春の紫外線は要注意!3月から紫外線対策をするべき理由とは?

そろそろ過ごしやすい季節になってきました。
歩いても気持ちがいいので外で過ごす時間も増えてくると思います。

しかし外に出るときに、まだそれほど日差しは強くないと油断してはいけません
しっかりと紫外線対策をしていかないと肌が紫外線の攻撃を受けてしまいます!

今回は春先の紫外線について詳しく解説していきましょう。

紫外線は春先から強くなる!

3月あたりはまだ冬の気分で、紫外線に対しての意識がゆるいままになりがちです。
しかし3月に入ると紫外線の量は9月とそれほど変わらないくらいの量になってきます。
そして4月ともなればほぼ9月と変わりません

あの、まだ残暑が厳しい9月と同じくらいと考えるとちょっと怖くなりませんか。

気象庁によるUV-B量の月平均(1994-2008年つくば観測)

3月 11.63
4月 16.36
7月 23.56
9月 16.51
12月 4.8

(単位kJ/㎡)

3月から対策が必要

9月はまだ夏の名残りで紫外線対策をしっかりしているのに、3月は9月ほどの紫外線対策をしている人が少ないようです。
しかし春先こそ紫外線対策が大事なんです

なぜなら紫外線が少ない冬を過ごしていた肌は、紫外線への耐性が弱くなっているからです。
肌が無防備になっているところにグングンと紫外線量が増えてくるので、春先に油断していると肌は大ダメージを受けることになりかねません

紫外線で保湿機能が低下!

紫外線対策とは「日焼け対策」と考えている人が多いですが、紫外線の影響で一番怖いのは保湿機能の低下です

とくに保湿機能の衰えが気になる年代は、スキンケアで保湿に力を入れても紫外線で台無しになりかねないので注意が必要です

保湿機能低下の仕組み

紫外線はまず皮脂膜などの働きを低下させます。
そこから肌の一番外側にある角質層を攻撃して、保湿成分であるセラミドから水分を奪っていきます。

角質層の水分が少なくなると肌はバリア機能が低下し、紫外線はさらに肌の奥まで進みやすくなります。
そして最後は肌の一番奥の真皮層で水分を保っているコラーゲンにまで破壊攻撃が及んでしまいます。

こうして紫外線は肌の保湿成分を壊し、肌からどんどん水分を奪ってしまうわけです。
紫外線の影響がコラーゲンにまで及ぶと肌乾燥だけでなく、肌がたるみやすくなってしまいます

紫外線による肌ダメージ

こうした紫外線による肌ダメージは、思った以上に肌リスクを高めていきます。

バリア機能の低下でアレルギーに!?

前述したとおり、角質層の水分が奪われることでバリア機能が低下します。
それによって肌内部に外部刺激が入りやすくなるのでアレルギー物質なども肌内部まで侵入しやすくなります

とくに春先はアレルギー物質である花粉が飛散しているので、肌がアレルギー反応を起こす可能性が高くなります。
するとこうした外部刺激によって肌は敏感肌へと発展してしまうのです。

乾燥からしわ、たるみに!

肌の奥で弾力を支えているコラーゲンが紫外線によって破壊されるとシワのリスクが一気に高まります。
肌全体のハリがなくなり、しわやたるみができやすくなり、見た目年齢がどんどん上がってしまうのです

つまり紫外線の攻撃は肌老化を一気に進めてしまいます!

シミやソバカスも

もちろん、紫外線によってシミソバカスも増えていきます。
紫外線を浴びると肌を守るためにメラノサイトがメラニン色素を作りだしてしまうからです。

本来なら紫外線を浴びなくなるとメラニン色素の生成がストップしますが、紫外線を浴び続けることで「メラニンを作り続けるメラノサイト」が出現してしまうこともあります

紫外線対策+保湿も!

肌にとってとても怖い紫外線。
外に出るときは春先でも紫外線対策をしっかりとしなければいけません。

では紫外線対策のポイントをみていきましょう。

日焼け止めの強さは?

紫外線対策として難しいのはSPFの高さです。
バッチリ紫外線をカットしたいからSPFの高いものを!と考えてしまいますが、SPFの高さは肌への負担の高さを意味してしまいます
肌への負担も考えるとSPFは15~25くらいがおすすめです。

こちらもチェック

日焼け止めの選び方、間違えてない?正しい選び方をマスターして!

