肌のハリが欲しかったらコラーゲンを!コラーゲンの基礎知識

保湿成分にもいろいろな種類がありますが、肌のハリが気になるなら選ぶべき保湿成分はコラーゲンです。
コラーゲンといえば、よく食べものにも含まれていて「コラーゲン入り」なんてパッケージに書いてあると、つい目が行きますよね。

そんな、保湿成分の中では一番身近な存在といえるコラーゲンですが、どんな成分なのか、どんな性質をもっているのかを解説していきましょう。

コラーゲンとは

毎日スキンケア

コラーゲンとは、タンパク質の一種です。

コラーゲンは骨、血管、真皮、歯など、体のあらゆる部分に存在しています。
それだけにコラーゲンの生成が減少してしまうと、体のあらゆる部分が劣化してしまいます。

コラーゲンの肌への働き

コラーゲンの働きは、細胞同士を結合させるといったものです。
だから、真皮に網目のように存在しているコラーゲンが減少すると、細胞同士がうまくつながらなくなり、ダランとたるんでしまいます。
これが、肌のたるみになってしまうのです。

つまり、コラーゲンは肌の一番下で「ハリ」をつくる働きをしてくれているのです。

コラーゲンでの保湿

コラーゲンには、保湿の働きもあります。

肌の一番奥にある、真皮の約70%はコラーゲンで構成されています。
つまり肌の一番奥で水分を保持しているのは、コラーゲンということになります。
コラーゲンが減少すると肌のハリだけでなく、水分の保持もできなくなってしまいます。

セラミドは外、コラーゲンは中

コラーゲンは肌の一番奥(真皮)で水分を保っているわけですが、反対に一番外側(角質層)で水分を保持しているのがセラミドです。


ここで覚えておきたいのは、外側のセラミドはバリアの役目をもっているということです。
そのセラミドが減少すると、内側のコラーゲンが破壊されやすくなってしまいます。
せっかくコラーゲンを摂取しても、セラミドが少ないと、コラーゲンの働きが半減してしまうということです。

プラセンタ

コラーゲンのとりかた

毎日スキンケア

コラーゲンは摂取が難しく、とりかたに工夫が必要な成分です。

コラーゲンは分子が大きい

コラーゲンはタンパク質の一種ですが、タンパク質というのは摂取が難しい成分です。
さらにコラーゲンは分子が大きく、肌の一番奥の真皮まではなかなか到達させることができません
イオン導入器なども通用しない成分です。

分子が小さいコラーゲンをとる

分子の大きいコラーゲンを肌の外側からとり入れるためには、なるべく分子を小さくしたものを選ぶ必要があります。
スキンケアでコラーゲン入りの商品を選ぶときには、マイクロコラーゲンペプチドコラーゲンといった、低分子やナノ化分子などであるかを確認しましょう。

ただしこういった低分子のコラーゲンをうまく真皮まで届けたとしても、自ら生成されたコラーゲンでなければ定着はできません。
保湿のみの働きとなります。

コラーゲンを生成する成分

そこで摂取が難しいコラーゲンの場合は、コラーゲン自体をとり入れるよりも、コラーゲンを生成する力を上げたほうが効率的という考えかたもあります。
とくに欧米では最近、そういった「生成力を上げる成分」のほうに注目が集まっているようです。

コラーゲンの生成力を上げる成分として有名なのが、ビタミンCレチノールです。
つまり、スキンケア商品で「ビタミンC誘導体」が配合されている商品も、コラーゲンの生成に役立つということです。

ピーリング、シミ

CVアルギネートに注目!

毎日スキンケア

コラーゲンの生成力を上げる成分として、新しく注目されているのがCVアルギネートです。
「コラーゲン生成のための夢の成分」といわれ、コラーゲンを生成する線維芽細胞の働きを活発にする成分です。

CVアルギネートを線維芽細胞に添加することによって、コラーゲンの生成量が1.7倍になったという実験結果が出ています。
現存しているコラーゲンの増量方法としては、新しく期待がもてる成分です。

肌がみるみる若返る!?注目の成分「CVアルギネート」とは?

2016.04.23
s-hart3

コラーゲンで若々しい肌を!

コラーゲンを上手にとることができれば、ハリや弾力が保たれて、シワやたるみといった年齢肌の悩みを一気に解消することができます。
なかなか扱いにくい成分ではありますが、工夫次第で保持量を増やすこともできます。
これからの年齢肌が気になる人も、すでに年齢肌が気になっている人も、上手にコラーゲンをとり入れてエイジング対策をしていきましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク