20代からは乾燥肌の原因に注意!スキンケアで老化に差がつく!

20代に入ると少しずつ乾燥肌の人が増え始めてきます
10代までは肌の乾燥と無縁だったのに…なぜでしょうか。

20代の肌は下り坂に突入するので、スキンケアでかなりの差が出る時期でもあります。
そこで下り坂にストップをかけるためにも乾燥対策が必要!

ここでは乾燥肌の原因と20代の正しいスキンケアについてわかりやすく解説していきます

乾燥肌のリスクとは

「肌が乾燥するだけでしょ?そんなに困らないよ」と思っている人はご用心!
乾燥肌はとにかく怖い肌トラブル。
肌が乾燥することによってさまざまなリスクが生まれてしまいます

いつまでも10代の頃のような無敵肌と思ってはいけません。
ではまず乾燥肌の代表的なリスクをみていきましょう。

バリア機能の低下

肌が乾燥すると角質層が隙間だらけになってしまいます。
角質層とは、肌の中で一番外側にある層のことです
一番外側なので肌内部の水分蒸発を防いだり、外部刺激から肌を守ったりと重要な働きをしています。

その角質層が乾燥によって隙間だらけになると、外部の有害物質がどんどん入り込むようになるんです。
これを「バリア機能の低下」といいます。
肌が乾燥するほどバリア機能も低下していくと思ってください。

バリア機能の低下によって肌内部の水分も蒸発しやすくなるので、悪循環でますます乾燥肌が進んでしまう可能性もあります。

敏感肌に発展

バリア機能が低下すると紫外線やアレルゲンが肌内部まで入り込んできます
アレルゲンはさまざまな肌トラブルを引き起こすだけでなく、ちょっとした刺激にも反応してしまう肌へと変化させていくものです。

こうして肌が過剰な反応をするようになることを「敏感肌」といいます。

肌トラブルや肌老化

乾燥した肌は「大人ニキビ」や「毛穴トラブル」といった毛穴トラブルを招いていきます。
肌を乾燥させたままにしているとと肌のコンディションは悪くなる一方です。

さらにバリア機能の低下で紫外線が肌内部に届きやすくなると、真皮層にあるコラーゲンが破壊されてしまいます。
コラーゲンは肌の一番奥で肌の弾力を支えている成分です
このコラーゲンが破壊されてしまうと肌がたるんでしまうわけです。

こうしてシワやたるみといった肌老化の原因にもなり、一気に老け顔になってしまいます

乾燥肌の原因

肌が乾燥する原因はたくさんあります。
たとえば空気の乾燥も原因の一つです。
しかし空気の乾燥は誰もが同じように体感するもので、年齢とは関係ありませんよね?

ではなぜ10代と20代で乾燥の度合いが違ってくるのでしょうか。

加齢によって蓄積されるもの

年齢によって違いが出てくるのは、加齢によって肌にさまざまな差ができてくるからです

大きな原因として紫外線があります。
紫外線は、すぐに目に見えたトラブルを引き起こすわけではありません。
だから日焼けをしていなければ、紫外線の影響を受けていないというわけではないのです

紫外線の影響は確実に肌に蓄積されていくので、紫外線対策をしていた人と、していなかった人とでは加齢とともにどんどん肌コンディションの差がついていきます
肌の乾燥が早く始まる人は、紫外線の影響を強く受けている人に多くみられます

加齢とともに減少するもの

逆に、年齢とともに確実に減少していくものもあります。
それは肌の保湿成分です。

肌の保湿成分は、20歳頃をピークに減少の一途をたどります
これは食い止めようがありません。

この保湿成分の減少が、20代になって乾燥肌が増え始める大きな原因となります。
肌の保湿成分は意識的に自分で補給していくしかありません

日常の中にも乾燥肌の原因がある

普段の生活の中での何気ない行動が、乾燥を招いている場合もあります。

間違ったスキンケア

一番ありがちなNG行動は、間違ったスキンケアにあります。
なかでも多いのが間違った洗顔です。

洗顔は毎日する行動の一つなので、洗顔方法を間違えていると肌への負担が蓄積され続けてしまいます
とくに10代の頃はニキビに悩まされていた人が多いので、その影響か20代になってもしっかりと洗顔をしようとしている人が多いようです。

毛穴をきれいにしておこうという考えは間違っていないのですが、ゴシゴシとこすったり、洗浄力の強い洗顔料は肌の大事な保湿成分まで奪ってしまいます
10代の肌ならそれでも通用したかもしれませんが、保湿成分の減少が始まる20代の肌では耐えきれません。
肌に負担をかけない、正しい洗顔方法で洗顔してください。

正しい洗顔方法をチェック!

今さら聞けない!正しい洗顔方法のチェックポイントは?

