油断大敵!20代に突入したら、そろそろ毛穴ケアも!

ついこの前まで10代で肌トラブルなんて気にしたことがない!という20代の人、油断大敵です。
10代の肌と20代の肌を同じに考えてはいけません。

20代の肌は「下り坂」です。
下ってくのを止めるにはスキンケアを頑張るしかないのです

では気を付けておきたいケアのポイントはなんでしょうか。
今回は、20代の毛穴ケアにスポットをあててみます。

20代で毛穴が目立つように!

ついこの前までは肌になんの問題もなく過ごしていたのに、ある日突然毛穴の存在が気になりだした!
そうです、20代になると毛穴を気にする人が急に増えてくるのです

これは20歳頃から肌の保湿成分が減少していくことが原因です
しかししっかりとしたスキンケアをすれば、まだまだ毛穴レスの肌が維持できる年代でもあります。

毛穴レスとは?

つい最近まで毛穴が気にならなかったなら「毛穴レス」という言葉もピンとこないかもしれませんね。
ここで簡単に説明しておきましょう。

毛穴レスというと「毛穴がない」という意味になりますが、実際に毛穴がないわけではありません。
肌には必ず毛穴があり、その数は増えたり減ったりはしません。
つまり毛穴レスとは「毛穴が目立たない肌」のことを指します

自分の肌の毛穴が気になりだしたら、「毛穴が目立つ肌コンディションになってきた」ということです。

20代の肌状態

ではどうして毛穴が目立つような肌コンディションになってしまうのでしょうか。

それは、肌のピークは10代までで20代になるとさまざまなものが衰えはじめてしまうからです
その代表格が「保湿成分の生成力」や「新陳代謝」です。

肌の保湿成分を生成する力が衰えれば、肌のキメがなくなります。
新陳代謝が衰えれば、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

こういった原因で20代になると肌コンディションが下がっていきます。

肌のキメがなくなると?

キメが整っている肌は毛穴が目立ちません。
だからキメが整っていた10代には毛穴も目立たなかったはずです。

しかし20代になってキメがなくなっていくのと同時に、毛穴が目立つようになっていきます
皮丘(ひきゅう)が不規則になってしまい、皮溝(ひこう)も深くなっている状態だからです。

肌のキメについて詳しくチェック

きめ細やかな肌の目指しかた!肌の「きめ」ってなに?

2016年2月19日

ターンオーバーが乱れると?

肌のターンオーバーが乱れると毛穴に角質が詰まりやすくなります。
これも毛穴が目立つ原因になります。

20代というと、まだ皮脂の分泌は盛んな年代です。
その皮脂が古い角質と結びつくことで「角栓」になってしまいます。

角質はターンオーバーで排出されるのが普通ですが、ターンオーバーが乱れていると排出されにくくなります。
そして角栓になりやすくなってしまうわけです。
毛穴に詰まった角栓は、毛穴を広げて目立ちやすくしてしまいます


ちなみに角栓が酸化すると毛穴が黒く見えます。
「黒ずみ毛穴」という毛穴トラブルですが、いわゆる「イチゴ鼻」の状態のことです。

20代でとり入れたい毛穴ケア

なんとなく毛穴が目立ってくる理由がわかってきたかと思います。
では、どうしたら毛穴が目立たないコンディションが作れるのでしょうか。

保湿スキンケアをとり入れる

10代までは「保湿」なんて意識していなかったと思います。
しかし20代に入ったら保湿が必要になってきます。

まだ皮脂分泌も盛んなので保湿は必要ないと思っているかもしれませんが、皮脂と保湿は別問題です。
肌表面が皮脂で覆われていても、肌内部に保湿成分が足りなくなってくるのが20代だからです

そして保湿成分が足りなくなると、皮脂がますます過剰になって毛穴が目立つようになってしまいます。
だから皮脂をコントロールするためにも、保湿が必要になってくるのです

おすすめ保湿成分は「セラミド」

ではどんな保湿成分が効果的なのでしょうか。
保湿成分で有名なものは「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」などがあります。
その中で一番おすすめしたいのはセラミドです。

セラミドは、肌の一番外側の角質層で水分を挟み込む成分なので肌のバリア機能の強化にもなります。
ほかの保湿成分を守ることもできるので効率的に保湿ができる成分です

三大保湿成分についてチェック

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016年2月8日

毎日の洗顔を丁寧に

10代のころは皮脂を気にしてゴシゴシ洗っていたかもしれませんが、20代になったら丁寧に洗顔しましょう。
洗顔は毎日のことなので、間違った洗顔は肌にストレスを与え続けることになってしまいます。
刺激の少ない洗顔料を泡立てネットでよく泡立て、やさしく撫でるように洗うのがポイントです。

きめ細かい泡には吸着力が生まれるのでゴシゴシこする必要はありません

洗い流すお湯にも気を付けてください。
熱いお湯は肌の保湿成分まで流してしまいます。
洗顔料はぬるま湯で流すのが基本です

正しい洗顔について詳しくチェック

今さら聞けない!正しい洗顔方法のチェックポイントは?

2016年3月16日

20代はまだまだきれいな肌!

20代ならスキンケアをしっかりすることで、まだまだきれいな肌を維持することができます。
少しずつでいいので保湿を意識したスキンケアをとり入れていきましょう!

スポンサーリンク