セラミドの減少が怖い!肌を守るために、セラミドを守るには?

肌の大切な保湿成分、セラミド。
肌の保湿だけでなく、肌を守るためのバリア機能も高めてくれます。

最近では、スキンケア商品を選ぶときに、セラミド配合のものを購入する人も増えてきました。
今回は、そんな人気成分セラミドを「守る成分」にスポットをあてたいと思います。

肌にとって、セラミドはどのくらい大切?

毎日スキンケア

では、まずセラミドが私たちの肌にとって、どんな働きをしているかをみておきましょう。

セラミドは角質層の中で働いている

セラミドは、角質層の中にある「細胞間脂質」の主成分です。
そして角質層の中は、この細胞間脂質と角質細胞とで構成されています。

角質層は肌の一番外側にあり、角質層が水分で満たされていると、肌が潤うだけでなく、肌を守るバリア機能も高まります

角質層の水分はセラミド次第

では、角質層がどうやって水分を保つのかというと、そこでセラミドの登場です。

角質層の水分の約80%は、細胞間脂質(つまりセラミド)が守ってくれています。
つまり、セラミドが減少してしまうと、角質層は水分を保てなくなるのです。

角質層の水分が減少すると?

では、角質層の水分が少なくなってしまうと、肌はどんな状態になるのでしょうか?

まず、肌が乾燥するので、キメがなくなったり、肌トラブルが起きたり、しわができやすくなったりします。

しかし、一番怖いのはバリア機能の低下です。
角質層の中の水分が減ってスカスカになると、紫外線やアレルゲンといった、外部刺激が肌内部に侵入しやすくなります。
外部刺激は、敏感肌を招いたり、一気に肌老化を招いてしまったりもします。

さらに、角質層より内部の水分も蒸発しやすくなるので、乾燥が進み、悪循環となってしまいます。

美白成分、種類

セラミドの種類

毎日スキンケア

一言でセラミドといっても、人がもつセラミドは「セラミド1」~「セラミド7」まであります。

一番欲しいセラミドは?

それぞれのセラミドが、それぞれの働きをしていますが、一番水分にかかわっているのが「セラミド2」です。
角質層の中の水分量を多くしたいなら、セラミドの中でもっとも「高い水分保持機能」があるセラミド2をとり入れるのがおすすめです。

セラミドの種類について、詳しい記事はこちら

セラミド選び、間違ってない?セラミドの種類をまるごと解説

2016.01.27
唇

セラミドを守る成分

毎日スキンケア

このように、肌のうるおいを守るために大きな働きをしてくれる、セラミドをスキンケアにとり入れる人が増えてきました。
それなら、さらに効率よくセラミドを肌に保つため、セラミドを守る成分にも注目しておきましょう。

エモリエントプール成分

エモリエントプール成分とは、「水分蒸散防止成分」です。
肌の表面を覆って、水分と一緒にセラミドの蒸発を防ぐ成分です。

POs-ca(ポスカ)

ポスカは、隣り合った細胞同士を密着させる成分です。
密着させることで隙間をなくし、やはりセラミドの蒸発を防ぐ働きをします。

どちらの成分も、肌の表面にフタをしてセラミドを守るといったものです。

アトピー、ファンデーション

本気でセラミドが欲しいなら、この商品!

毎日スキンケア

肌に、よりセラミドをとり入れたいなら、おすすめはディセンシアから発売されている「つつむ」です。

前述した、高い水分保持機能をもつ「セラミド2」が高濃度で配合されているだけでなく、ナノサイズにすることで浸透力がかなり高くなっています。
さらに、注目の「エモリエントプール成分」まで配合されています。
まさに、肌にセラミドを保つために特化した商品といえます。

「つつむ」について詳しくはコチラから
↓   ↓   ↓
【バリア機能をサポート】つつむトライアルセット

つつむは管理人も試しました。
化粧水はそこまで手ごたえを感じませんでしたが、クリームの保湿力はバッチリの手ごたえ!
翌朝まで保湿感がしっかりで、膜感があるタイプです。

セラミドをとり入れて、守る時代に!

セラミドをとり入れる人は増えてきましたが、さらに守る成分までとり入れる時代になってきそうです。
たしかに、ただセラミドをとり入れるだけでなく、セラミドを守る成分もとり入れていったほうが、効率よくセラミドを肌に保つことができます。
真剣にセラミドスキンケアをしたいなら、こういった成分も選択していきましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク