頬のあたりの毛穴がなんだか目立っている。よく見ると、毛穴の縁がカサついている…。
そんな症状の毛穴トラブルなら、「カサつき毛穴」の可能性大です。
「乾燥毛穴」と呼ばれる場合もあります。

肌の水分量が低下することで、肌のキメが乱れて毛穴が落ち込んでいる状態です。
加齢で水分量が減っている人から、若い世代まで、この肌トラブルに悩む人はたくさんいます。

では、そんなカサつき毛穴の原因や治し方を解説していきましょう。

カサつき毛穴の特徴

毎日スキンケア

カサつき毛穴は、同じように頬にできやすい「たるみ毛穴」と、区別がしにくい毛穴トラブルです。
しかし、カサつき毛穴はたるみ毛穴と違い、毛穴が縦に伸びていません。
また、肌が濡れると目立たなくなるという、大きな特徴があります。

カサつき毛穴の原因は?

毎日スキンケア

カサつき毛穴ができてしまうのは、ズバリ肌の乾燥です。
だから、加齢などで保湿力がなくなっている…というなら、自然現象といえます。
しかし、若い人にも増えているのが問題です。

じつは、このカサつき毛穴の原因は、意外なところにもあるんです。
これは、スキンケアに力を入れる人が、増えたからこそなのかも…。

洗顔のし過ぎ

まず、第一の原因は過剰なクレンジングや洗顔にあるといわれています。
メイクをしっかりと落とそうとするばかりに、肌にある保湿成分まで落としてしまっているのが原因です。

洗浄力が強いクレンジングオイルなどは避け、マイルドな洗顔料やクレンジング剤を選んでください。

また、洗顔料を流すときに、熱いお湯をつかうのも、肌の保湿成分が奪われてしまいます。

間違ったスキンケア

肌が乾燥しているからと、化粧水ばかりを肌に乗せる行為も、乾燥を進めてしまいます。

化粧水をたくさん肌に含ませても、「濡れている」状態なだけで、保湿されているわけではありません。
やがて化粧水と一緒に、肌の水分まで蒸発してしまいます。

水分を補給するだけでなく、セラミドなどの「肌に水分を保持させる成分」で、肌の水分保持力を強くすることが大切です。

また、アルコール入りの化粧水は、肌の水分を奪ってしまうので要注意です。

毛穴、詰まり

カサつき毛穴の治し方

毎日スキンケア

カサつき毛穴の治し方は、とてもシンプル。
とにかく保湿をして肌のキメを整えることです。
ただ、そんな中でも押さえていきたいポイントがあります。

部屋の湿度を調節する

カサつき毛穴は、冬になると一気に増えてきます。
これはもちろん、空気の乾燥が原因です。
加湿器や、濡れタオルなどを利用して、部屋の湿度は50%~60%をキープしましょう。

紫外線対策をしっかりと

紫外線は、気付かないうちに肌から水分を奪っていきます。
知らず知らずのうちに、肌が「のどカラカラ」の状態になっていることもあります。

外に出るときは、必ず紫外線対策を忘れないようにしてください。
また、対策をしたうえでも、たくさん紫外線を浴びたと感じたときは、その後の保湿をしっかりとするようにしましょう。

洗顔とスキンケアの見直し

前述したように、洗顔で保湿成分が奪われないように、洗顔やクレンジングに気を付けましょう。
そのうえで、「保湿重視」のスキンケアをとり入れてください。

あくまで「水分補給」にならないように、セラミドやヒアルロン酸などの、水分保持力を高める成分を肌に与えることが大事なポイントです。

s-fruit1

カサつき毛穴は、保湿で治る!

カサつき毛穴は基本的に、乾燥肌に対しておこなうケアと同じことをします。
しっかりと正しい保湿をしていけば、毛穴はきれいになっていきます。
日々の保湿を、頑張りましょう!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク