こうして乾燥肌は作られる!日常にひそむ乾燥肌の大敵は?

乾燥肌には、たくさんの敵がいます。
空気の乾燥、紫外線…なんとなくわかっているものには、それなりに対策をとっているはずですよね。
しかし、敵だとは思っていないものに対してはどうでしょう?
普段、当たり前のようにしている行動が、乾燥肌を作っている場合もあります。
今回は、そんな乾燥肌の意外な敵を2つほど取り上げてみます。

お風呂が乾燥肌を作る敵になる!?

毎日スキンケア

お風呂に入ったときに、肌がかゆくなった経験はありませんか。
これは、湯船に浸かったことで角質層がゆるみ、角質細胞をつないでいる細胞間脂質が流れ出てしまい、一時的に乾燥肌になっているからです。

この現象は、お湯の温度が高いほど起きやすくなります。
冬は熱いお湯に浸かりたくもなりますが、ほどほどにしておきましょう。
または、保湿効果のある入浴剤を使うなどの対策をとりましょう。

逆にチャンスにもなる!

角質層がゆるんでいると、細胞間脂質が流れ出てしまうわけですが、その状態がチャンスにもなります。
角質層がゆるんでいるときは、美容成分などが浸透しやすくなっているからです。
お風呂上りは、なるべく早くセラミドなどの保湿成分を肌に与えるようにしましょう。

洗顔が乾燥肌を作る敵になる!?

毎日スキンケア

洗顔やクレンジングも、乾燥肌を作ってしまう場合があります。
洗顔は毎日するものなだけに、間違っていると乾燥がどんどん進んでしまうので要注意です。

毛穴に汚れが詰まっているのは気持ちが悪いので、気になる人はクレンジングや洗顔をしっかりしたいと思ってしまいます。とくに、ニキビに悩んでいる人に多い行動です。
しかし、必要以上に時間をかけたり、肌に負担をかけてしまうと、大事な保湿成分まで肌から取り除くことになってしまいます。
毛穴をきれいにすることは大切ですが、リスクと背中合わせということです。
クレンジングや洗顔はなるべく素早く、肌に負担をかけないようにやさしくが基本です。

クレンジングや洗顔のポイント

入浴中の洗顔なら、先に洗髪などを済ませてから、肌が蒸気で温まった状態がベストです。
湯船と同様、熱いお湯は避けて、常温~ぬるま湯で洗顔しましょう。

洗顔後のポイント

洗顔後は水分が足りない状態になっているので、なるべく早くスキンケアで保湿していきます。
肌がつっぱった状態になると、無理に皮脂を分泌しようとするので、本来の肌コンディションがコントロールできなくなります。
化粧水でしっかりと水分補給したあとに、保湿成分が入ったクリームでフタをするのが基本ですが、状態によっては乳液や美容液をプラスしましょう。

s-bas

乾燥肌の敵がいっぱい!

今回は、2つほど例を取り上げましたが、乾燥肌を作る敵はたくさんあります。
対策はしっかりしたつもりでも、一日の終わりには保湿を重視したスキンケアが大切です。
肌の老化を進めないためにも、肌を乾燥させないように頑張らなくてはいけません!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク