セブンイレブンでも大人気!ボタニカル化粧品がアツい理由は?

少し前から、よく耳にするようになった「ボタニカル」という言葉。

本来ならボタニカルとは「植物」という意味ですが、ブームになったボタニカルは「植物を積極的にとり入れる」という広い意味で使われています。
ボタニカル柄などが入ったファッションを着る女の子は、「ボタニカル女子」と呼ばれるトレンドに。

そんなボタニカルですが、スキンケア業界にも進出して注目を浴びています。
では、ボタニカル化粧品とはどんなものなのでしょうか。
その魅力に迫ってみましょう。

ボタニカル化粧品とは?

毎日スキンケア

おもにハーブなどから抽出したエキスオイルを主原料とした、植物由来の成分が中心の化粧品です。

従来の化粧品は石油由来のものが多いのですが、ボタニカル化粧品は天然成分が中心となるので、肌にとても優しく、負担をかけません。

また、生物である人間はもともと植物との相性も良いとされています。
自然と相互関係の中で生きてきた人間の体には、植物からの恵みを吸収しやすいとの考えかたがあるからです。

ちょっと難しい話になってしまいましたが、とにかく天然成分でできていボタニカル化粧品は、肌に優しいばかりでなく、人の肌と馴染みやすいという点で魅力的だということです。

睡眠、ダイエット

従来の化粧品は、どんなもの?

毎日スキンケア

意識的に石油由来の化粧品を避けている人もいますが、そうでなければ手に取る化粧品はまず石油由来と考えていいでしょう。

長期保存も可能で大量生産もできる石油由来の商品は、企業にとってはメリットだらけです。
だから世の中に出回っている化粧品は、ほとんどが石油由来なんです。

石油由来の化粧品、肌への負担は?

一昔前よりは、ずいぶんと肌に優しくなったとは思います。
しかし、まだまだ肌への負担は避けられません。

たとえばクレンジングを例に挙げてみましょう。
石油由来のクレンジングはあっという間にメイクを落としてくれるので、肌への負担は少ない…と思ったら、大間違いです。
スルスルとメイクを落とせる洗浄力は、肌の保湿成分まで奪ってしまうリスクがあります。

落ちにくさも注意!

さらに石油由来の成分は落ちにくいので、よく洗い流したつもりでも肌に残ってしまっている場合もあります。
それもまた、肌への負担になりかねません。

とくに気にしておきたい、石油由来の成分は?

石油由来の成分の中でもパラペンやフェノキシエタノールなどが、肌への負担が大きいと考えてください。

また、個人的にはメイク用品などに含まれている、石油系合成色素が気がかりです。
合成のタール色素のことなんですが、発色はきれいでも、発がん性物質なのではと指摘されています。
口紅などで使うときには、体内に入らないよう注意しておいてください。

化粧水

ボタニカル化粧品の注目成分

毎日スキンケア

美容関係にうるさくなくても、石油由来はなんとなく嫌だな…と思う人も、最近では増えてきました。
そんな時代にマッチして、天然由来のボタニカル化粧品が注目されたのかもしれませんね。
では、そんなボタニカル化粧品に使われる成分の中で、とくにおすすめの成分をピックアップしてみましょう。

ローズヒップ

ビタミンCの爆弾」との異名ももつ、ローズヒップ。
さまざまなビタミンが含まれていて、ビタミンCならレモンの10~20倍も含まれているといわれています。

ビタミンCには美白効果だけでなく、コラーゲンの生成促進、皮脂コントロール力、抗酸化作用など、美容効果が盛りだくさんです。
そのビタミンCがローズヒップには大量に含まれているだけでなく、非常に吸収しやすい状態で含まれています。

アルガンオイル

美容大好きっ子の中でも、大人気のアルガンオイル。
ビタミンEの含有量が魅力的なオイルです。

ビタミンEは、抗酸化作用がとても強いとされている成分です。
肌のハリの衰え、小ジワ、乾燥などの肌老化は、肌の酸化が原因の一つです。
そんな肌老化への対抗手段として、酸化を防ぐアルガンオイルはアンチエイジングの鍵になる成分です。

洗顔、美容

おすすめのボタニカル化粧品

毎日スキンケア

さまざまなボタニカル化粧品が発売されていますが、注目したいのは「ボタニカルフォース」です。

ボタニカルフォース

ファンケルとセブン&アイグループが、共同開発でつくり上げたスキンケアシリーズです。
注目のローズヒップとアルガンオイルが、しっかりと配合されているのが嬉しい!

セブンイレブンに行くと並んでいるのですが、とくにクレンジングオイルが大人気なんです。
肌に優しいながらも、ウォータープルーフのマスカラまでしっかり落とすと口コミでも高評価です。
ちょっと前までは、クレンジングオイルだけが棚から消えている状態でした。

トラベルセット(7日間用)があるので、そちらでラインを試してみるといいかもしれません。

s-fruit1

ボタニカルでハッピーライフ

肌をいたわるためのスキンケアですが、成分によっては逆に痛めつけてしまう場合もあります。
そんな悲しいことにならないように、スキンケアの成分には気を付けたいですね。

ボタニカル化粧品なら、負担を気にせず使えそうです。
そろそろスキンケアを見直したい、と考えているならボタニカル化粧品も選択肢に入れてみましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク