その花粉症に待ったをかける!乳酸菌と肌荒れの関係

乳酸菌といえば「腸内を整えるもの」というイメージが強いですね。
しかし最近では花粉症対策にもなるとして注目されています

ではどうして乳酸菌が花粉症に有効なのか。
肌荒れとの関係も一緒にみていきましょう。

花粉症と免疫

そもそも花粉症は免疫機能の過剰反応によって発症しているものです。

つまり免疫力をアップさせれば、過剰な反応を和らげることができることになります

そこで注目されたのが乳酸菌
なぜなら腸内環境が免疫力に大きな影響をもっているからで、体内の免疫システム全体の60%以上を腸が占めているのです。

腸内環境を良好に保てれば免疫力も強化できるという図式になるわけですが、そこで乳酸菌が活躍してくれます。

花粉と肌荒れの関係

花粉はアレルギー物質なので、くしゃみや鼻水だけでなく肌荒れも引き起こします。
ちなみに花粉症を発症していなくても肌が荒れがちになります。

アレルギー反応による肌荒れを防ぐためにも免疫力はとても大切なのです。

さらに腸内環境そのものも肌とは密接な関係にあります。
腸内は肌の鏡」といわれるくらいなのです。

スキンケアを頑張っても肌が荒れがちなのは腸内環境の悪化が原因だった、なんて話も珍しくありません。

腸内環境を整えることは花粉症対策に加えて、肌荒れ対策としてかなり有効な方法なのです

乳酸菌とは

腸内環境と肌は深い関係にあるわけですが、その腸内に影響をもつ乳酸菌とはなんなのでしょうか。

ひとことで乳酸菌といってもたくさんの種類があり、「糖類を分解して乳酸をつくり出す細菌」の総称になります。
その種類は200種類以上ともいわれているのです。

有名どころでいえばビフィズス菌ラブレ菌フェカリス菌などがありますね。

乳酸菌はいわゆる善玉菌になるわけですが、腸内は「善玉菌」と「悪玉菌」と「日和見菌(状況によって善にも悪にもなる菌)」によって構成されています。
腸内を良好な環境に保つにはそのバランスが大切で、悪玉寄りにさせないためにも善玉菌である乳酸菌をとり入れることが有効になるのです。

近年では乳酸菌は「プロバイオティクス」(健康に良い影響を与える微生物)とも呼ばれています。

腸内環境改善、免疫機能の向上だけに留まらず、中性脂肪や血中コレステロールを低下させる働きも知られてきています。
もちろん免疫力が向上すればあらゆる病気にもかかりにくくなるので、乳酸菌って本当にすごい働きができる菌なのです!

花粉症に効果的な乳酸菌

では免疫機能を高めるためにも乳酸菌をとり入れてみよう…と思っても、乳酸菌はたくさんの種類がある!
それぞれ働き方にも違いがあるので、花粉症(アレルギー)に対しても得意な乳酸菌の種類というものがあります

ではアレルギーに対してとくに効果的だとされている乳酸菌をみていきましょう。

L-92乳酸菌

L-92乳酸菌はカルピスが長年の研究によって開発した独自の乳酸菌です。

抗アレルギー作用だけでなくアトピー性皮膚炎にも緩和作用があるとして注目されています

KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)

KW乳酸菌はキリンビール小岩井乳業が共同研究で発見した乳酸菌で、細胞レベルから体質改善ができるとされています。

免疫バランスを整える作用に優れ、アレルギー作用の緩和効果が期待できる乳酸菌です

乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)

乳酸菌シロタ株は代田稔医学博士が発見した乳酸菌で、ヤクルトが製造販売する特定保健用食品に使用されています。

IgE抗体(即時型のアレルギー反応を起こす抗体)の生成を抑制し、アレルギー反応を緩和できる作用があるとされています

ビフィズス菌BB536

BB536は森永乳業によって乳児から発見したヒト由来のビフィズス菌です。

免疫バランスを整える作用に優れているので、アレルギー症状の改善に効果的とされています

フェリカス菌

フェリカス菌は健康な人から分離した乳酸菌です。

免疫細胞を活性化させる働きがあることからアレルギー症状に有効とされています
EC-12やFK-23といった種類があるので、そちらの名称で記載されることもあります。

クレモリス菌FC株

クレモリス菌FC株はカスピ海ヨーグルトに使用されている乳酸菌です。

高い整腸作用が特徴的な乳酸菌で、アレルギー症状の緩和に期待がもてます

クレモリス菌FC株ならこちらのサプリ!

乳酸菌はお手軽なサプリで!

とり入れたい乳酸菌をピンポイントで摂取するにはサプリがおすすめ!

自分が欲しい乳酸菌が配合されているサプリを、価格や口コミを考慮しながら選んでみてください。

スポンサーリンク