手荒れがひどくなると皮膚病に!?あなたは予防対策してる?

水仕事が多かったり、美容師といった職業で手を酷使している人は手が荒れがちです。

ただ手がカサついてるだけ、と思っているかもしれませんが手荒れが進むと皮膚病に分類されてしまいます

そうならないためにもしっかりと予防対策していきましょう!

進行性指掌角皮症

手荒れがひどくなると進行性指掌角皮症(しんこうせいししょうかくひしょう)という疾病に分類されます。
つまり皮膚病の1つです

手荒れが軽い段階ならクリームなどをつかったスキンケアで対処可能ですが、ひどくなってしまうと病気として医療機関の受診が必要になってしまうのです。

できれば普段からしっかりとケアしておくことが理想ですが、できなくても手がカサつくと思ったらすぐに対処していきましょう

進行性指掌角皮症の特徴

進行性指掌角皮症は「進行性」という名称の通り、そのままにしておくと症状が進んでいく皮膚病です。

症状が進むと手の皮膚が角化し、ひび割れたようになってしまいます

やはり肌が乾燥しやすい季節のほうが症状も現れやすく、湿度が上がる季節になると症状が緩和される人がほとんどです。

水や洗剤をよくつかう主婦の人、薬剤をつかう職種の人(美容師さんなど)、紙を扱う業種の人などに多くみられます。
また、もともと肌のバリア機能が弱いアトピー性皮膚炎の人も発症する確率が高いです。

進行性指掌角皮症・特徴のまとめ

・指先の皮膚が角化

・皮膚がひび割れる

・赤みやかゆみが出る

・湿疹や水ぶくれといった症状が出る

進行性指掌角皮症の原因

進行性指掌角皮症の原因はおもに外部刺激によるものです
水や刺激物によって肌に刺激が与えられ、バリア機能が低下することで引き起こされます。
血行不良も一因になります。

つまり肌のバリア機能を低下させないことで防ぐことが可能です
とくに秋や冬といった季節は症状が進みやすくなるので、しっかりと対策しておきましょう!

進行性指掌角皮症の予防対策

手指のバリア機能を低下させないために、まずは乾燥対策が大切です

水や薬剤を扱う人は、それが手に直接刺激を与えないように手袋をするなどの対策が必要です。
紙を扱う場合も水分が吸収されてしまわないように対策をとってください。

手洗いも必要ですが、洗えば洗うほど肌の皮脂や保湿成分も流されてしまいます。
指先の乾燥が気になっているときには、手洗いの回数も必要最小限におさえてください。

施設に置いてあるアルコール除菌スプレーなども乾燥を進めてしまうので、使い過ぎには注意が必要です。

ハンドクリームは必須!

手指の乾燥対策として、ハンドクリームは必須アイテムといえます
とくに水仕事などで水分をとられたと感じたときには、必ずハンドクリームを使用しておいてください。

さらにハンドクリームを塗り込みながらマッサージをしておくと、血行促進効果も得られるのでついでにやっておきましょう!

マッサージについて詳しくはコチラ!

上手なハンドケアをものにして、手元から美人度アップ!

2016年10月24日

ハンドクリームはたくさんの種類がありますが、セラミドヒアルロン酸といった水分を保持できる成分配合のものがおすすめ
ビタミンC誘導体ビタミンEも配合されているとエイジングケアにもなります。
また、水分蒸発を防ぐ油性成分(シアバターなど)もいいでしょう。

シアバターについてチェック

シアバターの保湿効果で、秋冬の乾燥も乗り切る!

2016年10月3日

自分の肌に合った、「保湿されているな」と感じることができる商品選びが大切です

予防対策のまとめ

・肌に刺激を与えない

・手洗いは必要最小限に

・アルコール除菌の回数も抑える

・ハンドクリームを使用する

・マッサージで血行促進

・手にも紫外線対策を

ハンドケアできれいな手元に

ケアをしても改善できないくらいに手荒れが進んでしまったときには、早めに医療機関を受診して適切な対処をしてもらいましょう。

手荒れがひどくなるということは、それだけ肌乾燥が進んでいることになります。
手ばかりがシワシワになって年をとってしまわないように、ハンドケアも大切に!

スポンサーリンク