クレンジング基礎知識/アイメイクは特別に!その理由と落とし方

アイメイクは、目力アップの強力な武器になります。
気合を入れてアイメイクをしている人も、たくさんいますよね。

そんなアイメイクですが、ほかのメイクと一緒にクレンジングをしてしまってはいませんか。
アイメイクは特別です。
ほかのメイクとは別に落とす必要があるので、その理由と正しい落とし方を解説していきましょう。

アイメイクは落ちにくい!

毎日スキンケア

目元はにじみやすかったり、メイクが落ちやすかったりするので、メーカーは落ちにくい商品を開発しています。
それを利用する私たちも、落ちにくい商品を探して使っていますよね。

そのために、アイメイクは普通のクレンジングではなかなか落ちないほどに強力になってきています。

目元は危険地帯

毎日スキンケア

目元の皮膚は、ほかの部分の皮膚と比べて3分の1しかありません。
保湿力も少ないうえに、瞬きなどでかなり酷使もされている場所です。

メイクが残っていると、老化が進む!

そんなデリケートな目元に、メイクが残ったままになっているとどうなるのでしょうか。

まず、色素沈着しやすくなります。
瞼が黒ずんだり、クマのようにみえたりもします。
ほかにも、保湿に影響が出てシワになりやすくなったりもします。

目元が黒ずんだり、シワができたりすると、顔の印象が一気に老けて見えるようになりますよね。
目元は見た目年齢を左右する大事な場所なので、クレンジングも特別にしてあげるべきなんです。

綿棒

正しいアイメイクの落とし方

毎日スキンケア

アイメイクは、ほかのメイクとは別に、専用のリムーバーを使うようにしましょう。

落とし方のポイント1・こすらない

目元はデリケートなので、こすっては絶対にダメです。

アイメイク専用のリムーバーをコットンにたっぷりと含ませて、瞼の上におきます。
10秒くらい待って、アイメイクがリムーバーに馴染んだら、そっと撫でるようにして拭き取ります
ここで、ちゃんと待たずにこすってしまうのは禁物ですよ!

落とし方のポイント2・綿棒を使う

たっぷりとリムーバーを含ませた綿棒は、アイラインを落とすのにとても便利です。

そして、マスカラを落とすのにも綿棒を使うようにしましょう。
リムーバーを含ませたコットンの上に、上まつ毛や下まつ毛を乗せて、リムーバーを含ませた綿棒で挟むようにします。
こうしてマスカラを落としていくと、まつ毛にも肌にもやさしく落とすことができます。

落とし方のポイント3・メーカーを合わせる

ウォータープルーフのメイク用品に、ウォータープルーフ対応のリムーバーを使うのは基本です。
しかし、難しいのはマスカラです。

マスカラは、メーカーによってフィルムタイプだったり、ワックスタイプだったりと、タイプが細かく分かれています。
そのタイプに合わせて、対応しているリムーバーを使う必要があります。

でも、同じメーカーからリムーバーが出ているなら、迷わずにそれを使うのが一番おすすめです。
同じメーカーなら、自社製品が落ちるように開発されているので安心だからです。

s-bas

保湿も忘れずに!

アイメイク用のリムーバーは、かなり洗浄力が強いので、目元への負担も大きくなります。
それでもリムーバーを使ってメイクを落とす必要があるのですが、そのぶん保湿をしっかりとするようにしましょう。
目元のケアがとくに気になる人は、目元美容液も使うようにしてください。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク