間違えたくない!ブースターオイルの意味と使い方

最近ではオイル美容が大人気
なかでもオイルをブースターとして使用するブースターオイルに注目が集まっています。

ただしオイルならなんでもいいわけではなく、使い方や選び方を間違えると肌コンディションが下がってしまう場合も。

そこで今回はブースターオイルの意味と使い方、選び方をしっかりとチェックしておきましょう

ブースターオイルの意味

「ブースターオイル」というオイルが存在しているわけではありません。
美容オイルをブースターとして使用することでブースターオイルになります。(ブースターに使用することを推奨している商品もあります)

ブースターとはスキンケアにおいて「導入液」のこと
洗顔後の肌はとても乾いていてスキンケアの成分が浸透しにくくなっています。
とくに年齢肌で肌が固くなっていると、せっかくの美容成分がなかなか浸透してくれません。

そこで導入液が活躍します。
洗顔後に導入液を使用することで、その後のスキンケアの浸透力を上げる作用があるのです

スキンケアのラインナップの中に導入液が入っているシリーズを見たことがありませんか。
しかし導入液って美容液と同じくらい価格が高めなんですよね。

だったら美容オイルを導入液として使ってみたらどう!?
「アッ!かなりいい感じ!」
だからブースターオイルをマストアイテムにしている人が急増中なんです。

美容オイルをブースターに使うメリット

オイルって水をはじくイメージがありますよね。
だからブースターとして使用することに違和感を感じる人もいるかもしれません。

たしかに油分は水をはじくのですが、すべての油分が水をはじくわけではないのです

美容オイルの親水性

オイルには一般的な水をはじくものと、水分を浸透させやすくするものとがあります。
水分を浸透させやすくすることを親水性といいます。

この親水性の高いオイルを使用することでその後のスキンケアの浸透力もアップ
ブースターオイルの大きなメリットになります。

肌をやわらかく

さらに肌をやわらかくする効果がある美容オイルなら、浸透力はもっと高くなります

カピカピに乾いたタオルが水をはじいてしまうように、乾燥して固くなっている肌はスキンケア成分を吸収してくれないのです。
しかしブースターオイルによって肌をやわらかくし、親水性を高めておけばスキンケア成分をゴクゴク吸収してくれるようになります。

使い方と注意点

ブースターオイルの使い方は簡単です。

導入液として使用するので、洗顔後の肌に1番最初に使います

そこで注意しておきたいのは塗布する量です
ブースターとして優秀だからとたくさん塗ってはいけません。

肌は水分量と油分のバランスがとても大切なので、ここで油分を多くし過ぎてしまうと肌トラブルの元になりかねません。
水分多め、油分少な目が理想的な肌コンディションになります
だから「こんなに少しでいいの?」と不安に思うくらいの量で大丈夫。(少量でいいからコスパもいいんです!)

ハンドプレスでしっかりとオイルを肌に馴染ませたら、あとはいつものスキンケアをスタート!
化粧水で水分量を上げて油分とのバランスを整え、保湿効果のある美容液やクリームで仕上げます。
油分をもう少し上げたければ乳液で調整するのもいいでしょう。

肌質はそれぞれなので、自分の肌バランスを整えられるようにしてください。

肌チェッカーが便利!

肌の水分、油分のバランスはこの数値で美肌キープ!

2018年2月24日

選び方とおすすめの美容オイル

冒頭でも触れましたが、どんな美容オイルでもブースターに適しているわけではありません。

ブースターオイルにするなら親水性が大切です

・ホホバオイル

・アルガンオイル

美容オイルのなかでも親水性が高いオイルはホホバオイルアルガンオイルでブースターに向いています。

ホホバオイル

ホホバオイルは非常に人の肌と馴染みやすい構造のオイルです
親水性が高いのでブースターオイルには最適。

さらに酸化しにくい、肌質を選ばないという特性もあるので扱いやすいオイルでもあります。
オイル美容初心者におすすめのブースターオイルです

アルガンオイル

アルガンオイルも親水性が高く、とくにブースターオイルにおすすめしたいオイルです!

肌をやわらかくする効果と抗酸化作用があるので年齢肌には最適
エイジングケアも一緒にできてしまいます。

ただし一般的に、価格がホホバオイルより高くなっています。(希少なオイルなので)
価格に問題がなければアルガンオイルをブースターにしてみてください!

酸化に注意!(保管のポイント)

オイルは酸化しやすいものです

ホホバオイルはオイルの中でも酸化しにくい種類ですが、それでも注意はしておきましょう。
日光だけでなく蛍光灯の光でも酸化するので必ず暗い場所に保管するようにしてください
とくに容器が透明のものは箱の中にしまうなどしておくといいでしょう。

そして温度は20℃以下が基本なので冬場は常温でもO.K。
気温が20℃を上回る季節になったら冷蔵庫で保管。
ただし湿気が高いのはN.Gなので野菜室はやめておいてください

せっかくの美容オイルが酸化して台無しにならないように、保存方法はしっかりと!

ブースターオイルで肌ふっくら

美容オイルの価格帯も幅広くなっていますが、それでも美容導入液よりもコスパがいい!

じょうずにつかって美容成分をグイグイ浸透させ、肌をふっくらさせていきましょう。

スポンサーリンク