2016年5月14日

そして日焼け止めにプラスして、できれば日傘や帽子などで紫外線をカットするようにしましょう。(UV-Bをカットできます)

保湿もしっかりと

紫外線対策をしっかりとしていても、完全に紫外線をカットすることはできません。
外にいた時間が長かった日は肌の保湿も念入りにしておくことにしましょう

紫外線によって奪われた保湿成分を補うことで肌のダメージがずいぶんと軽減できます。

保湿+UV=UV乳液がおすすめ!

季節を問わず、肌には保湿効果もUV効果も欲しい。

その2つを叶えてくれる便利なアイテムがUV乳液です。
春の紫外線対策にはとくにおすすめ!

UV乳液とは

UV乳液とはその名前の通り、UVカット効果もある乳液です。
乳液なので保湿効果もあります

また、UV乳液には化粧下地にもなるタイプがあり、そういった商品をつかえば乳液→メイクへと進めるので朝の時短にもなります。

紫外線は年間を通して対策をとる必要がありますが、自宅で過ごす日はメイクや紫外線対策が面倒くさくなりがち。
そんなときにもUV乳液を使用しておけば窓際や洗濯干し、ちょっとした庭仕事のときも安心できます。

そしてクレンジングを必要としないタイプが多いので、肌への負担も少なくオフできるのもうれしい特徴です

UV乳液と日焼け止めの違い

UV乳液の特徴 ・保湿成分や美容成分を多く配合

・スキンケア重視

・クレンジング不要タイプが多い

日焼け止めの特徴 ・UVカット効果重視

・クレンジング必要タイプも多い(とくにウォータープルーフタイプは多い)

化粧下地はどうする?

化粧下地の機能もついているUV乳液なら、基本的に化粧下地は必要ありません。
しかしメイクのノリに影響が出る場合は化粧下地が必要になる場合もあります。

また、UV効果が低めのUV乳液のときには、場合によって日焼け止め下地も併用して紫外線対策を強化する必要があります
シーンによって(または季節によって)「UV乳液だけ」「UV乳液+日焼け止め下地」と工夫してください。

夜のスキンケアでは使用しない

UV乳液を夜のスキンケアに使用するのはおすすめできません。
紫外線カット効果があるということは、少なからず肌への負担もあると考えるべきだからです。

夜のスキンケアでは普通の乳液を使用し、睡眠時にしっかりと肌を休ませてあげましょう

おすすめのUV乳液

では口コミでも人気のUV乳液をご紹介していきましょう。

キュレル美白UVミルク

 
SPF30・PA++
Amazon価格(2018年3月現在)・1620円

セラミド配合で保湿しながらUV対策もできる乳液。
キュレルは敏感肌向けのブランドなので、日焼け止めの肌負担が怖い人にもおすすめのやさしい処方になっています。

美白効果があるカモミラETも配合されているので、UV対策と保湿効果だけでなく美白効果もプラスされています!

口コミもチェックしてみて!

 
 

エリクシールホワイトデーケアレボリューションC

 
SPF30・PA++++
Amazon価格(2018年3月現在)・3456円

化粧下地にもなるエリクシールのUV乳液。
注目の美白成分、トラネキサム酸配合でメラニンの生成を抑制してくれます。

こちらの商品はSPF50のタイプもありますが(デーケアレボリューションC+)、SPF30のほうがしっとり感があるとの口コミが多くなっています

口コミ評価も高いです!

 
 

オバジからもUV乳液が発売されました!

オバジ・マルチプロテクトUV乳液を体験!効果をレビュー!

2018年3月31日

未来の肌を守ろう!

紫外線の影響は日焼けのようにすぐ反映するものだけではありません。
肌へのダメージとして蓄積されていく影響のほうがずっと怖いんです。
紫外線をよく浴びる環境にあった人は、肌年齢が実年齢よりもずっと高くなるというデータもあります。

将来の自分の肌を守るためにも紫外線対策をしっかりとしていきましょう!

紫外線と肌の関係を基礎から学んで、日差しに対抗していく!

2016年5月13日

スポンサーリンク