体と脳のエイジングにストップ!楽チンな運動ほどメリットが多い

運動不足の女性はたくさんいます。
最近の調査では、日頃から運動を習慣づけている女性は4人に1人だそうです。
75%が運動不足ということですね。

一見、健康そうに見えても、運動不足から体の調子が悪い人はたくさんいるんです。
不調は感じないけど、最近運動をしていないと感じている人も要注意です。

今回は、軽い運動でもメリットがたくさんある、運動の大切さを解説していきましょう。

運動不足は怖い!

毎日スキンケア

運動不足の女性が多いようですが、周りもそうだからと自分も運動不足でいいなんて思ってはいけません。

運動不足の体は、カロリーの燃焼も悪くなります
カロリーオーバーな食事をとったりすると、みるみるうちに脂肪になってしまうんです。
そして、糖尿病や肥満といった生活習慣病に発展していくこともあります。

ほかにも運動不足の体は、筋力が衰えるだけでなく、脳、内臓、骨、肌の老化も進めてしまいます
そう、運動不足は肌年齢も上げてしまうんです!

運動を難しく考えない

毎日スキンケア

とはいえ「運動」と聞くと、なんだか面倒くさくてハードルが高い、と思う人が多いようです。
でも、そんなことはありません!運動は簡単に始められるし、習慣にもしやすいんです。

楽チンな運動が効果的!

運動を難しく考える必要はありません。
じつは、楽チンな運動のほうが体にいいからです。

運動をすると「糖」と「脂肪」が消費されます。
この消費されるエネルギーは、運動の質によって変わってきます。
激しい運動ほど糖が消費され、軽い運動だと脂肪のほうが消費されます。

簡単な例をあげると、ジョギング程度の運動で、糖と脂肪が50%くらいの割合です。
つまり、生活習慣病などの予防のために脂肪を燃焼したいなら、軽い運動のほうが効果的なんです。
激しい運動をときどきするのではなく、ジョギング以下の軽い運動を習慣的にしていきましょう。

脳もいきいきする!

ウォーキングなどの軽い運動は、脳を活性化してくれます。

軽い運動は、記憶力を強化する「アセチルコリン」の分泌を促します。
さらに集中力を高める「ノルアドレナリン」という神経伝達物質の分泌も促進してくれます。
仕事の前や勉強の前に軽い運動をしておくと、バリバリと効率がよくなるのでおすすめです。

ウォーキングについての記事はこちら

美容と老化予防にウォーキング!0円で始められるその効果とは?

2016.03.24
ウォーキング

楽チンな運動でメリットがたくさん!

毎日スキンケア

では、楽チンな運動でどんなメリットがあるのかみていきましょう。

メリット1・アンチエイジング効果

人がもつ成長ホルモンの分泌は、20歳を超えたあたりからどんどん減少していきます。
そして成長ホルモンが減少すると、体のあらゆる部分の老化が始まってしまいます。
ところが、適度な運動は成長ホルモンの分泌を促進してくれるんです。

外見的な部分だけでなく、内臓などの内的な部分まで、体全体の老化を遅らせることができます

メリット2・ダイエット効果

もちろん、ダイエット効果もあります。

筋肉が衰えてしまうと、脂肪がつきやすい体になってしまいます。
逆に、適度な筋肉をつけておくと代謝がよくなり、太りにくい体になります。
さらに有酸素運動なら、脂肪が燃焼しやすくなります。

メリット3・骨や関節の強化

運動をすることで、カルシウムの生成が促進されるようになります。
最近の女性はカルシウム不足が深刻で、骨粗しょう症の人が増えてきています。
しかし運動で骨や関節が丈夫になれば、いつまでも若々しく行動することができるんです。

メリット4・疲労回復

運動すると疲れるでしょ?と思ってはいませんか。
逆なんです。運動すると疲れにくくなるんです。

運動を習慣にしておくと、心肺機能や血管の機能が高くなります。
これによって、血液や酸素が体のすみずみまで届きやすくなるので、疲れにくい体になるんです。
最近疲れっぽいな…と思っている人ほど、運動はおすすめです。

メリット5・記憶力向上

運動すると、アドレナリンやドーパミンなどの脳の神経伝達物質の働きがアップします。
最近忘れっぽいな…と気になっている人も、脳の活性化で記憶力も向上してくれます。

メリット6・生活習慣病の予防

適度な運動は、血中のコレステロールや中性脂肪を減少する効果があります。
また、インスリンがよく働くようになるので、血糖値の上昇を防ぐ効果もあります。

高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防、さらに脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の疾病も予防してくれます。

ウォーキング、運動

こんなに簡単な運動でいいの!?

毎日スキンケア

できれば、ウォーキングを強くおすすめしたいのですが、始められない!というなら、こんな簡単な運動からでも始めてみてください。

早足で歩く

買い物や通勤などで移動のときは、なるべく歩くようにしましょう。
駅まで自転車の人は、歩きに切り替えてみましょう。
自宅から駅が近い人は、一つ先の駅まで歩くことにするのもおすすめです。

なるべく大きな歩幅で、早く歩くとリズミカルになって、ウォーキングのような効果が得られます。
早足で10分以上止まらずに歩くことができれば、運動をしたことと同じになります。

階段を使う

エレベーターやエスカレーター断ちをしましょう。
とにかく上に上がるとき、下に下がるときは階段を使うんです。

「スローピング」といって、階段や坂道を上がったり下がったりする動作は、平な場所よりも2~3倍の負荷がかかります。
負荷がかかることによって、効率よくエネルギーを消費できるんです。

注意点として、階段の上がり降りはなるべくゆっくりにしましょう。
危険防止にもなるし、そのほうが負荷もかかりやすくなるんです。

s-hart3

楽チンな運動を始めていこう!

運動を難しく考えず、できるところから始めてみましょう。
まずは歩く距離を増やしたり、階段を使うようにするところからです。
歩くときは早く」「階段はゆっくり」が基本です。

体が軽くなってきたら、ウォーキングも始めてみてくださいね!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク