敏感肌になったときのファンデーション対策・3選

花粉症がはじまったら、肌が荒れはじめる人も多いはず。
なぜなら花粉症はくしゃみや鼻水だけでなく肌荒れも誘発させるものだからです
花粉症じゃなくても、アレルギー体質の人や乾燥肌の人も肌が荒れやすくなります。

そんな春先に肌荒れを感じながら、いつもと同じようにファンデーションを使ってはいませんか。
敏感肌になっているときにはいつもと違うファンデーション対策をして、肌を守っていかなければいけません

ではその理由と、肌が敏感になっているときのファンデーションの選び方をみていきましょう。

春先の肌が荒れる理由

そもそもなぜ春先の肌は荒れやすくなるのでしょうか。
ズバリ、それは花粉が大きく影響しています

季節の変わり目でバリア機能が低下しやすくなっているところに、アレルギー物質である花粉が肌を襲ってきます
アレルギー反応で花粉症を発症している人以外も、少なからず肌に花粉の影響を受けてしまう季節です。

バリア機能低下について

ではそのバリア機能についても少し触れておきましょう。

バリア機能は肌の1番外側の角質層によって強弱が決まります。
角質層はレンガ状になっているので(ラメラ構造)、層内の水分が足りないとスカスカ状態に。
すると外部刺激が肌内部に侵入しやすくなったり、肌内部の水分が蒸発しやすくなったりとバリア機能が低下することになります
 

角質層とバリア機能の関係

逆に角質層内の水分量が十分に満たされ、バリア機能が高くなっていれば外部刺激も侵入しにくくなります。

つまり春先にはこのバリア機能が低下しやすく(角質層内の水分量が不足しがち)、そこに花粉というアレルギー物質が侵入してくるので肌荒れしやすくなるのです。

春先の敏感肌へ!
ファンデーション対策3選

そんな季節に肌状態がいつもと違うと感じたらファンデーションにいくつか対策をとっていきましょう。

ファンデーションはスキンケア同様に毎日肌に乗せるものなので、じつは肌対策としてとても重要なポイントになるのです

1・このアイテムは使わない

いつも使っているものでも、敏感肌には使わないほうがいいものがあります。
それが「リキッドファンデーション」と「化粧下地」です。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションはカバー力もあり、愛用者がたくさんいます。
しかしカバー力のあるリキッドやクリームファンデーションといった液体タイプのファンデーションは、油分を多く含んでいます

ほかにもその油分を安定させるための添加物も多く含まれていると考えられます。
春先に使うなら油分が比較的少なめな、パウダータイプのファンデーションを使ったほうが肌をいたわれるのです

化粧下地

化粧下地にもリキッドファンデーションと同じように油分が多く含まれています
春先には化粧下地も避けたいアイテムです。

しかしいきなりファンデーションを肌に乗せるわけにはいきません。
だから化粧下地の代わりに、保湿効果がある美容液を使ってみましょう。
ハンドプレスでしっかりと肌を保湿してからファンデーションを塗ってください

2・ミネラルファンデーションを使う

春先の肌には、パウダータイプのファンデーションの中でもとくにミネラルファンデーションがおすすめです。
天然のミネラルのみで構成されたミネラルファンデーションは、肌への負担がかからないので敏感肌にも安心して使うことができます

ただし「ミネラル」と名前が付いていればいいというわけではありません。
ミネラルファンデーションと名乗るための定義がないので、ミネラル100%じゃなくてもミネラルファンデーションと名乗っている商品がたくさんあります。
製品情報をよく確認して、なるべくミネラル100%のファンデーションを選びましょう。

とくにマイカ亜鉛といったミネラルは抗炎症作用があるので荒れがちな肌にはおすすめの成分です
商品を選ぶときの参考にしてください。

肌にやさしいミネラルファンデーションをチェック

肌荒れしない!つけたまま眠れる夜用ファンデーション・6選

2018年5月23日

3・パフ、ブラシを清潔に

何気なく使っているパフやブラシには雑菌がたくさん繁殖しています。
それは敏感になっている肌に大ダメージを与えることにもなりかねません
肌荒れの原因がパフやブラシにあったという例も結構あるんです。

春先には顔を洗うついでにパフを洗う習慣にして、毎日きれいなパフとチェンジするようにしましょう。

敏感肌には効果的な対策を

春先の、敏感肌へのファンデーション対策をいくつかご紹介しました。

いつもと違う対策をとるのは面倒ですよね。
しかし荒れがちな肌をちゃんといたわるか、いたわらないかではその後の肌のコンディションにも影響していきます。
大変かもしれないけどできるところからはじめていきましょう!

スポンサーリンク