鼻周辺の毛穴に黒いツブツブができてしまう黒ずみ毛穴は、イチゴ鼻とも呼ばれたりします。
かわいいネーミングとはうらはらに、憎らしい毛穴トラブルですよね。

黒いツブツブは目立つし、しかもよりによって鼻のあたりは顔の中心だし…誰もが早く治したい!と思っていることでしょう。
では、今回はそんな黒ずみ毛穴の原因と治し方を詳しく解説していきましょう。

黒ずみ毛穴の原因

毎日スキンケア

黒ずみ毛穴は、目詰まり毛穴が悪化したものと考えてください。

目詰まり毛穴とは、角栓が毛穴に詰まっている状態の毛穴トラブル。
その角栓が酸化して黒くなると、黒ずみ毛穴になってしまいます。

角栓の詰まりは過剰な皮脂分泌が原因なので、皮脂が分泌されやすいTゾーンに多い毛穴トラブルです。
とくに小鼻周辺はとても皮脂分泌が盛んなので、このトラブルに悩まされている人はほとんどイチゴ鼻になってしまいます。

黒ずみ毛穴の治し方

黒ずみ毛穴を治すには、原因である角栓の詰まりを取り除かなければいけません。

目詰まり毛穴の治し方を参照にする

角栓詰まりの解消は、すぐに結果が出るものでもありません。
まずは日々の洗顔などが基礎になってきます。

目詰まり毛穴と治し方や注意点が同じなので、まずはこちらの記事を参照にしてみてください。

目詰まり毛穴の治し方、注意点が載っている記事

目詰まり毛穴はアップが怖い!早い治し方、教えて!

2016.02.01
・オイルマッサージ

・洗顔(クレイがおすすめ)

・クレンジングオイルを使用する(ただし保湿はしっかりと)

こういったポイントをおさえて、角栓を除去しやすくしていきます。

そのうえで、さらに手強くなっている黒ずみ毛穴にはプラスしていきたいケアがあります。

ココナッツオイル

黒ずみ毛穴の治し方・2選

毎日スキンケア

少しでも早く黒ずみ毛穴を解消するためには、目詰まり解消のケアに加えて「ビタミンC」と「ピーリング」をうまくとり入れるのがおすすめです。

ビタミンCをプラスする

ビタミンCには皮脂をコントロールする作用毛穴を引き締める効果があるので、毛穴トラブルの解消にはかなり役立つ成分です。
しかも酸化を防ぐ作用もあるので、黒ずみ毛穴のケアにはぜひプラスしたい!

ビタミンCはそのままでは浸透しにくい成分ですが、浸透しやすくした成分がビタミンC誘導体です。
ドラッグストアに行けばズラッとビタミンC誘導体配合のスキンケア商品が並んでいますので、洗顔後のケアに積極的にとり入れましょう。
ビタミンは水溶性なので、化粧水でとり入れるのがおすすめです。

また、今一押しのビタミンC誘導体は「APPS(アプレシエ)」です。
従来の100倍もの浸透力がある高浸透型ビタミンC誘導体なのですが、少々価格が高くなります。
お財布に余裕があるなら、選択肢に入れたい成分です。

適度なピーリングをプラスする

肌の代謝が良くなれば、毛穴の黒ずみが早く外に押し出されます。
肌のターンオーバーを促進するためのピーリングをとり入れることで、黒ずみの早い解消が期待できます。

ただしピーリングは諸刃の剣です。
使いようによっては善にも悪にもなるということです。

肌への刺激が強いので適度以上のピーリングは角質を厚くしたり、皮脂の分泌量を増やしてしまったりします。
使うほどに効果が出るというものではないので、カン違いしないようにしてください。

必ず自分の肌の様子をみながら、適度なピーリングをしていきましょう。
また、皮脂量を増やさないためにピーリング後は保湿をしっかりとしてください。

ピーリングについての詳しい記事はこちら

ピーリングを使って、シミ、ニキビ、たるみに攻めのスキンケア!

2016.08.01
s-hart2

黒ずみ毛穴を治したら、その後のケアも頑張る

黒ずみ毛穴が解消されて、小鼻のあたりがツルツルになっても油断は禁物です。

10代の頃はとくに皮脂分泌が過剰になりやすいので、またすぐに皮脂が詰まってしまいがちです。
これは仕方がないことですが、次は黒くならないように酸化する前にケアをしていきましょう。
それには日々の洗顔が大事になってきますので、皮脂分泌が落ち着くまで長期戦でも頑張ってください!

スポンサーリンク