冬は肌がカサカサ!どうして冬は肌が乾燥してしまうの?

普段はそこまで乾燥しないのに、冬になると肌が乾燥してしまう人は多いですよね。
顔の肌が乾燥すれば、新しいシワが心配だし、手がカサつけばストッキングが履きにくいし…困ったことだらけに!

そもそも、どうして冬になると肌が乾燥するのでしょう?
今回は、そのしくみと予防対策を見ていきましょう。

肌が水分を保つしくみ

毎日スキンケア

肌が水分を保つしくみは、保湿成分やら何やらの難しいものを除いて、大きく単純に分けると2つしかありません。

1・水分補給

肌は、体の内側からと外側からと、常に水分補給をしています。
内側からは、体内の水分をつかっています。外側からは、汗などで水分補給をします。

2・水分の蒸発防止

補給した水分をキープできるように、皮脂などで肌表面を覆い、水分の蒸発を防止しています。

冬になると、保水力が働かなくなる!?

毎日スキンケア

この単純な水分を保つしくみが、冬になるとうまく働かなくなってしまいます。

血行の停滞

気温が低くなると、血行が悪くなります。
血行が悪くなると、体内からの水分補給がうまくできなくなってしまいます。

汗の停滞

気温が低くなれば、もちろん汗もあまりかかなくなります。
すると、汗による外側からの水分補給も少なくなってしまいます。

皮脂量の停滞

気温や湿度が下がると、肌の皮脂量の分泌が減ります。
皮脂量が減ることで、肌から水分が蒸発しやすくなってしまいます。

ホワイトバーチウォーター

冬に気を付けたい乾燥予防策

毎日スキンケア

冬になると、体のいろいろな機能が停滞して、肌が乾燥しやすくなるわけですね。
では、そんな肌が乾燥しやすい冬には、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか。

空気を乾燥させない!

気を付けている人も増えているとは思いますが、やはり空気の乾燥は肌の乾燥につながります。
肌にいい湿度は、60%です。
最低でも50%は欲しいところです。

ところが、冬場の湿度は30%~50%まで下がってしまうので、そのままでは足りなくなってしまいます。
さらに、部屋の暖房器具をつかえば、室内の湿度はもっと下がってしまいます。

肌をピンチにさらさないためにも、加湿器や濡れタオルなどをつかって、部屋の湿度を上げていきましょう。

熱いお湯をつかわない!

冬になると、熱い湯船に浸かるのが気持ちいいですよね。
しかし、肌のためにはガマンも必要です。

熱いお湯は、肌から保湿成分を溶かし出してしまいます
よく、熱いお湯に浸かった瞬間、肌がかゆくなったりしますよね?あれは、肌が乾燥したことで起きる現象です。

お湯の温度が高いほど、保湿成分が流れ出しやすくなるので、温度はほどほどにしておきましょう。
顔を洗うときも、熱いお湯はつかわずに常温~ぬるま湯程度でガマンです。

s-bas

保湿スキンケアは欠かせない!

こんな風に、冬はどうしても肌が乾燥しがちになってしまいます。
そのままにしてしまうと、乾燥肌になって、肌トラブルを招くこともあります。
冬には、しっかりと保湿ケアをしてくださいね。

バランスのいい食事をとったり、睡眠時間もしっかりとって、新陳代謝を上げることも大切です。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク