シミにはハイドロキノン?上手な使い方で、強い味方に!

シミ対策の商品に配合されるようになったハイドロキノン
気になるシミがあるなら、一度は使ってみたいと思っている人も多いでしょう。

しかしハイドロキノンってトラブルも多いと聞いて躊躇していませんか。
そうです、ハイドロキノンは正しく使わないとトラブルもあり得る成分です。

でも正しく使えばシミ対策として強い味方にもなってくれます。
今回はそんなハイドロキノンについて副作用の注意や、使い方のポイントを詳しく説明していきましょう。

ハイドロキノンとは

毎日スキンケア

ハイドロキノンとはじつは天然の成分で、イチゴやコーヒーなどに含まれています。
欧米ではポピュラーな美容成分として知られていましたが、日本では管理が難しいという点もあって医師の処方でのみ使用できる成分でした。

2001年の規制緩和によって、一般的にスキンケア用品にとり入れることができるようになった成分です。

ハイドロキノンの働き

ハイドロキノンにはメラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)の働きを抑制する作用と、メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを阻害する作用とがあります。
その効果はビタミンCやアルブチンといった、従来の美白成分の10~100倍といわれているほど!
つまりそれだけ、シミ対策として高い効果が期待できる成分です。

そしてハイドロキノン最大の利点は、これからできるシミを予防するだけでなく、すでにできてしまっているシミにも効果が期待できる点です。
メラニンは酸化によって黒くなる性質をもっているのですが、ハイドロキノンにはその酸化を還元する作用があるからです。
つまりメラニンの酸化が還元され、メラニンの色を薄くする働きもあるということなんです。

現在スキンケアでとり入れることが可能な成分としては、かなりシミへの効果が期待できる成分といえます。

ハイドロキノンの効果が期待できるシミ

シミにもいろいろな種類がありますが、ハイドロキノンによって改善が期待できるシミは表皮(肌の表面)にできてしまったシミになります。
真皮(肌の奥)にまで届いてしまっているシミには効果が期待できません。


ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類

・炎症後色素沈着

・そばかす(遺伝要素でないもの)

・老人性色素斑

・肝斑

こういった種類のシミに効果が期待できます。

ただし肝斑については原因によって効果がない場合もあります。
そばかすについても、遺伝的要素によってできている場合は効果が期待できません。(薄くなる可能性はあります)

ハイドロキノンの副作用

毎日スキンケア

ハイドロキノンを使用することで副作用の例もたくさんあります。
使用のうえで注意するためにも、ぜひ頭に入れておきましょう。

1・赤みや炎症

ハイドロキノンはとても強い成分です。

肌が弱い人だけでなく、肌トラブルを起こしたことがない人でも赤みや炎症が起きることがあります。

2・白斑

濃度の濃いハイドロキノンや、ハイドロキノンの長期使用で白斑ができてしまった例もあります。

白斑とは、肌の一部分だけが白くなってしまう状態のことです。

s126

ハイドロキノンの濃度

毎日スキンケア

副作用の可能性もあるくらい、効果が高いハイドロキノン。
そんなハイドロキノンを使いこなすには、まずその濃度が大切です。
ハイドロキノン配合の商品を購入する前に、必ず濃度をチェックするようにしましょう。

一般的には、1%~5%くらいの濃度のものが販売されています。
しかし中には「○%配合!」という具合に、濃度の高さをウリにしている商品もあります。
ハイドロキノンの場合、濃度が濃いほど効果が高くなるという考えかたをしてはいけません

濃度の濃さはリスクの高さも意味するので、飛びつかないように注意してください。

ちなみに日本の市販品で配合できる濃度は2%まで。
それ以上は輸入品か、医師の処方によっての入手になります。

では濃度別にどういった効果とリスクがあるのかみていきましょう。

ハイドロキノン1%~3%

刺激も少なく、安全性も高い濃度といえますが、そのぶん効果は遅くなると考えられています。

肌が弱い人の場合は、この濃度でも刺激を感じる場合もあるので注意が必要です。
また、この濃度でも1年以上の長期使用となると白斑となる可能性もあります。

ハイドロキノン4%~5%

濃度が高くなってくるぶん、ピリピリとした刺激も感じやすくなります。
ハイドロキノンの濃度の上限は、ここまでと考えるべきです。
6%以上の濃度になると、白斑の可能性がグッと高くなります

一般的な使用状況では、4%以下なら白斑は起きにくいとされていますが、それでも個人差はあるので注意が必要です。

安定型ハイドロキノンについて

ハイドロキノンについて調べていくと「安定型ハイドロキノン」という単語も出てくると思います。

ハイドロキノンは効果が高い反面、肌へのリスクも伴います。
そこで肌リスクが低くなるように改良されたものが安定型ハイドロキノンになります。

肌へのリスクが少ないならそのほうがいいと思うかもしれませんが、その代わり効果が低くなります。
配合率で比較すると「安定型ハイドロキノン1%=純ハイドロキノン0.3%」くらいに相当すると思ってください。

安定型ハイドロキノンなら10%くらいのものも見かけますが、通常のハイドロキノンほどのリスクはない(効果も高くない)ということです。
肌が弱い、リスクが怖いといったときには安定型ハイドロキノンを選択肢に入れてみましょう。

ハイドロキノン使用時の注意ポイント

毎日スキンケア

ここまで読み進めると、ちょっとハイドロキノンの使用が怖くなってくるかもしれませんね。
しかし現存している成分の中で、ハイドロキノンはシミ対策としてかなり期待ができる成分です。
リスクも承知したうえで上手に付き合っていけば、気になるシミを消してくれるかもしれません。

では、どういった点に注意しながら使用するべきなのでしょうか。
まとめてみますので、ぜひ参考にしてから使用に踏み切ってくださいね。

1・パッチテストは必須

ハイドロキノンはとても強い成分です。
自分の肌は強い!と思っている人も、必ずパッチテストをしてください。

ハイドロキノン配合商品は、まずパッチテストをするところからスタートです!

2・UV対策をする

ハイドロキノンを使用している肌は、紫外線の影響を受けやすくなっています
紫外線によってシミを濃くしてしまう可能性もあるので、UV対策をしっかりととりましょう。

室内だとしても日光が入りやすい場所なら油断せずに、紫外線対策をしてください。
そのくらい紫外線には気をつける必要があります。

3・早く使い切る

ハイドロキノンは安定性が低く、非常に酸化しやすい成分です。
酸化してしまったハイドロキノンでは、効果が得られないばかりかトラブルの可能性も出てしまいます。

開封後は必ず冷暗所で保管し、3ヵ月を目安(製品によっては1ヵ月のものもある)に使いきるようにしましょう。

※どのみちハイドロキノンは長期使用ができない成分です。
使用から3ヵ月程度で使用を止め、肌を休止させる必要があります。

4・綿棒を使う

シミがない部分にハイドロキノンが塗布されると、白斑になる場合があります。

シミ部分にだけ塗布できるように、綿棒などを使うようにしましょう。

5・洗顔直後よりも少し経ってから

洗顔直後の肌は浸透しやすいので、ハイドロキノンも浸透しやすくなります。
しかしハイドロキノンはリスクも高いため、浸透させ過ぎないようにしておきましょう。

洗顔後すぐではなく、化粧水などでケアしながら15分以上待って塗布してください。

+トレチノイン

皮膚科でシミの相談をすると、ハイドロキノンとトレチノイン(レチノイン酸)の併用を勧められる場合もあります。

トレチノインには強いピーリング効果(肌を新しく入れ替える作用)があります。
トレチノインの「ピーリング効果」に加えて、ハイドロキノンの「美白効果」を併せることでよりシミを排出しやすくするといったものです。(※トレチノインハイドロキノン療法と呼ばれています)

シミの改善にかなり強力なアプローチが可能になりますが、トレチノインは日本では販売ができない成分で、医師の処方が必要になります。

詳しくはこちらの記事を参考に

レチノイン酸で肌が入れ替わる!?その効果と注意点は?

2017.03.25
s-hart

上手な使い方でシミ対策に!

ハイドロキノンについてリスクを多く説明してしまいましたが、トラブルを避けて欲しいからです。

肌に合っていて、ちゃんと注意をしながら使用をすればシミを薄くすることもできる成分です。
実際に管理人もハイドロキノンを使用します。
気になるシミができたときだけですが、ちゃんと薄くなってくれたシミもあります。

ハイドロキノンを使うときは、トラブルを起こさないように十分に気をつけてくださいね。

スポンサーリンク