2016.03.16

乱れた生活習慣

乱れた生活習慣も肌の乾燥を引き起こす原因になります。
軽くみられがちですが、肌は外部からよりも内部の影響を大きく受けます

たとえば睡眠は肌のターンオーバーにかなりの影響を与えます
睡眠不足が続くと、どんなにスキンケアを頑張ってもコンディションが整いません。
逆に良質な睡眠をしっかりととっていれば、まるで高い美容液を使っているようなきれいな肌になります。

そして食生活も肌に大きな影響があります。
そもそも肌を作るのは、食事からとり入れる栄養素だからです

20代に入ったら睡眠不足偏った食事にとくに気をつける必要があります。

過度なダイエット

代謝が衰え始める20代になると、ダイエットで無理をする女性も増えてきます。
しかし過度なダイエットも肌を乾燥させ、不調を招きます。
肌が栄養不足になったり、血行不良を起こしたりするからです

せっかくスリムな体を手に入れても肌がボロボロでは台無しになりかねません。
肌のコンディションを整えるためにも、ダイエットで栄養不足にならないように気をつけてください。

乾燥肌を防ぐ方法

乾燥肌を防ぐためにできることはたくさんありますが、まず始めておきたいことが2つあります。

正しい洗顔

前述した通り、間違った洗顔方法をしてはいけません。
洗顔料はなるべくマイルドなものを選んでください。

そして泡立てネットなどを使い、しっかりと泡を立てます。
きめ細かい泡は吸着力があるからです

きめ細かい泡ができたらこする必要はありません。
その泡で撫でるように(泡を転がすイメージで)顔を洗っていきます

洗い流すときは熱いお湯を使わずに、常温~ぬるま湯のお湯で洗い流してください。

とにかく洗顔の中では、肌への刺激をできるだけ少なくすることが大切なポイント
洗顔フォームよりも洗顔石鹸での洗顔がおすすめです。

洗顔フォームと洗顔石鹸の違いをチェック

洗顔は石鹸の選び方で大きく変わる!洗顔フォームとの違いは?

2016.07.02

保湿に力をいれたスキンケア

10代の頃は化粧水だけなんとなく付けていただけの人もいるかもしれません。
しかし化粧水だけでは保湿にならず、水分はすぐに蒸発していってしまいます。

本当の保湿とは「肌が保水できる状態」にすること。
化粧水で水分を補給したら、保湿成分の入ったクリームや美容液をとり入れることが保湿です。
肌本来の保湿成分が減少しはじめる20代になったら、こうしたスキンケアでの保湿をしっかりととり入れて肌乾燥を防いでいきます。

そして肌の保湿成分といってもいろいろあります。
コラーゲンヒアルロン酸セラミドがその代表格。
その中でもとくにおすすめしたいのはセラミドです

セラミドとは角質層の主成分になっている保湿成分。
前述したように、角質層はバリア機能を担っている層です。
つまり角質層を強化するにはセラミドの補給がポイントになります。

セラミドをとり入れることで保湿と同時にバリア機能も強化。
すでに肌乾燥が始まっている人も、これからの肌乾燥が気になる人も、保湿成分をとり入れ始めるならセラミドがおすすめです。

セラミドについて詳しくチェック!

保湿成分ならセラミド!セラミドの基礎知識を5分で学ぼう

2016.01.26

セラミド選び、間違ってない?セラミドの種類をまるごと解説

2016.01.27

セラミド配合のスキンケア商品

ではセラミド配合のスキンケア商品を少しご紹介しておきます。
トライアルでお手頃価格のものをピックアップしますので、セラミドでの保水力を試してみてください。

■アヤナス/ディセンシア
ディセンシアはポーラ・オルビスグループが提供する敏感肌に向けたブランド。
バリア機能が低下している敏感肌のためにセラミドをしっかりと配合しているラインナップです。

アヤナスシリーズで配合されているセラミドはセラミドナノスフィア
通常のセラミドの20分の1のサイズで、4倍もの浸透力によって角質層を満たしてくれます

【保湿&ハリ訴求】アヤナストライアルセット

■つつむ/ディセンシア
こちらもディセンシアの商品、つつむシリーズ。

つつむではヒト型セラミドを配合。
さらにヴァイタサイクルヴェールによって角層のすみずみまで潤していきます
徹底保湿にこだわった商品。

【バリア機能をサポート】つつむトライアルセット

■米肌/コーセー
コーセーから販売されている米肌シリーズはセラミドが配合されているわけではありません。
セラミドの生成を促進するライスパワーNo.11を配合しています

つまり自ら保水できる肌(セラミドを生成できる肌)を作っていこうというコンセプト。
ライスパワーNo.11は水分保持能を改善できる唯一の成分として、厚生労働省に認可されている成分です。

米肌トライアルセット

乾燥肌対策が、未来の肌を左右する

肌を乾燥したままにしておくか、しっかり対策をとって乾燥させないようにするか、この違いが今後の肌の違いを作っていきます。
肌は一度老化してしまうとセルフケアではなかなかもとに戻せません。
しかし老化をある程度防ぐことはセルフケアでも可能です。

乾燥肌対策は肌老化予防の大事なキーポイントになります。
10年後に年齢よりも若く見られる肌であるために、20代に入ったら乾燥肌対策をしっかりとしておきましょう!

スポンサーリンク