花粉症に悩む女子必見!花粉の季節にとるべきスキンケア対策は?

とうとう花粉の季節到来!

毎年、この時期は憂鬱になってしまう花粉症女子たち!
そして、なんとな~く花粉症になりそうな気配の女子たち!
くしゃみや鼻水だけでなく、肌荒れも怖い時期に突入です。

では、そんな肌荒れが怖い季節にどんなスキンケア対策を取るべきでしょうか。
今回は花粉症女子に向けて、おすすめの3つのスキンケア対策をご紹介していきます。

花粉症が肌荒れの原因になる!?

毎日スキンケア

ではまず、花粉症の時期のスキンケア対策の前に、なぜ花粉で肌荒れが起きるのかを簡単に解説しておきましょう。

花粉はアレルギー物質です。
そのアレルギー反応で花粉症が発症してしまいます。
そして、肌にもそのアレルギー反応が起きるのです。
だから肌内部にアレルギー物質が侵入することで肌荒れが起きます。

花粉症が発症していなくても、誰もが花粉(アレルギー物質)が飛び交う時期は、肌が敏感になりがちになっています。

花粉症のスキケア対策・3選

毎日スキンケア

では、そんな花粉の時期に取っておきたいスキンケア対策をみていきましょう。

対策1・バリア機能重視

普段のスキンケア商品をいったん横に置いて、花粉の時期はとことんバリア機能を重視するスキンケアにしましょう。
アレルギー物質である花粉を肌内部に入れないためには、肌のバリア機能を高めるしかありません。

肌のバリア機能は、肌の一番外側にある「角質層」の働きによるものです。
しかしアレルギー反応によって花粉の時期は角質層が乾燥し、バリア機能もうまく機能せずに、どんどん花粉が内部に侵入してしまいます。
そこで、しっかりとバリア機能を高める必要があるんです。

角質層の水分量を増やし、バリア機能を高める成分は「セラミド」です。
セラミド配合のスキンケア商品をとり入れるようにしましょう。
敏感肌用のスキンケア商品にはセラミド配合のものが多いので、花粉の時期だけでも敏感肌用のスキンケアシリーズに切り替えるのもおすすめです。

対策2・ミネラルファンデーション

花粉の時期には、ファンデーションにも気を使いましょう。
ファンデーションはスキンケア商品と同じで、ほとんど毎日肌に乗せるものです。
花粉で荒れている肌をいたわるためにも、いつものファンデーションはお休みにしてください。

とくにリキッドファンデーションは、花粉症の肌には厳禁です。
リキッドファンデーションはカバー力がある代わりに油分が多いので、肌への負担がかなり多くなってしまいます。
また、リキッドの油分に花粉が付着しやすくなってしまいます。

おすすめは、ミネラルのみで作られたミネラルファンデーションです。
ミネラルファンデーションは肌への負担がないので、荒れた肌への負担を最小限に留めることができます。

とくにマイカ亜鉛といったミネラルは、抗炎症作用があるので荒れた肌におすすめの成分です。
商品を選ぶときの参考にしてください。

ミネラルファンデーションの注意点

ミネラルファンデーションを選ぶときに、注意しておきたい点があります。
じつは「ミネラルファンデーション」という名称を使うための基準がありません。
そのために、ミネラルファンデーションという名前をつけていながら、ミネラル以外の成分がビックリするくらい配合されている商品もあります。

花粉の時期には、ミネラルのみのミネラルファンデーションを選んでください!

対策3・一時中止したいケア

花粉で荒れた肌は、かなり弱っていますし、乾燥もしています。
だから、いつもは定期的にケアにとり入れているとしても「ピーリング」「スクラブ」「レーザートリートメント」など、肌に刺激を与えるケアは一時中止しましょう。

花粉の時期が終わり、肌のコンディションが元通りになったら再開してください。

敏感肌、ファンデーション

花粉症の肌・番外編

毎日スキンケア

もう少しだけ、花粉症女子が気を付けておきたいポイントを追加しておきます。

メガネ、マスクの着用

花粉との接触を避けるために、外出時はメガネやサングラスを着用しましょう。
花粉症がひどければ、当然マスクは着用していると思いますが、花粉症っぽいな?と思った時点でもマスクを着用しておくようにしましょう。

皮膚科で相談も

花粉は毎年飛散する量も違っています。
当然、花粉での肌荒れの度合いも毎年違ってきます。

今年はひどいな、と感じたら皮膚科での相談も検討しましょう。
対策を取るだけでは乗り切れなくても、皮膚科で正しい治療をしてもらうことで症状が緩和できます。

s-flower

がんばれ!花粉症女子

花粉症女子にとって、本当にこの時期は大変です。
肌が荒れると、化粧ノリも悪くなるし、顔色も悪く見えてしまいます。
せめて肌はしっかりといたわって、少しでも肌荒れを軽減していきましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク