エクオールには若返り効果が!?アンチエイジングに朗報!

腸内フローラ」という言葉を聞いたことがありますか。
乳酸菌」はもちろん聞いたことがありますよね。

最近では花粉症などのアレルギーにも対抗力がつくとして、乳酸菌を日常的にとりいれる人が増えてきました。

若返り成分になるのではないかといわれているエクオールは、この腸内フローラと大きく関わっています
さて、そのエクオールとはどういった成分なのか、どんな効果があるのか詳しくみていきましょう。

腸内フローラとは

乳酸菌は知っていても腸内フローラについてはよく知らない、という人のためにまずは腸内フローラについて説明しておきましょう。

エクオールの効果を解説するにはまず腸内フローラについて知っておく必要があるからです。
腸内フローラを知っている人はこの項目は飛ばしてください。

腸内は大きく分けて3つの派閥が!

人間の腸内には、なんと重さにすると1kgもの腸内細菌が住んでいるといわれています!

その腸内細菌は「善玉菌」と「悪玉菌」と「日和見菌」の3種類に大別されます。

善玉菌は人間の体にとってとても大切な菌。
乳酸菌はこの善玉菌の中に入ります。

悪玉菌は体に悪影響をもたらす菌。

ここに体調によっては悪玉菌の仲間になってしまう世渡り上手(?)の日和見菌が入り、これらの菌で腸内が構成されているんです。

腸内細菌のバランスが大事

腸内ではこの悪玉菌と善玉菌がいつも戦っているわけですが、善玉菌が優勢でいてくれたほうが美容にも良い影響が出ます。
理想的なバランスは善玉菌:悪玉菌:日和見菌(2:1:7)くらいといわれています。

しかし善玉菌が不足したり、体調を崩して日和見菌が悪玉菌の味方になってしまうと一気に悪玉菌が優勢になってしまいます

腸内フローラは腸内細菌の壁

そんな腸内細菌ですが、個々がバラバラになっているわけではなく同じ種類同士で仲良く腸内に壁を作っています。

その壁面を作っている腸内細菌の集合体を「腸内フローラ」と呼びます

腸内フローラは子供の頃の食生活や生活習慣で決まってくるので、人によってずいぶんと構成が違っているものです
しかしこの腸内フローラが健康維持や寿命、さらには若さの維持にまで影響するとして最近ではとくに研究が進められています。

腸内フローラから生成されるエクオール

ではエクオールについて説明を…と進めたい所なのですが、もう一つ「大豆イソフラボン」についても説明させてください。

大豆イソフラボンの効果

大豆イソフラボンといえば「女性ホルモンと同様の働きをする」として注目された成分です。

大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じ働きをしてくれれば美肌効果更年期障害骨粗しょう症といったホルモンの影響が大きいところに作用してくれます

しかし大豆イソフラボンを摂取し続けても、効果が出る人と出ない人とに分かれてしまう…。
その効果の違いにエクオールが関わっていることが解明されたのです

エクオールと大豆イソフラボンの関係

エクオールは腸内フローラの中にある善玉菌が、大豆(ダイゼイン)をエサにして生成する成分。

そして大豆イソフラボンによってエクオールが生成されると、女性ホルモンのような活躍が期待できるという図式だったのです
つまり大豆イソフラボンを摂取してもエクオールが生成されなければ活躍できないということになります。

単純に大豆イソフラボンが女性ホルモンのような働きをするのではなく「快適な腸内フローラ」+「大豆イソフラボン」=「女性ホルモンのような働き」ということです。
大豆イソフラボンを摂取し続けても腸内フローラ次第でエクオールの生成力が変わってしまうということになり、生成力が低ければイソフラボンの働きも低くなります
だから人によって効果の有無が違っていたわけですね。

日本人では2人に1人だけ

そんなエクオールですが、日本人では50%くらいしか生成できる人がいないそうです
欧米人では20%~30%しか生成できないそうなので、まだマシともいえますがそれでも2人に1人だけです。

生成できない人はサプリで補うか、腸内フローラを改善していくしかありません。

キレイ・デ・エクオール サプリメント

エクオールの効果

エクオールの働きは、そのまま大豆イソフラボンで注目された効果になります。
ホルモンバランスの崩れ(エストロゲンの減少)によって起きる「女性特有のゆらぎ」にとても効果的です

しかしこういったエクオール生成の仕組みから、エクオールをより確実に摂取するにはやはりサプリが一番てっとり早いかもしれません。

美肌効果が期待できる

エクオールによって女性ホルモンが整えば、更年期障害や生理不順などの不調が緩和されます。
そしてもちろん、女性ホルモンの減少による肌老化のストップに期待ができます!

エクオール(女性ホルモン)にはコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった美肌成分を生成する「線維芽細胞」を活性化させる働きもあるからです
※逆に女性ホルモンが減少すると生成力が低くなります。

スキンケアでコラーゲンをとり入れている人も多いと思いますが、コラーゲンはとても大きい分子です。
しかもコラーゲンは肌の一番奥にある真皮で働く成分なので、そこまで届かせるのが難しいといえます。
分子の小さいコラーゲンを使って届かせたとしても、そもそも自ら生成されたコラーゲンでなければ定着はできません。

そんなコラーゲンは、外部からとり入れるよりも生成してしまったほうがより確実といえます。
エクオールによってコラーゲンやエラスチンがしっかりと生成力されていけば、たるみやしわといった肌悩み解決にもなるのです。

実際にエクオールの働きによって肌にハリが生まれ、シワが薄くなったという研究結果も出ています。
だからエクオールにアンチエイジングの効果が期待できるというわけなのです。

肌への意識を腸内から

先日、医療機関を訪れたとき受付にエクオールの小冊誌が置かれていました。
医療機関でも取り扱っているということは、ホルモンバランスを良好にするうえでエクオールの影響力が高いと注目されているということです。

自分の腸内フローラとエクオールの生成力を今後は意識していきたいですね。

エクオールサプリといえばエクエルが人気!
↓   ↓

スポンサーリンク