きめ細やかな肌の目指しかた!肌の「きめ」ってなに?

きれいな肌を「きめ細やかな肌」といいますよね。
では、きめ細やかの「きめ」ってなんだか知っていますか。

今回は肌のきめについてや良し悪しの状態、きめを整えるポイントを解説していきましょう

肌の「きめ」とは

肌がドアップで写っている写真を見たことがある人は、思い出してみてください。
丘をつくるように溝が走っていたはずです。

あの細かい溝は皮溝(ひこう)いいます。
そして溝に囲まれた丘を皮丘(ひきゅう)といいます。

一般的に、その網目状になっている溝を「きめ」といいます。
つまり「きめ細やかな肌」というのは皮溝がきれいに走り、皮丘が均一に並んでいる状態のことをいいます

「きめ」の良し悪し

では「きめが細かい状態」と「きめが荒くなっている状態」とでは、肌にどんな違いが現れるのでしょうか。

「きめ」が細かい肌の状態は?

皮丘がきれいに並んでいる状態の肌は皮溝もきれいで浅くなっています。

こういった状態の肌は光をきれいに反射するので肌をより美しく見せてくれます
毛穴も目立たず、触った感触も滑らかです。
肌表面が滑らかだからファンデーションもきれいに乗ってくれるんです。

「きめ」が荒くなっている肌の状態は?

反対に皮丘が不規則に並び、皮溝が深い状態は「きめが荒い肌」」です。

こういった状態の肌は光をうまく反射できないので肌の色がくすんで見えてしまいます
毛穴もよく目立つし、皮溝がさらに深くなることで小ジワが生まれていきます。
肌のハリや潤いもないのでファンデーションもきれいに乗ってくれません。

きめ細やかな肌を目指す方法

では、どうしたら肌のきめが整うのでしょうか。

肌のきめを左右する原因

肌のきめを左右する原因には、さまざまなものがあります。

内的な要因はホルモンバランス、栄養バランス、加齢などがあります
外的な要因は紫外線や乾燥、バリア機能の低下などが挙げられます

つまりこういった要素に気を付けていけばいいわけですが、加齢を止めることはできないし、すべてのマイナス要素を排除することはできません。
すると結局は「肌のコンディションをより良く保つためのスキンケア」が大切になってくるのです。

肌のきめを整えるポイント

肌のきめを整えるためには肌のコンディションを良くする…といっても、そのポイントはたくさんあります。
その中でもこれは押さえておきたい!というポイントをみていきましょう。

1・紫外線対策

紫外線は肌にとって天敵といえる存在です。
シミをつくるだけでなく、肌を老化(光老化といいます)させたり保湿成分を破壊したり…。
だから外に出るときはしっかりと紫外線対策をとりましょう!

また、ガラス越しにも紫外線は入ってくるので日当たりの良い屋内も要注意です

紫外線と肌の関係をもっと詳しく!

紫外線と肌の関係を基礎から学んで、日差しに対抗していく!

2016年5月13日

2・保湿

肌の乾燥は老化を進め、きめを一気に荒くしてしまいます。

保湿を重視したスキンケアを心がけていきましょう

3・クレンジング、洗顔

肌の保湿力を奪うようなクレンジングや洗顔をしないようにしてください。

肌への負担を少しでも軽くするような「正しい洗顔」が大切です

正しい洗顔やクレンジングをチェック!

クレンジング基礎知識/正しいメイク落としをしてますか?

2016年3月20日

今さら聞けない!正しい洗顔方法のチェックポイントは?

2016年3月16日

4・新陳代謝

肌のターンオーバーを整えるために新陳代謝を良くしていきましょう。

良質な睡眠をとることや栄養バランスをとることが大切です

きれいな肌といわれたい!

「肌、きれいだね」といわれるのは女性にとって最高にうれしいことですよね。
肌のきめを整えて、そんな褒め言葉をたくさんいわれるようになりたいものです。

そのためにはまず保湿からスタート!
そこから少しずつ、毎日の積み重ねで肌コンディションを整えていきましょう。

スポンサーリンク