たるみの改善で、5歳は若返る!?おすすめのたるみ改善法3つ

最近、急に老けて見えると思ったら、なにが違っていますか?
肌のくすみやシワといろいろ原因はありますが、なんといっても「肌のたるみ」が老け顔を作ります!

肌のたるみは、見た目の年齢を一気に上げてしまうからです。
逆に肌のたるみを改善できれば、見た目の年齢を若返らせることができます。
ではおすすめの改善法をご紹介していきますので、見た目年齢-5歳を目指して肌のたるみを解消していきましょう。

肌のたるみを産む、2大原因

毎日スキンケア

まず肌をたるませる原因になる代表格を、2つ解説しておきます。
この2つを普段の生活の中からなるべく排除していかなければ、たるみは改善できません。

1・紫外線

肌をたるませる敵は、まず紫外線です。

紫外線は、肌の弾力を支えるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。
日焼けやシミ対策だけでなく、たるみ予防のためにも紫外線対策はしっかりとしてから外出しましょう。

2・活性酸素

次の敵は、活性酸素です。

鉄が錆びるように、人間の体も酸化すると劣化していきます。
活性酸素はコラーゲンや線維芽細胞にダメージを与え、肌をたるませていきます。
抗酸化作用のある食品をとり入れるようにして、体から活性酸素を減らしていきましょう。

美容と健康キープには抗酸化作用をとり入れる!そのしくみとは?

2016.03.28
s129

肌のたるみ改善法・3選

毎日スキンケア

では肌のたるみを改善できると評判の、改善法を選りすぐってみました。
テレビを観ながらでもできそうな簡単なものもあるので、少しずつでも長く続けていくようにしてくださいね。

1・まいうー運動

まずは衰えた表情筋を鍛えて、頬の肉をキュッと上げていきましょう。
方法はとっても簡単です。

①「まー」と大きく口を開けながら、10秒キープ
顎舌のたるみの原因になっている、顎舌骨筋が鍛えられます。

②「いー」と思いっきりの笑顔の表情で、10秒キープ
頬の肉を支えている、小頬骨筋と大頬骨筋が鍛えられます。

③「うー」とタコの口で、10秒キープ
ほうれい線を予防できる、口輪筋が鍛えられます。

「まいうー」を1セットとして、5セットは頑張りましょう。

鏡を見ながらしっかりと表情を確認しながらすると、より効果的です。
終わった後に、ちょっと顔が疲れているくらいが理想的です。
時間があれば、朝昼晩と3回行ってください。

2・蒸しタオル

肌に軽いストレスを与えるとタンパク質が増幅します。(ヒートショックプロテイン効果といいます)
蒸しタオルでこのヒートショックプロテイン効果を狙い、肌のコラーゲンを増やしましょう。

濡らしたタオルをレンジでチンすれば、簡単に蒸しタオルの出来上がりです。(※ヤケド注意
温度は42℃くらいが理想的です。
あとは、顔に乗せて5分くらい待つだけです。

2~3日に1度を目安にしてください。

蒸しタオルについて、もっと詳しく知りたいときはコチラ

簡単0円!蒸しタオルの美容効果で、自宅がエステに!

2016.04.11

3・リンパマッサージ

顔に老廃物や皮下脂肪を溜めないために効果的なのが、リンパのマッサージです。
リンパ液の流れが良くなると、肌に酸素や栄養が運ばれやすくなるのでたるみ改善に役立ちます。

できればオイルやマッサージクリームを使って、すべりを良くしてください。
クレンジングのついでにマッサージをする人もいますが、クレンジング剤は肌への刺激が強いものです。
クレンジングでのマッサージは、洗剤を肌にこすりつけるようなものなので絶対にやめておきましょう。

マッサージは、ゴシゴシとこする必要はありません。
軽く撫でるようにするだけで、リンパの流れは良くなります。

顔のマッサージが終わったら、忘れずに首のリンパもマッサージしてください。
首のリンパが滞っていると、せっかく顔をマッサージしてもリンパの出口がなくなってしまいます。

s-japan

続けていくことが大切

簡単なたるみ改善法ばかりを集めてみました。
こういった改善策は、続けていくことが大切です。
何かをしながらでもいいので、長く続けていくようにしましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

フェイシャルエクササイズの効果があるたるみと、ないたるみ

2017.02.18

スポンサーリンク