アマニ油は飲む美容液!?オメガ3で、肌にハリとツヤを!

美容効果に注目が集まっているアマニ油(亜麻仁油)ですが、アレルギー改善やダイエットにも効果がある夢のような油です。

とくにアマニ油がもっているアンチエイジング効果が気になるのですが、いったいどのくらいの効果が期待できるのでしょうか。

今回はアマニ油がもつ魅力を詳しく分析してみましょう。

アマニ油とは

アマニ油は、成熟しているアマの実から抽出した油です。
もともとは塗料の原料として使われていました。

α-リノレン酸食物繊維を多く含むことがわかり、近年では食用として注目を浴びています。

アマニ油の主成分

アマニ油の主成分には「リグナン」「α-リノレン酸」「食物繊維」が含まれています。
どうやらこの3つの成分に美容の秘密が隠されていたようです。

亜麻仁

アマニ油の3つの美容効果を分析

ではこの3つの主成分が美容やエイジングケアにどんな影響力をもっているのか、詳しく分析してみましょう。

α-リノレン酸

α-リノレン酸は、別名「オメガ3」といいます。
体内では合成することができない必須脂肪酸の一つです。

食物からも摂取できるのですが含有量が少ないため、現代人はこのオメガ3が足りていないといわれています。
しかしこのオメガ3は美容に欠かせないものなのです。

なぜならオメガ3はセラミドの原料になるからです
セラミドといえは肌の代表的な保湿成分です。
セラミドが足りていない肌は乾燥し、シワやたるみをつくってしまいます。

さらにオメガ3は細胞膜の原料にもなるので、肌のターンオーバーを促進してくれます。

なるほど、オメガ3には肌の保湿効果ターンオーバー促進という美容効果があるようです。

リグナン

リグナンには高い抗酸化作用があります。

体の「酸化」は「老化」を意味しています。
つまり抗酸化作用とは、老化に抵抗する力です

リグナンが活性酸素から肌の酸化を防いでくれれば、若々しい肌を保つことができます。
どうやらリグナンにアンチエイジング効果があるようですね。

食物繊維

アマニ油がもつ食物繊維は水溶性不溶性のバランスがよくとれています。

美容大好きっ子なら知っているかと思いますが食物繊維には「水溶性」と「不溶性」があり、どちらか片方にかたよっていてはあまり効果が期待できません。
だから不溶性の食物と水溶性の食物とを、バランス良くとらなければならないのです。
しかしアマニ油にはその二つの性質の食物繊維がすでにバランス良く含まれているので、単品でも十分な効果が期待できます

食物繊維で腸内環境が整えば、ダイエット効果だけでなく美容効果もありそうですね。

アマニ油の効果的な摂取方法

そんな美容効果たっぷりのアマニ油をどんどんとり入れたいところですが、じつは摂取方法に注意点があるんです
せっかくのアマニ油の効果を最大限に引き出すためにも、ここはしっかり押さえておきましょう。

アマニ油は熱してはダメ

じつはアマニ油はとても熱に弱い油なんです
だから熱を加えるような料理には使用できません。
そのまま混ぜるだけのドレッシングなどなら大丈夫です。

味が苦手でなければ、そのままスプーンで飲んでしまうのがお手軽です。
苦手な場合はジュースやヨーグルトに混ぜるなど、とりやすいように工夫しましょう。

オメガ6をひかえる

オメガ3と同じ必須脂肪酸の仲間である「オメガ6」とは、かなり密接な関係にあります。

前述した通り現代人はオメガ3が不足気味な傾向にありますが、逆にオメガ6は過剰摂取気味になっています。
ところがオメガ6が体内にありあまっていると、オメガ3の働きが半減してしまうのです
オメガ3の力を最大限に引き出すためにはオメガ6の摂取をひかえるようにしましょう。

オメガ6はサラダ油、マヨネーズ、ごま油、フライドポテトやフライドチキンなどの揚げ物に多く含まれています。
こういった食品を避けるようにしましょう。

アマニ油は、スプーン一杯で効果がある

オメガ3の一日の摂取量は小さじ半分ほどが適量です。
アマニ油の成分の約半分はオメガ3なので、一日に小さじ一杯で足りるということになります。
もしオメガ6を過剰にとっているような場合は、バランスをとるために大さじで一杯にしてみましょう。

量は自分で様子を見ながら決めていけばいいと思いますが、過剰摂取にならないように上限は大さじ二杯くらいにしておくのが無難です。

スプーン一杯の美容効果に期待がふくらみますね!

スポンサーリンク