし、化粧のノリも悪くなります。
肌のキメも悪くなるので顔色だってくすんでしまいます。
毛穴が目立ってしまう場合もあります。

とにかく早く改善したい状態ですね。

ごわつき肌の原因

ではなぜごわついた肌になってしまうのでしょうか。

前述したように「角質が溜まっている状態」で肌がごわごわしているので、ターンオーバーの乱れが原因です

肌が健康な状態なら約28日周期で新しい肌へと生まれ変わっていきます。
しかしターンオーバーが正常に行われてくれないと古い角質がどんどん溜まっていってしまうのです。

ターンオーバーは加齢によって遅くなっていくものですが、年齢肌ではなくても乱れる要因はたくさんあります

代表的な原因をとり上げてみましょう。

紫外線

秋口にごわつき肌が多くなるのは、まず紫外線の影響が考えられます
夏の紫外線量が多い時期にしっかりとUV対策をしていないと、ターンオーバーが大きく乱れることになってしまうからです。

肌が紫外線を浴びるとダメージを受けます。
すると肌を守るためにメラニンを排出するのですが、ダメージ修復のためにターンオーバーを早めようとするメカニズムも働きます
「ターンオーバーが早くなるならいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

ターンオーバーが早くなることでまだ未熟な肌細胞が角質層で働くため、結果的にごわごわ肌の原因になってしまうのです。

ターンオーバーは「正常である」ことが大切!

さらに紫外線によって肌が乾燥してしまうことも要因になります。
肌乾燥はターンオーバーを乱してしまうからです

こうした肌状態の中、秋に入って空気の乾燥も加わればごわつき肌が増えてしまうのも納得ですね。

生活習慣

生活習慣も肌に影響を与えます。
とくに睡眠はターンオーバーに大きく関わっているので注意してください
良質な睡眠をとれない日々が続いてしまうとターンオーバーが乱れ、肌にごわつきを感じるようになってしまいます。

こちらもチェック

肌をきれいにする睡眠のとり方とは?<体内美肌シリーズ3>

2016.10.20

ほかにも糖分や油分は肌の免疫力を低下させるので、とり過ぎてしまうとターンオーバーを乱してしまう可能性があります。

ごわつき肌の対策方法

では肌にごわつきを感じたら、どういった対策をとればいいのかみていきましょう。

保湿の強化

まずは保湿を強化して肌のターンオーバーを整えます

肌が乾燥していてはターンオーバーの乱れた状態が続き、ごわつきが治りません。

ブースターを導入

保湿を重視する場合、洗顔後すぐに化粧水ではなくブースターを使用するのがおすすめ
肌の層が厚くなっていたり、乾燥が進んでいるとなかなか化粧水も浸透してくれないからです。

ブースターは肌の呼び水のような役割をしてくれるので、洗顔後の乾いた肌でも美容成分の浸透がスムーズになります

化粧品のラインナップにブースター(導入液)として販売している商品もありますが、美容オイルで代用することもできます。

こちらもチェック

ブースターオイルは無印で大満足できる!おすすめの種類は?

2018.01.22

また、最近では導入美容液乳液先行タイプ(乳液を最初に使用して導入しやすくする)も販売されているので、そういった「浸透力を高める」商品をつかっていきましょう

こちらもチェック

ごわつき肌がモチッ!今売れている乳液先行型美容法とは?

2018.10.21
■スキンケア方法に注意

せっかく保湿に重点を置いても、間違ったスキンケアをしているとごわつきが治りません。

肌をゴシゴシとこするような洗顔など、肌に負担をかけるスキンケアはN.G

肌にやさしいスキンケアを心がけながら肌の水分量を上げていってください。

■紫外線対策も

もちろん紫外線対策も必要です

これ以上紫外線で肌にダメージを与えないよう、しっかりとUV対策をしてください。

角質ケア

古い角質が邪魔をして美容成分が浸透しにくくなっているわけですから、ピーリングも効果的です
古い角質が剥がれてくれれば浸透しやすくなり、保湿も強化されやすくなります。

正しいピーリング方法で

ただしピーリングは正しく行う必要があります。

早く角質を剥がしたいからと、ピーリングの回数を多くするのも絶対にN.G。
過度なピーリングはかえって肌を乾燥させてしまいます

肌に負担をかけ過ぎないピーリング(美容成分配合の洗い流すタイプがおすすめ)を週に1回程度で進めていくのが無難です。
また、金額的に余裕があるなら美容皮膚科などで医師に診てもらいながらのピーリングが1番安心だし、改善も早くなるでしょう。

こちらもチェック

ピーリングを使って、シミ、ニキビ、たるみに攻めのスキンケア!

2016.08.01

肌負担をかけずにしっかり保湿

ごわつき肌を治すポイントは「肌に負担をかけないように、しっかりと保湿をする」ことです。
肌の水分量が上がり、ターンオーバーも整えばごわつきが解消されていきます。

頑張ってお手入れしてみてください!

スポンサーリンク