ダイエットのために内臓脂肪と皮下脂肪の違いを知っトク!

ダイエットといえば脂肪を減らすこと。
では内臓脂肪と皮下脂肪の違いは知っていますか

2つの脂肪の違いと減っていく順番を知っておけば、ダイエットに役立ちます!

内臓脂肪と皮下脂肪

ではまず、内臓脂肪と皮下脂肪についてです。

内臓脂肪とは

内臓脂肪は、内臓や腸の周りについている脂肪のことで、皮下脂肪よりも深い部分についています

だから見た目ではわかりにくく、一見痩せているのに内臓脂肪がついてしまっていることも…。

内臓脂肪の特徴

内臓脂肪は高脂肪の食品をとることでつきやすくなります。

どちらかといえば女性よりも男性のほうがつきやすいとされていますが、女性だって油断大敵です。

お腹が丸くふくらんでいるような状態になってきたら、内臓脂肪が増えてきた証拠です!

皮下脂肪とは

皮下脂肪は、皮膚のすぐ下についている脂肪のことです

自分の手でつまめるお肉はまず皮下脂肪だと思っていいでしょう。
内臓脂肪とは違い、見た目でもわかりやすい脂肪です。

皮下脂肪の特徴

皮下脂肪は消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ることでついていきます。

とくに男性よりも女性のほうがつきやすいとされているので、気になっている人も多いでしょう。
しかし女性に皮下脂肪がつきやすいのは体のメカニズム。
女性が妊娠したときに胎児を守るためとされています。

ジワジワと溜まっていく脂肪なので落とすのにも時間がかかり、減らすには根気が必要です

皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方

皮下脂肪と内臓脂肪はつまめるかどうかでも判断できますが、温度で見分けることもできます。

つまんで見分ける方法

つまんでみるときには、まずお腹にグッと力を入れてへこませておいてください

へこませた状態で手のひらをあて、手のひら全体でつかんでみます。(指だけでつまむのではありません)

皮下脂肪なら簡単につかめるし、内臓脂肪ならつまむことができません。

さらにつまんだお肉にあまり痛みを感じないようなら、皮下脂肪の可能性が濃厚です!

温度で見分ける方法

お腹に手のひらをピタッとくっつけてみて、お腹と手のひらのどちらを温かく感じるか確かめてください

お腹のほうが冷たく感じたら内臓脂肪が溜まっている可能性があります。

ただしその内臓脂肪の上に皮下脂肪も多く溜まっていたら、あまり温度差は感じません。

脂肪が燃焼する順番

内臓脂肪と皮下脂肪の違いがだいたいわかったところで、脂肪が燃焼する順番も知っておきましょう

これがダイエットで役に立つ知識になります。

燃焼は内臓脂肪から

ダイエットをはじめてまず燃焼してくれる脂肪は内臓脂肪になります
つまり見た目ではわかりにくい脂肪のほうから減っていくということです。

なぜなら脂肪は体のメカニズムとして生命維持に必要なものとされるため、できるだけ必要ない部位から落とそうと体が判断しているからです。

だから皮下脂肪はなかなか落ちてくれないので、気持ちが萎えてしまう人も多いでしょう。
やはり見た目でわかりやすくないと、モチベーションが保てませんよね。
しかしそこでダイエットを終わらせてしまうと、いつまでも皮下脂肪を減らすことができません。

皮下脂肪がなかなか減らなくても「最後には減る!」という気持ちでダイエットをつづけていく必要があります

皮下脂肪の減る順番

ダイエットをはじめて内臓脂肪が減ったら、つぎは皮下脂肪が減ってくれる番です。

ただし皮下脂肪にも一般的な減る順番があります。
全体からちょっとずつというわけではないのです。

前述したように脂肪は生命維持に必要なものなので、生命のために役立つ部分ほど落ちにくくなっています

たとえば手足はほとんど脂肪を必要としません。
そのつぎに腕や太もも、ふくらはぎは大事。
さらに腰回りやお尻はかなり大事なので、脂肪が落ちるのも1番最後になります

つまり「脂肪がつきやすい場所=脂肪が落ちにくい場所」ということになります。
するとダイエットもなかなか大変なことになりますが、知っていれば頑張り甲斐もあるというもの。
モチベーションを落とさずにダイエットを継続していけば、最後には腰回りやお尻だって落ちてくれるんです!

気持ちを落とさず、脂肪を落とす!

ダイエットを継続していけるかどうかはモチベーション次第。
脂肪の仕組みを知っておけば、少しはモチベーションの維持に役立つはずです。

がんばって落としたい脂肪を落としていきましょう!

スポンサーリンク