メイクしたまま寝てしまった!肌ダメージと正しい対応策は?

ついついメイクをしたまま寝落ちしてしまった!そんな経験は誰にでもありますね。

メイクしたまま寝てしまうと、起きたときに肌状態が悪く感じるはずです。
今回はそんなときの肌ダメージと正しい対処方法についてです

メイクを落とさない肌ダメージ

メイクをしたまま寝たときの肌コンディションは、明らかに悪くなっています。

それもそのはずで、肌にはメイクだけでなくホコリや排気ガスといった外部の刺激物も付着したままになっているのです

さらに気にしておきたいのは角質古くなった皮脂です。
これらが睡眠中という1番代謝が活発になっているときに、ベッタリと肌に張りついているのです…。

ではそこでどんなリスクが発生してしまうのかみていきましょう。

老化が加速!

ほとんどのメイク用品は油性でできていますが、それが肌の油分や汚れと混じり合いながら長時間経過することで酸化していきます

酸化したメイク(過酸化脂質)は肌の酸化も促してしまい、肌老化を加速させるのです

メイクしたまま寝てしまうと、そんな過酸化脂質が1晩中肌へ悪影響をもたらすことになります。

肌乾燥が加速!

落とさなかったメイクやホコリが肌の水分を奪っていくことになります。
するともちろん、肌が乾燥しやすくなることに…

メイクをしたまま寝てしまうと起きたときに肌がカサカサ…と感じるのはあたり前なのです。

毛穴トラブルが加速!

メイクをしたままにしておくとメイク用品によって毛穴が詰まりやすくなります。

もちろん洗顔もしていないので、メイクだけでなく古くなった角質や皮脂も詰まりやすくなります。

こうして毛穴が塞がれてしまうと、毛穴の黒ずみやニキビといった肌トラブルの原因に

翌朝の正しい肌対策

ではそれだけたっぷりとリスクを負ってしまった肌に、どんな対策をするべきかをみていきましょう。

1・丁寧なクレンジング

まずは酸化してしまったメイクを丁寧に、やさしく落としましょう

皮脂が出ているので乾燥していないように感じたとしても、肌自体は乾燥していると思ってください。
だからゴシゴシとこするのは厳禁!
長い時間をかけてクレンジングするのも厳禁!(クレンジングには界面活性剤が配合されているので肌へのリスクもあります)

正しいクレンジングをチェック!

クレンジング基礎知識/正しいメイク落としをしてますか?

2016.03.20

いつもよりやや多めのクレンジング剤を手にとって、手早くやさしくメイクオフするのがポイントです

クレンジングの後に洗顔も必要(ダブル洗顔)な場合は、クレンジングと同様にやさしく丁寧に洗顔するようにしましょう。

蒸しタオルもおすすめ

毛穴に詰まった汚れをしっかりと落とすために、クレンジングの前に蒸しタオルで肌を温めておく方法もおすすめです。

蒸しタオルはレンジで簡単につくれます

蒸しタオルには美容効果がいっぱい!

簡単0円!蒸しタオルの美容効果で、自宅がエステに!

2016.04.11

2・保水をしっかりする

乾燥状態になっている肌に、しっかりと水分補給をしてあげましょう

セラミドやヒアルロン酸といった保水効果がある美容成分配合の化粧水で肌をうるおしてください。
さらにいつもより丁寧にハンドプレスも!

フェイスパックもおすすめ

肌の乾燥が気になるときには、ここでフェイスパックもとり入れたいところです。

保湿力のあるフェイスパック(シートマスク)でしっかりと肌の水分量を上げてください。

3・保湿で仕上げ

化粧水の水分補給だけでは保湿といえません。

しっかりとクリームや美容液で肌が水分を保持できるようにすることが「正しい保湿」です

水分保持力が高い美容成分配合のクリームや美容液をつかいましょう。
おすすめの美容成分はセラミドです!

自分に合った保湿成分をチョイス!

保湿成分を性質別に仕分けしてみた!スキンケア選びの参考に!

2016.12.17

4・メイクは薄めに

メイクも必要なときには、いつもより薄めのメイクにしておきましょう

ベースメイクはなるべく肌負担が少なくなるように、ミネラルファンデーションがおすすめです。
ミネラルファンデーションは1つもっておくと重宝します

おすすめのミネラルファンデーションはコチラ!

肌荒れしない!つけたまま眠れる夜用ファンデーション・6選

2018.05.23

正しいケアで肌負担をリセット

メイクをしたまま寝ることはできるだけ避けたいものです。

しかしやらかしてしまったからと落ち込まずに、正しいケアで肌負担を少しでもリセットしてあげてください。

スポンサーリンク