酒粕パックの効果がスゴイ!プルプルの肌に、自分でもウットリ!

テレビでも話題になった酒粕パック
もう試したことはありますか。

まだ試したことがないなら、ぜひ一度試してみましょう。

酒粕の価格は900gで500円くらいが相場です。
すると一回あたりのパック代は、なんと100円以下
かなりリーズナブルなパックなのに、とにかく美肌効果が盛りだくさん!

今回は、そんな酒粕パックの美容効果ややり方を詳しくみていきましょう。

酒粕パックには、美肌効果がたっぷり

毎日スキンケア

酒粕には酵母コウジ酸といった、肌をきれいにする成分がたくさん含まれています。
よく酒蔵で働いている人の肌はきれいだといいますが、それも納得の効果が詰まっているんです。

1・保湿効果

まず、酒粕に含まれているたっぷりの酵母が、肌にプルップルの潤いを与えてくれます。

有機物が発酵される過程で作られる酵母は、保湿効果がバツグンです。
万能な保湿効果なので、ヒザやかかとのガサガサが気になるときにも効果的に使うことができます。

2・美白効果

そして酒粕には、アルブチンが含まれています。
美白成分で有名なアルブチンは、多くの美白化粧品にも使われていますね。

シミ、そばかす、ニキビ跡にだって効果が発揮されます。

3・アンチエイジング効果

さらに酒粕には、フェルラ酸も含まれています。
フェルラ酸とは抗酸化作用で有名な成分で、美容業界でも注目されている成分です。

肌を老化させる、憎い活性酸素を除去してくれるのでアンチエイジングに効果絶大です。

コウジ酸の効果に、かなりの期待!

一番注目したいのは、酒粕に含まれているコウジ酸です。
とにかく万能な美肌成分で、美白効果、抗炎症作用、抗酸化作用と、うれしい効果がたっぷりの成分です。

そして、コウジ酸には肌の糖化を抑制する働きがあるとしても注目されています。
肌の老化が進むと、肌が黄色くくすんできます。
これは肌の糖化が原因なのですが、コウジ酸にはそれを防ぐ作用もあるということです。

糖化が肌を老化させる!糖化を防ぐための簡単なポイント5つ

2016.06.23
酒粕

簡単!酒粕パック

毎日スキンケア

でも、酒粕パックなんて面倒そう…と思っているなら、そんなことはありません!
とっても簡単にできてしまいます。

材料

酒粕…100g
精製水or日本酒…100ml
小麦粉(アレルギーの人はなし)…大さじ1~2

作り方

①すり鉢などに、酒粕をちぎって入れる

②精製水(または日本酒)を半量入れて、10分待つ

③酒粕が柔らかくなっているので、すり混ぜる

④残りの精製水を加えて、今度は滑らかになるまで混ぜる

⑤最後に、小麦粉を少しずつ混ぜて固さを調節します

酒粕パックのやり方

できあがったパックを顔全体に乗せて、10分~15分待ちます。
パックが乾き始めたら終了です。

さらに効果をアップ!

パックの上からラップをかけると、効果がアップします。

そして、おすすめは「+米ぬか」です。
パックを作るときに、米ぬかもプラスしておくだけ。
米ぬかにはセラミドがたっぷりなので、さらに保湿感がアップします。

s-japan

スペシャルパックに酒粕を!

肌に疲れを感じているときや、乾燥が気になるときのスペシャルパックに最適な酒粕パック。
毛穴も目立たなくなり、ニキビ跡にも効果がありますので肌トラブルがあるなら定期的に続けてみましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク