ニキビの種類いろいろ!あなたが悩んでいるニキビはどのタイプ?

最近では、大人にできる「大人ニキビ」が増えてきて、幅広い年代の人がニキビに悩んでいます。
そんなときに、もちろんケアを考えると思いますが、ニキビはニキビでもいろいろ種類があります。

同じニキビでも、種類によってケアのポイントが違う場合もあるので、自分のニキビタイプを知っておくことは大切です。
ニキビタイプは大きく分けで4種類です。では、タイプ別に解説していきましょう。

白ニキビ

毎日スキンケア

ニキビタイプの中で、一番初期のニキビが「白ニキビ」です。
毛穴の中に、角栓や汚れが詰まった状態ですが、まだアクネ菌での炎症は始まっていません。
ただ毛穴が詰まっているだけなので、痛みもありません

白ニキビの特徴

・乾燥や刺激に弱い肌がなりやすい
・数ができやすく、治りにくい
・Tゾーンにできやすい

白ニキビのポイント

「白ニキビ」という名前ですが、白い色が付いているわけではありません
膿が溜まっているニキビは「黄色ニキビ」になるので、混同しないようにしましょう。

黒ニキビ

毎日スキンケア

白ニキビから、進行したニキビが「黒ニキビ」です。
毛穴の中に詰まっている角栓や汚れが、酸化して黒ずんでしまった状態です。

白ニキビの延長上にあるので、特徴やケア方法も白ニキビと同じです。

角栓、綿棒

赤ニキビ

毎日スキンケア

白ニキビが悪化すると「赤ニキビ」になります。
酸化して黒くなっただけの黒ニキビとは違い、毛穴の中が炎症を起こしてしまっています。

もう毛穴が詰まっているだけではないので、白ニキビや黒ニキビとはケアの方法も違ってきます。
ニキビ跡に残る可能性も出てくるので、早めにケアをしていきましょう。

赤ニキビの特徴

・生理前後にできやすい
・辛いもの、油っぽいものが好きな人にできやすい
・ストレスが溜まっている人ができやすい

赤ニキビのポイント

毛穴の中でアクネ菌が増殖すると、それを抑えるために炎症が起きます。
つまり赤ニキビのときは、アクネ菌の増殖を防ぐケアが必要になります。

黄色ニキビ

毎日スキンケア

ニキビタイプの中で、一番悪化したニキビが「黄色ニキビ」です。
赤ニキビの炎症がさらに進み、毛穴の中に膿が収まりきれなくなった状態です。

炎症は真皮層まで起きていると考えられるので、ニキビ跡に残る可能性もかなり高くなります。
この状態が続くと、跡だけでなく肌が凸凹になる場合もあるので、早く治してしまいたいニキビです。

黄色ニキビの特徴

・便秘がちな人にできやすい
・フェイスラインや、髪の生えぎわにできやすい
・暑がりな人(体内に熱がこもりやすい人)にできやすい

黄色ニキビのポイント

ついついプチッと潰したくなりますが、ガマンしてください。
潰してしまうと、色素沈着を起こしやすくなってしまいます。

s-hart2

あなたのニキビ、種類はどれだった?

自分のニキビの種類がわかりましたか。
ニキビの種類によって、ケアの方法も違ってくるので、ぜひ参考にしてくださいね。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク