あなたの大人ニキビは大丈夫?ありがちなNGケア・3選!

最近、大人になってからできる大人ニキビの人が急増中です。

ニキビはメイクをしていてもかなり気になるし、早く治したいと誰もが思うものです。
そこであれこれ大人ニキビ対策をしてみたけど、一向に治らない…。
それはもしかしたら、ニキビにNGなケアをしてしまっているかも!?

今回は日常の中でありがちな、ニキビへのNG特集です。
間違ったケアでニキビを悪化させないためにも、NGなケア方法おすすめのケア方法をチェックしておきましょう!

大人ニキビに、こんなNGケアしてない!?

毎日スキンケア

普段の肌状態なら大丈夫なことでも、ニキビのときには避けたいこともあります。
自分にはあてはまらないかどうか、もう一度再確認です!

1・いつもと同じリキッドやコンシーラー、使ってない?

いつもファンデーションはリキッドタイプを愛用!カバー力があるからニキビだって隠せる!と思ったら、ちょっと待ってください。

リキッドやコンシーラーはカバー力が強い代わりに、油分がかなり含まれています
ニキビには油分が大敵です。
ニキビを治しにくくするだけでなく、ニキビ跡を残してしまう可能性まであるんです。

ニキビのときには、愛用のリキッドファンデーションはお休みにしましょう。
ニキビを隠すよりも、治すことを優先にすることが大切です。
どうしてもニキビを隠したいときは、ニキビ用のコンシーラーを上手に使うのがおすすめです。

ニキビのときはパウダータイプを

ニキビができている肌には、パウダータイプのファンデーションが無難です。
とくにおすすめはミネラルファンデーション
ミネラルのみでつくられていて、油分がなく肌にやさしいからニキビ肌への負担がありません。

とくに、亜鉛マイカが配合されているものがニキビにはおすすめです。
抗炎症作用があるので、荒れた肌を整えてくれます。

ただしミネラルファンデーションといってもいろいろあり、油分やミネラル以外の成分が配合されているものもあります
よく検討して、100%ミネラルのものを選んでください!

管理人が愛用しているミネラルファンデーションはこちらのメーカー。
「ディアミネラルファンデーション」を使っています。
ミネラルのみなのに、ちゃんと肌がきれいに見えてお気に入りです。

↓   ↓   ↓

2・いつもより、洗顔し過ぎてない?

ニキビが気になる女性にありがちなのは、過度の洗顔です。
皮脂や毛穴の汚れをすっきり洗い流したほうが、ニキビが早く治りそう!と思ってしまいますよね。

たしかにニキビの原因は、過剰な皮脂分泌や毛穴の詰まりです。
でも、それを洗顔でコントロールしようとしてはいけません。

過度な洗顔は、肌の保湿成分までごっそりと落としてしまいます。
肌の保湿成分が足りなくなるとさらに皮脂分泌が多くなってしまい、ニキビが悪化することもあります。

肌の皮脂は、保湿でコントロール

大人ニキビのときは、肌を保湿して皮脂をコントロールしていきましょう。

大人ニキビの場合は、肌が乾燥することでニキビが発生しやすくなります。
肌の保湿をしっかりとすることで皮脂がコントロールされ、ニキビが改善されやすくなります。

ニキビのときは、洗顔料は1日1回!?

洗顔料には界面活性剤という成分が含まれていて、かなり脱脂力が高くなっています。
界面活性剤が含まれていない洗顔料なら、朝と夜に洗顔料を使ってもいいでしょう。
しかしパッケージの裏を確認して界面活性剤が含まれているなら、洗顔料の使用は夜だけにして、朝はぬるま湯だけの洗顔がおすすめです。

洗顔料を洗い流すときも、必ずぬるま湯程度の温度が基本です。

グルコサミン

3・メイク直しに、あぶらとり紙を使ってない?

メイク直しのときに、あぶらとり紙を使っている人も多いはずです。
しかしニキビのときは、あぶらとり紙もお休みしましょう。
洗顔料と同じく、皮脂を取り過ぎてしまいます。

しかし肌が皮脂でテカっていては、メイク直しができません。
そこで、ティッシュが活躍できます。
ティッシュにはあぶらとり紙ほどの脱脂力がないので、ニキビのときにはもってこいなんです。

ゴシゴシこするのはダメ!

ティッシュで皮脂を取り除くのに、肌をこするのは絶対にいけません。
ティッシュを一枚広げて顔にそっと乗せたら、押さえて数秒待ちます。
これで、ティッシュの皮脂オフは完了です。

s-bag

大人ニキビのときは、低刺激で!

今回は、ありがちなNGを3つ取り上げてみました。
しかし、ほかにもNGなケアはたくさんあります。

ニキビのときには肌のバリア機能も低下していると考えられるので、とにかく「低刺激」を心がけることが大切です。
肌に刺激を与えないように、上手にケアしていきましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク