毛穴の色が変わっているわけではなく、でも触るとブツブツしているのは目詰まり毛穴です。
それほど目立つわけではないのですが、近くで見ると毛穴から白いツブツブが出ているのがわかります。
誰かと顔を近づけると、視線の先が気になってしまいますよね。

では、そんな目詰まり毛穴の原因と上手な治しかたをみていきましょう。

目詰まり毛穴の原因は?

毎日スキンケア

目詰まり毛穴とは、古い角質が毛穴に詰まってしまっている状態です。
これは過剰な皮脂分泌が原因なので、10代の皮脂分泌が過剰になる年代に起きやすい毛穴トラブルです。

しかし10代の成長期に皮脂分泌を抑えることは難しいので、なかなか対策も完璧にはできません。
角栓をきれいにしてもすぐに新しい角栓ができてしまったりするので、ケアの繰り返しになっていくことは覚悟しておいてください。
そのかわり、20代に入れば少しづつ落ち着いていく人がほとんどです。

目詰まり毛穴が悪化すると?

角栓の詰まりというものは、いろいろなトラブルのスタートラインともいえます。
目詰まり毛穴は、その初期症状です。

詰まっている角栓が、酸化して黒く変化すると「黒ずみ毛穴」になって、ケアも少し手強くなってしまいます。
また、毛穴内部でアクネ菌が増殖してしまうと、炎症を起こして「ニキビ」になってしまうので注意が必要です。

肌、毛穴

目詰まり毛穴の治し方・3選

毎日スキンケア

では、目詰まり毛穴の解消法として効果的な治し方をあげてみます。

治し方1・オイルマッサージ

角栓を取り除くのには、オイルマッサージがおすすめです。

よく、オイルマッサージというとクルクル回してしまいがちですが、角栓の場合は違います。
毛穴の向きに沿って、上から下にマッサージするほうが効果的です。

そして、意外かもしれませんがオリーブオイルが一押しです。
スキンケア用のオイルよりも食用のオイルのほうが低刺激なので、角栓取りに向いています。
ただし、必ずパッチテストはしてくださいね。

ぜひ、こちらの記事も参考にしてください。

オイルと綿棒で角栓ポロポロ!これで小鼻もスッキリきれいに!

2016.04.03

治し方2・クレイ洗顔

目詰まり毛穴には、なんといってもクレイ洗顔がおすすめです。

クレイの中にはたっぷりのミネラルが含まれていて、さらに汚れを吸着する力が優れています。
細かく泡を立ててつかうと、毛穴の詰まりや汚れを吸着しつつミネラルが肌を活性化してくれます。

ポイントは「きめ細かい泡をつくる」と「撫でるようにやさしく洗う」です。
眼鏡ふきを利用すると、細かい泡をつくれます。

治し方3・クレンジングオイル

クレンジングには、さまざまな種類があります。
皮脂が過剰になっているときには、クレンジングオイルは避けたいかもしれませんね。
しかし角栓が詰まっているときには、クレンジングオイルがおすすめです。

水溶性よりも皮脂に馴染みやすく、角栓が取れやすいからです。
詰まりが気になる部分を中心に、やさしく(強くしちゃダメ!)マッサージするようにクレンジングしてください。

注意点としてクレンジングオイルは洗浄力が強いので、洗顔後には保湿をしっかりとしましょう。

開き毛穴

目詰まり毛穴の治し方・番外編
「これはやっちゃダメ!」

毎日スキンケア

目詰まり毛穴を治していくうえで、やってしまいがちだけど、やってはいけないものがあります。

角栓を無理やり取らない!

爪でこすったり、コメドプッシャーをつかうと角栓が面白いように取れます。
しかし肌への負担があり、組織が傷ついてしまいます。
繰り返していると、色素沈着してしまうこともあります。

毛穴パックを乱用しない!

スッキリさせたくて、たくさんつかいたくなる気持ちもわかりますが、毛穴パックは肌を乾燥させてしまいます。
使うほどに毛穴にダメージを与え、毛穴が開きっぱなしになってしまうこともあります。
つかいたいなら、月に2回以下にしておきましょう。

ぜひ、こちらの記事も参考にしてください。

毛穴パック注意報!やり過ぎで肌がますます汚くなる!?

2016.04.30
s-bag

目詰まり毛穴に、あせりは禁物

目詰まり毛穴の解消は、長期戦になります。
あせって、肌に負担をかけるようなケアは禁物です。
毎日の洗顔をていねいに、しっかりとしていきましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク