セラミド選び、間違ってない?セラミドの種類をまるごと解説

最近では保湿のスキンケアにセラミド配合のものを選ぶ人が増えてきました。
セラミドの保湿効果が認知されてきたということですね。

しかし一言でセラミドどいっても、いろいろと種類があることを知っていますか
せっかくセラミドケアをするならちゃんと効果が出るものを使わなくては…。

今回は間違ったセラミド選びをしないように、セラミドの種類について詳しくとり上げていきましょう。

大別するとセラミドは4種類

セラミドは4種類に大別されます。
それぞれの主原料が違い、特徴も違い、効果のほども違ってきます
まずはここをしっかり把握しておきましょう。

1・天然セラミド

天然セラミドとは動物から抽出したセラミドのことです。(動物性セラミドとも呼ばれています)
人間と同じ哺乳類のセラミドなので人の肌にも相性が良く、浸透しやすいセラミドです

セラミドの中でも人気が高く、保湿力も高いですが値段も高いです

2・植物性セラミド

植物性セラミドは、お米や小麦などの植物から抽出したセラミドです。
「植物」と聞くとなんとなく肌にも優しいイメージで好印象ですが、効果のほどは動物性に勝てません

価格が安いので購入しやすいのがメリットといえます。

3・擬似セラミド

擬似セラミドは「セラミド」という名前がついてはいますが、「セラミドのようなもの」と考えてください。
セラミドに似せてつくられた成分です

セラミド商品が世に出回った当初はこの擬似セラミドがほとんどでしたが、今ではあまり見かけなくなってしまいました。
ほかのセラミドと比べて保湿力が劣るからかもしれませんね。

しかしメリットもあります。
セラミドという成分は水に溶けにくく、2%までしか配合できないとされています。
一方で擬似セラミドは、正確にはセラミドではないので2%以上でも配合が可能です
アトピー性皮膚炎には8%以上の配合率が求められているので、こうした擬似セラミドが活躍できる場もあります。

4・ヒト型セラミド

ヒト型セラミドは一番注目したいセラミドです。
その名前の通り、人がもつセラミドと同じ構造をしたセラミドになります

セラミドが欠落してしまった部分にピッタリとはまってくれるので、浸透性や保湿力はセラミドの中でもピカイチです。
酵母の発酵をもとにつくられるので、安全性が高いのもメリットといえます
敏感肌で効果の高いセラミドを求めるなら、動物性よりもヒト型セラミドを選ぶことをおすすめします。

ヒト型セラミドの種類

ではせっかくですのでヒト型セラミドについてもう少し詳しく解説します。

人のもつセラミドは発見されているだけで11種類あります。(もしかしたら、これからもっと発見されるかも)
セラミド1セラミド10です。(セラミド6は2種類あるので11種類になります)

人と同じヒト型セラミドも同じようにこうした種類があり、それぞれ効果が違ってきます。

ヒト型セラミドの種類別効果

ヒト型セラミド配合の化粧品は配合成分の説明に「セラミド2」とか、「セラミド6Ⅱ」などの表示があります。
これがヒト型セラミドの種別になります。

特徴を簡単にあげておきますので、商品を選ぶうえで効果の参考にしてください。

セラミド1

水分保持機能、外部刺激からの高いバリア機能

セラミド2

高い水分保持機能

セラミド3

水分保持機能、シワを薄くする効果

セラミド4

角質内の脂質バリア層を構成、保持する機能

セラミド5

角質内の脂質バリア層を構成、保持する機能

セラミド6

水分保持機能、シワを薄くする効果、ターンオーバーの促進

セラミド6Ⅱ

水分保持機能、シワを薄くする効果、ターンオーバーの促進

セラミド7

皮膚の細菌をコントロールする機能

※セラミド8~セラミド10の効果についてはまだ解明されていません。

セラミドは奥が深い!

セラミドの種類、たくさんありますね。
お財布の都合や自分の欲しい効果と照らし合わせながら、自分に合ったセラミドを選んでください。

予算関係なしでとにかく保湿効果を!というなら、ヒト型セラミドのセラミド2セラミド6がおすすめです

スポンサーリンク