えごま油の美容効果を、もっと知りたい!目指せ-5kg!

先日テレビの放映で、ざわちんがえごま油をとり入れる美容法にチャレンジしました。
メイクのし過ぎで、ずいぶん肌年齢が上がっていたざわちんですが、見事に肌年齢回復!
さらに-5kgという、うれしいダイエット効果まで。

そんな「えごま油」について、もっともっと詳しく知りたい!と思いますよね。
では、テレビでは放映されなかった詳しいところまで、えごま油を解説していきましょう。

えごま油って、どんな油?

毎日スキンケア

「えごま」とは、シソ科の植物です。
そのえごまの種子から抽出した油が、えごま油です。

もとはインドから、中国や韓国を経由して、日本にやってきました。
意外にも、最初は照明用の灯油油だったんです。

しかし食用として見直され、とり入れると10年長生きするという意味で「ジュウネン」と呼ぶ地方もあるんです。

えごま油の秘密は、α-リノレン酸

毎日スキンケア

えごま油が美容や健康に良いとされているのは、「α-リノレン酸」が豊富に含まれているからです。
では、そのα-リノレン酸とはどんな成分なのでしょうか。

α-リノレン酸って、どんな成分なの?

α-リノレン酸は、植物油の主成分です。
ほかの植物油にも含まれていて、「アマニ油」も含有量が多いことで有名です。

人間には絶対に必要な必須脂肪酸の一つなのですが、体内でつくることができないので、食品から摂取する必要があります。
しかしなかなかとり入れにくい成分なので、不足しがちな成分でもあります。

α-リノレン酸には、どんな効果があるの?

では、α-リノレン酸にどんな効果があるのかみてみましょう。

1・動脈硬化予防、血流改善

α-リノレン酸は、体内に入るとDHAEPAに変化します。
DHAやEPAは血液をサラサラにするので、動脈硬化や心筋梗塞といった、血流が原因の疾病予防になります。

また、DHAやEPAは脳を活性化するので、認知症の予防にもなります。
ちなみにα-リノレン酸が不足すると、脳や神経に異常が出てしまうことが知られています。

2・アレルギーの抑制

アレルギーの原因の一つに、リノール酸の過剰摂取があります。
α-リノレン酸はリノール酸と競合する関係にあるので、α-リノレン酸をとることでリノール酸を緩和させることができます。

リノール酸はサラダ油やベニバナ油、ごま油など、普段よくつかう油に含まれているので過剰摂取しやすい成分です。
普段から油分を多くとっている人は、α-リノレン酸でバランスをとることでアレルギーが抑制されます。

ここが気になる!えごま油の美容効果は?

毎日スキンケア

体に良さそうなえごま油(α-リノレン酸)ですが、やっぱり気になるのはその美容効果ですね。
どんな美容効果があるのでしょうか。

1・ダイエット効果

α-リノレン酸には、脂肪を分解する「酵素リパーゼ」を活性化する働きがあります。
これによって、脂肪が分解されやすくなります。

えごま油も「油」なので、太りそうと思われるかもしれませんが、安心してください。
えごま油は体に溜まりにくいうえ、ほかの食品の脂肪分まで燃焼してくれる優秀な油なんです。
ざわちんが5kg減ったのも納得ですね。

2・美肌効果

α-リノレン酸には、コラーゲンの生成を促進する働きがあります。
コラーゲンといえば、肌のハリを保つ成分です。
そのコラーゲンが効率よく生成されれば、肌にハリが生まれ、シワの予防、改善にもなります。

また、α-リノレン酸には抗炎症作用もあり、ニキビの改善や予防にも効果的です。

さらには血流が良くなることで、肌のターンオーバーもスムーズになります。

まさに、たっぷりの美肌効果が含まれているんですね。

3・アンチエイジング効果

細胞の一つ一つに細胞膜があるわけですが、この細胞膜がしっかりと構成できなくなることで老化が進みます。
細胞膜を構成しているα-リノレン酸を補給して、細胞膜の構成がしっかりすれば、老化にストップがかけられます。

えごま油の注意点

毎日スキンケア

健康効果、美容効果がたっぷりのえごま油ですが、つかうときの注意点があります。

えごま油は酸化しやすい

えごま油は、ほかの油に比べて非常に酸化しやすい油です。
酸化してしまった油は、健康効果どころか健康を害してしまう場合もあるので、注意が必要です。

開封後は冷蔵庫などの冷暗所で保存し、2ヵ月を目安に使い切るようにしましょう。

えごま油は熱に弱い

油ということで料理に使ってしまおうと発想する人もいますが、えごま油は加熱してはいけません
えごま油はとても熱に弱い性質をもっています。
料理に使うならドレッシングやカルパッチョなどの、熱を入れないメニューに使用してください。

また、タンパク質と一緒にとると効果的なので、肉料理、魚料理、卵料理に小さじ一杯分かけるのがおすすめです。
ただし、料理の温度が少し冷めてからにしましょう。

s-fruit2

スプーン一杯のえごま油で美肌に!

α-リノレン酸の一日の摂取量は、小さじ半分程度です。
えごま油の半分はα-リノレン酸なので、一日に小さじ一杯とればいいということになります。
たったこれだけで、たくさんの美容効果にあやかれるなんて魔法のような油ですね!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク