30代突入で毛穴の悩みが深刻に!その解決策は?

30代になると、毛穴の悩みが深刻になってきます。
30代の女性に「肌の気になるところは?」と質問すると、33%が「毛穴の目立ちが気になる」と答えたアンケート調査もあります。
3人に1人が、毛穴に悩んでいることになります。

では、そんな30代の毛穴が気になる原因と、解決策をみていきましょう。

30代におきやすい毛穴トラブルは?

毎日スキンケア

30代で、毛穴が目立つようになる毛穴トラブルの種類は、「開き」「ゆるみ」が代表的です。
どちらも、毛穴が広がることで目立つようになるのですが、原因も違うし、解決策も違っています

まずは、自分の毛穴トラブルがどちらかを見極めてください。

毛穴トラブルの種類について詳しい記事はこちら

毛穴トラブルの種類はいろいろ!あなたは危険度いくつ!?

2016.01.20

開き毛穴は、角質のせい

毎日スキンケア

毛穴が広がっている状態、つまり「開き毛穴」となっている場合は、「角質」が原因になっている可能性が高いです。

20代までは、皮脂が過剰に分泌されることが原因で開き毛穴になるのですが、30代になると原因が変わってきます。

20代のころよりも、かなり肌の保湿成分が減少してくる30代では、肌の乾燥も進みやすくなります。
肌が乾燥すると、角質が毛穴に溜まりやすくなって、ターンオーバーも乱れがちに…。
ターンオーバーが乱れた肌は、皮膚の表面が硬くなり、クレーターのように盛り上がって毛穴を開いてしまいます。

30代の開き毛穴対策・1

まずは保湿です!肌の乾燥を食い止めることが、一番の対応策になります。

保湿成分が足りなくなっている肌に、保湿機能の高い成分をとり入れていきましょう。
肌の表面だけを化粧水で濡らして、「保湿した」と思ってはいけません。
それでは壁を濡らしているのと同じで、乾燥していくときに肌の保湿成分まで蒸発してしまいます。

肌内部の「水分保持能力」を上げることができる、保湿成分でのスキンケアが必要です。

保湿成分についての詳しい記事はこちら

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016.02.08

30代の開き毛穴対策・2

保湿スキンケアに加えて、ビタミンC誘導体がおすすめです。
ビタミンCというと、美白のイメージが強いかもしれませんが、皮脂の分泌を抑えたり、毛穴を引き締める効果もあります。
開き毛穴の改善には、とても有効な成分なんです。

ビタミンC誘導体にもいろいろな種類がありますが、今注目されているのは「APPS」という高浸透型ビタミンC誘導体です。
浸透力、持続性ともに、従来のビタミンC誘導体よりもかなり高い、おすすめの成分です。

s106

肌のたるみで広がる、たるみ毛穴

毎日スキンケア

ほかの毛穴トラブルと違って、毛穴自体に問題があるわけではなく、肌のたるみが原因で毛穴までたるんでしまうというのが「たるみ毛穴」です。

毛穴をよく見ると、丸く広がっているわけではなく、しずくの形に広がっています。
肌をそっと持ち上げると、毛穴が目立たなくなるという特徴もあります。

肌のたるみが原因なので、肌の力を底上げする必要があります。

30代のたるみ毛穴対策・1

肌のハリを取り戻すために、「コラーゲン」をとり入れるようにしましょう。
ただし、コラーゲンは分子が大きく、肌に浸透しにくい成分です。
マイクロコラーゲンや、ペプチドコラーゲンといった、分子を小さくしたものを選ぶ必要があります。

また、コラーゲンを生成しやすくする成分をとり入れたほうが、効率がいいという考えかたもあります。
コラーゲンを生成しやすくする成分は、ビタミンCです。
開き毛穴と同様に、浸透力や持続性の高いビタミンC誘導体をとり入れていきましょう。

30代のたるみ毛穴対策・2

肌のたるみは、血行不良が原因となっている場合が多いです。
マッサージクリームやオイルを使って、やさしくフェイスマッサージをして血行を促進してあげましょう。

s-hart3

まだ頑張れる30代!

30代はスキンケアを頑張ることで、まだキメの整った肌を維持できる年代です。
しかし20代のころよりも、使うスキンケア商品にも気を使わなくてはいけません。
自分の肌コンディションに合わせて、必要な成分をしっかりととり入れていくようにしましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク