20代から増え始める乾燥肌。乾燥肌の原因に気を付けて!

20代に入ると、少しずつ乾燥肌の人が増え始めてきます。
10代までは肌の乾燥と無縁だったのに…なぜでしょうか。

今回は、乾燥肌の原因についてわかりやすく解説していきましょう。

乾燥肌になると、どうなるの?

毎日スキンケア

とはいえ、肌が乾燥するだけでしょう?そんなに困らないよ、と思っている人!甘いですよ!乾燥肌は、とにかく怖い現象なんです。

バリア機能が低下

肌が乾燥すると、角質層が隙間だらけになってしまいます。
その隙間から、外部の有害物質がどんどん入り込むようになるんです。
これが「バリア機能の低下」です。

敏感肌に

バリア機能が低下すると、紫外線やアレルゲンが肌内部まで入り込んできます。
アレルゲンは、さまざまな肌トラブルを引き起こしたり、ちょっとした刺激にも反応してしまう「敏感肌」に悪化させてしまいます。

肌トラブルや肌老化

乾燥した肌は、「大人ニキビ」や「毛穴トラブル」を招いていきます。
肌を乾燥させたままにしているとと、肌のコンディションは悪くなる一方です。
そして、シワやたるみといった肌老化の原因にもなり、一気に老け顔になってしまいます。

乾燥

乾燥肌の原因

毎日スキンケア

肌が乾燥する原因は、たくさんあります。
たとえば、空気の乾燥も原因の一つです。
しかし、空気の乾燥は誰もが同じように体感するもので、年齢とは関係ありませんよね?

では、なぜ10代と20代で乾燥の度合いが違ってくるのでしょうか。

加齢によって蓄積されるもの

年齢によって違いが出てくるのは、加齢によってさまざまな差ができてくるからです。

大きな原因として、紫外線があります。
紫外線は、すぐに目に見えたトラブルを引き起こすわけではありません。
だから、日焼けをしていなければ、紫外線の影響を受けていないというわけではないのです。

紫外線の影響は、確実に肌に蓄積されていくので、紫外線対策をしていた人と、していなかった人とでは、加齢とともにどんどん肌コンディションの差がついていきます
肌の乾燥が早く始まる人は、紫外線の影響を強く受けている人に多く見られます。

加齢とともに減少するもの

逆に、年齢とともに確実に減少していくものもあります。
それは、肌の保湿成分です。

肌の保湿成分は、20歳ころをピークに減少の一途をたどります。
それは、食い止めようがありません。

この保湿成分の減少が、20代になると乾燥肌が増え始める大きな原因となります。
肌の保湿成分は、意識的に自分で補給していくしかありません

日常の中にも乾燥肌の原因がある

普段の生活の中での何気ない行動が、乾燥を招いている場合もあります。

一番ありがちなNG行動は、洗顔にあります。
洗顔は毎日する行動の一つなので、洗顔方法を間違えていると、肌への負担が蓄積され続けてしまいます。
とくに10代の頃はニキビに悩まされていた人が多いので、その影響か20代になってもしっかりと洗顔をしようとしている人が多いようです。

毛穴をきれいにしておこうという考えは間違っていないのですが、ゴシゴシとこすったり、洗浄力の強い洗顔料は、肌の大事な保湿成分まで奪ってしまいます。
10代の肌ならそれでも通用したかもしれませんが、20代の肌では耐えられなくなってしまいます。
肌に負担をかけない、正しい洗顔方法で洗顔してください。

正しい洗顔方法については、こちらの記事を参考にしてください

今さら聞けない!正しい洗顔方法のチェックポイントは?

2016.03.16
敏感肌、ファンデーション

乾燥肌を防ぐ方法

毎日スキンケア

乾燥肌を防ぐためにできることはたくさんありますが、まず始めておきたいことが2つあります。

正しい洗顔

前述した通り、間違った洗顔方法をしないようにしましょう。
洗顔料は、なるべくマイルドなものを選んでください。

泡立てネットなどを使い、しっかりと泡を立てたら、その泡で撫でるように顔を洗っていきます。
こすってはいけません。
洗い流すときは、熱いお湯を使わずに常温~ぬるま湯のお湯で洗い流してください。

セラミドをとり入れる

肌の保湿成分はいろいろあり、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドがその代表格です。
その中でも、とくにおすすめしたいのはセラミドです。

セラミドを補給することで、保湿と同時にバリア機能も高くなります
すでに乾燥が始まっている人も、これからの乾燥が気になる人も、保湿成分をとり入れ始めるならセラミドを選びましょう。

セラミドについての詳しい記事はこちら

保湿成分ならセラミド!セラミドの基礎知識を5分で学ぼう

2016.01.26

セラミド選び、間違ってない?セラミドの種類をまるごと解説

2016.01.27

s-ka-nibaru

乾燥肌の対策が、未来の肌を左右する

肌を乾燥したままにしておくか、しっかりと対策をとって乾燥させないようにするか、この違いが今後の肌の違いも作っていきます。
肌は、一度老化してしまうとセルフケアではもとに戻せません。
しかし、老化をある程度防ぐことはセルフケアでも可能です。

乾燥肌対策は、その肌老化防止の大事なキーポイントになります。
10年後に、年齢よりも若く見られる肌であるために、乾燥肌対策はしっかりとしておきましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク