その「自然派化粧品」は本当に肌にやさしい効果がある?

肌トラブルや敏感肌で刺激の少ない化粧品をと考えたら「自然派化粧品」が気になるように…。
しかし本当に自然派化粧品は肌にやさしいのでしょうか。

今回はつい惑わされがちな化粧品の「自然派」というワードについてです。

自然派化粧品とは

「自然派」といえば「植物などの自然由来成分をつかっている」だから「肌にやさしそう」という連想になっていくでしょう。

しかし化粧品の「自然派」は単純に「やさしさ」を連想してはいけないくらい複雑になっています。

そもそも現在の日本では「自然派化粧品」と名乗るための定義がありません
つまり自然由来の成分を配合していれば、ほかに刺激物となる成分をバシバシ配合していても「自然派化粧品」を名乗っている場合もあるということです。

各メーカーの良心次第ということになりますね。

ここが「自然派化粧品」の最大の落とし穴ともいえるでしょう。

「肌にやさしい化粧品を」と望むなら、配合している成分やメーカーの信頼度をチェックする必要性があります
単純に「自然」というワードに飛びつかないようにしなくてはいけません。

肌へのやさしさと効果

じつは化粧品に「自然派」を名乗る定義がないと知ったら、自然派化粧品はかなりあやふやなイメージになってしまうでしょう。
単純に「自然派=肌にやさしい」という連想はできなくなったはずです。

しかし普通の化粧品よりも肌へのやさしさを求めるなら、自然派化粧品をチョイスするという選択肢は間違いではありません。
前述したようにまず「製品の見極め」が大切になってきますが、ここで自然派化粧品の意味合いについて知っておいてください。

普通の化粧品は肌悩みを解決するための成分が配合されているので、即効性があります。
一方で自然派化粧品は本来、「肌のもっている力を引き出すためのもの」なので即効性はありません。
その代わりに自然派化粧品は化学的な成分を配合していないので肌への刺激が少ないことになります。

つまりちゃんとした本来の意味合いをもつ自然派化粧品なら、荒れやすい肌質の人や敏感肌の人にとても向いているのです

ただしこれは「本来」の考えかたであって、化学的な成分を配合している自然派化粧品もあります。
すると「自然派化粧品をつかったのにやっぱり肌が荒れてしまった…」という残念な結果になってしまうことに…。

だからじょうずに製品を見極めるためにも、自然派化粧品をもう少し詳しく知っておく必要があります。
ではどういった自然派化粧品に化学的成分が配合されている可能性があるのか、次の項目でみていきましょう。

自然派化粧品の種類

そもそも自然派化粧品というワード自体が「ひとくくり」にされているものです。

では何をひとくくりにしているかというと…

・天然化粧品

・無添加化粧品

・オーガニック化粧品

と、だいたいこれらの化粧品は総称して「自然派化粧品」と呼ばれています。

それぞれの特徴を知れば、どういった意味合いで肌にやさしいのかを知ることができます。

天然化粧品

まず天然化粧品は、植物などの自然由来成分(植物エキスなど)を多く使用している化粧品になります

自然由来の成分をつかっていることから「自然派化粧品」という言葉もしっくりくきますね。

しかしその自然由来(天然由来)成分をどの程度配合しているかはわかりません。
やはり配合率に基準がないからです

ほぼ天然由来成分で構成しているかもしれないし、ほんの10%程度かもしれないし…。

「肌へのやさしさ」を求めるならどういった天然成分を何%配合しているのか、化学成分はどんなものを配合しているのかをしっかりとチェックする必要があります。

無添加化粧品

「無添加」ともなれば、化学成分は配合されていないし安心でしょ!と思うかもしれませんがそうともいいきれません。

旧厚生省が指定した「アレルギーの危険がある成分」は102種類。
無添加化粧品の「無添加」とは、この102種類の化学成分が1つも入っていないという意味になります

ところが指定されている102種類以外にもアレルギーの可能性がある成分や、肌にやさしくない成分は存在しているのです。
だから「無添加=絶対安心!」とはいえないのです。
こちらもしっかりと配合成分を見極めておきましょう。

無添加と天然のコラボ商品も!

ここまでで気づいたかもしれませんが、「無添加」で「天然化粧品」といった商品もあります。
つまり無添加化粧品と天然化粧品のコラボですね。

たしかにただの天然化粧品よりもさらに無添加が加わったほうが肌へのやさしさは追及できますが、やはり配合成分はできるだけチェックしておきましょう。

オーガニック化粧品

オーガニック化粧品は、原料がオーガニックである化粧品のことです

オーガニック…化学肥料や農薬をつかわずに栽培された素材 
ただしこの「オーガニック化粧品」にも日本では定義がなく、有機栽培(オーガニック)の素材のみで構成されているとは限りません

こちらもチェック

オーガニック化粧品のメリットと効果を知って、肌に生かす!

2018年1月9日

オーガニック化粧品は選びやすい!

日本ではオーガニック化粧品と認定する機関がありませんが、世界各国ではオーガニックの認定機関があります。(エコサート、コスメビオなどなど…)
基準は機関によってさまざまですが「石油由来成分、動物由来原料は使用しない」「植物由来成分のうち50~90%以上はオーガニックである」といった共通の基準があります。

そして日本のメーカーでも自信のある商品(高品質な商品)は、こういった認定機関から認定を受けています。
つまり認定マークのある商品ならある程度信頼ができるということになります。

成分表をみてもイマイチわからない…といった場合は、まず認定マークがついている商品を選んでみましょう。

認定マークについて詳しくはコチラ!

オーガニック化粧品にも落とし穴はある!注意点をチェック!

2017年12月26日
また、基準はないもののメーカーによっては独自で基準を定めているところもあります

メーカーのホームページをチェックしてみるといいでしょう。

自然派化粧品の魅力

肌がもっている力を引き出すことを目的としている、本来の自然派化粧品はとても魅力的だと感じます。
しかし選び方を間違えると、まったく方向性の違う化粧品を手にとりかねません。

ちゃんと「肌にやさしく」そして「自分の肌と相性のいい(←これが大事)」自然派化粧品と出会えるといいですね!

スポンサーリンク