あなたのヘアライフを応援!白髪予防と対策方法

チラホラと目立ちはじめる白髪
だんだんと髪のメンテナンスにも苦労するようになってきます。

できれば白髪を増やしたくないものですが、どういった予防方法が効果的なのでしょうか

白髪の原因

白髪の原因はおもに3つ。
加齢」と「遺伝的要素」と「ストレス」です。

これらの原因によって髪に色を与えているメラニン色素が生成されなくなってしまいます。
すると毛髪は色がなくなり、光に反射して白く見えてしまうのです。(白髪誕生!)

ほかにも紫外線のダメージヘアカラー剤の多用喫煙などが白髪を増やす原因になることもあります。

白髪がSOS!?

全体的に白髪が出ているわけでなく、部分的に白髪が集中して生えてくる場合は体がSOSを出しているかもしれません
なぜなら病気のサインとして白髪が生えてくることもあるからです。

・頭頂部…肝臓、腎臓、胃などの不調

・後頭部…ホルモンバランスの乱調

・こめかみ…眼精疲労

・耳周り…口内環境の不調

こういった不調のサインとして白髪が集中的に生えてくることもあるので注意が必要です。

白髪の予防方法

不調のサインとして白髪が出ている場合は、まずはその原因である不調をとり除くことです。
不調が改善されれば自然と白髪も改善されていきます。

しかし一般的な白髪の場合、改善は難しくなります。
そこで普段から予防ケアしていき、白髪を増やさないようにすることが大切です

頭皮の血行改善

まずは頭皮の血行を良くすることが白髪予防として効果的
血流がスムーズだと栄養や酸素も届きやすくなり、メラノサイト(髪を黒くしてくれる細胞)の欠失を防いでくれるからです。

日頃から頭皮のマッサージをとり入れ、メラノサイトの働きをサポートしてあげましょう

一時的にサポートするのではなく、日課とすることが大切です。

ブラッシングも丁寧に

ブラッシングをするとき、丁寧にとかすだけでも血行改善効果があります。

マッサージ効果の高い「マッサージブラシ」といった商品も販売されています。
なかなか頭皮のマッサージが続かない人はこういった商品を使用して、ブラッシングとマッサージを両立させてしまうのもおすすめ!

生活習慣を見直す

血行不良の原因として多いのは、睡眠不足などの生活習慣の乱れです

頭皮を健康的に保つためにも普段からしっかりと睡眠時間を確保し、生活習慣が乱れないようにしておきましょう。

ストレス発散も白髪予防になるので適度な運動をとり入れたり、気持ちがスッキリできるような趣味をもつことも大切です。

また、タバコは血行をかなり悪くしてしまうので、白髪を防ぎたいなら喫煙者は禁煙の努力も必要になってきます

栄養素をとり入れる

メラノサイトの働きを活性化させるため、効果的な栄養素を意識的にとり入れることも白髪予防になります

おすすめの栄養素はタンパク質チロシン、亜鉛といったミネラル類です。

タンパク質

タンパク質は髪の原料となるアミノ酸に変化してくれる栄養素です

肉、魚、乳製品に多く含まれています。
大豆に含まれているイソフラボンは毛母細胞を活性化するので、大豆製品はとくにおすすめです

チロシン

チロシンは体内で合成できる非必須アミノ酸の一種で、メラニンの原料となる栄養素です

チーズ、タラコ、鰹節、大豆といった食品に含まれています。

ミネラル類

銅はとり入れたチロシンをメラニンに変換する働きをもっています

そしてカルシウムはそのメラニンをつくりだすメラノサイトを活性化してくれる働きがあります

亜鉛は白髪との因果関係が学術的にまだあいまいですが、白髪改善に貢献できるとして注目されている成分です
「亜鉛が不足することで白髪ができやすくなる」「亜鉛は白髪の原因となる過酸化水素を除去できる」といった作用が白髪予防、改善に役立つと考えられています。

こうしたミネラル類はさまざまな食品に含まれているので、バランスの良い食事を心がけることで比較的容易に摂取することが可能です。
とくに小魚、海藻類、貝類には多くのミネラルが含まれています

昨今の白髪対策事情

これまでは白髪ができればカラーリングや白髪染めで白髪を「隠す」ことがあたり前でした。

しかし最近ではハイライト(ハイライトカラー)で白髪を「生かす」方法が話題になっています

普通に髪を染めて白髪を隠した場合、新しく生えてきた白髪がどうしても目立ってきてしまいます。
するとだいたい2ヵ月くらいでまたカラーリングが必要に。

しかし細かいハイライトでニュアンスをつくっておくと、新しく生えてきた白髪がハイライトと混じり合ってあまり目立たないのです
まさに白髪を生かす手法ですね。

人にもよりますがだいたい半年くらいメンテナンスがいらないので、忙しい女性におすすめです!(ただしちょっと見た目が派手になります)


↑管理人も40を過ぎたころから白髪がチラホラ…。
なのでハイライトをいれて白髪対策。
なるべく派手にならないようにお願いしています。


↑髪の中までしっかりとハイライトを入れてもらえばアップにしても平気です。

白髪予防で若々しく

白髪が増えるとどうしても老けた印象に…。
普段から白髪を予防して、白髪染めいらずを目指しましょう!

スポンサーリンク