クレンジング基礎知識/正しいメイク落としをしてますか?

クレンジングは、その日のメイクを肌に残さないという、大事なスキンケアの工程です。
ちゃんとメイクが落とせていないと、肌トラブルや、負担からの肌年齢アップなど、さまざまなリスクが発生してしまいます。

スキンケアをしっかりしているつもりでも、このクレンジングが間違っていると、せっかくのスキンケア効果が半減してしまう可能性もあります。
そこで、この大事なクレンジングがしっかりできているか、一度チェックしておきましょう。

クレンジングの基礎

毎日スキンケア

メイクは肌に残さないように、しっかりと落としたいものです。
しかし、ゴシゴシと洗いすぎたり、長い時間をかけて落とすのもいけません。
なぜなら、クレンジング剤は肌に負担をかける成分が入っているからです。

クレンジング剤について詳しい記事はこちら

クレンジング基礎知識/あなたに合ったクレンジング剤の種類は?

2016.03.18

素早く馴染ませる!

メイクは、クレンジング剤と馴染ませることで浮き上がってきます。
油分の多いメイク用品をしっかりと落とすには、クレンジング剤とよく馴染ませることが大切です。

しかし、時間をかけすぎるのはダメ!
素早く、丁寧に、やさしく馴染ませるのが基本です。
ちょっと難しいかもしれませんが、1分を目標にしてクレンジングをしていきましょう。

アイメイク

クレンジングのチェックポイント

毎日スキンケア

では、自分のクレンジングが間違っていないか、ここでチェックしていきましょう。

チェック1・アイメイクは先にオフしてる?

アイメイクは、メイクの中でも一番落ちにくいところです。
マスカラやアイライナーなど、にじみやすいところはウォータープルーフが多いので、普通のクレンジング剤ではなかなか落ちません。

さらに、目元は皮膚が薄く、保湿能力が低いので、とてもデリケートな場所です。
普通のクレンジング剤でゴシゴシと落ちるまでこすったりせず、専用のクレンジング剤を使って、先に落としておきましょう。

落ちにくいからと、アイメイクが残ったままになっていると、色素沈着のもとになります。

チェック2・Tゾーンから乗せてる?

クレンジングを伸ばしていくのは、皮脂が多いところからです。
Tゾーンが一番皮脂が多いので、まずはTゾーンに乗せ、そこから頬、Uゾーンへとクレンジング剤を伸ばしていきます。

チェック3・クレンジング剤をケチってない?

クレンジング剤の量が少ないと、肌の摩擦が大きくなってしまいます。
摩擦は肌を傷めたり、シワやたるみの原因にもなります。
クレンジング剤がよく滑るように、量はケチらずに使っていきましょう。

チェック4・温めてる?

クレンジング剤は、手のひらなどで温めてから肌に乗せたほうが、メイクと馴染みやすくなります。
早く馴染んだほうが、肌への負担も軽くなるので、クレンジング剤はなるべく温めて使うようにしましょう。

チェック5・力を入れてない?

力をいれてゴシゴシとこすると、肌の角層を傷めてしまい、摩擦も強くなってしまいます。
クレンジング剤はやさしく伸ばし、指先で滑らせるようにメイクと馴染ませてください。

チェック6・ぬるま湯で流してる?

クレンジング剤を流すお湯の温度が高すぎると、肌の保湿成分まで流れ出て、肌が乾燥してしまいます。
また、冷たい水では油分が落ち切れずに肌に残ってしまいます。
クレンジング剤を落とすお湯はぬるま湯にして、肌にクレンジング剤が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

s-bas

正しいクレンジングでしっかり落とす

クレンジング剤は、肌に負担をかけるものです。
しかし、肌にメイクを残すよりはリスクが低いので、クレンジング剤を使ってメイクを落とします。
せっかく、そんな負担をかけてまでクレンジング剤を使うのだから、正しいクレンジングでしっかりとメイクを落とすようにしましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク