エクオールが女性の美容をサポート!その効果と腸内の仕組み

時計 時間

腸内フローラ」という言葉を聞いたことがありますか。
乳酸菌」はもちろん聞いたことがありますよね。

最近では花粉症などのアレルギーにも対抗力がつくとして、乳酸菌を日常的にとりいれる人が増えてきました。

エクオールという成分は、この腸内フローラと大きく関わっています
さて、そのエクオールと腸内がどう関係するのか、なぜ美容をサポートできる効果があるのか、わかりやすく解説していきましょう。

腸内フローラとは

乳酸菌は知っていても腸内フローラについてはよく知らない、という人のためにまずは腸内フローラについて説明しておきましょう。

エクオールの効果を解説するにはまず腸内フローラについて知っておく必要があるからです
腸内フローラを知っている人はこの項目は飛ばしてください。

腸内を構成する3種類の菌

人間の腸内には、なんと重さにすると1kgもの腸内細菌が住んでいるといわれています!

その腸内細菌は「善玉菌」と「悪玉菌」と「日和見菌」の3種類に大別されます。

腸内細菌 図解 イラスト

善玉菌は人間の体にとってとても大切な菌
乳酸菌はもちろんこの善玉菌の中に入ります。

悪玉菌は体に悪影響をもたらす菌

ここに体調によっては悪玉菌の仲間になってしまう世渡り上手(?)の日和見菌が入り、これらの菌で腸内が構成されているんです。

バランスが大切

腸内ではこの悪玉菌と善玉菌がいつも戦っているわけですが、善玉菌が優勢でいてくれたほうが美容にも良い影響が出ます。
理想的なバランスは善玉菌:悪玉菌:日和見菌(2:1:7)くらいといわれています。

腸内 調子が悪い イラスト

しかし善玉菌が不足したり、体調を崩して日和見菌が悪玉菌の味方になってしまうと一気に悪玉菌が優勢になってしまいます

腸内フローラは腸内細菌の壁

そんな腸内細菌ですが、個々がバラバラになっているわけではなく同じ種類同士で仲良く腸内に壁を作っています。

その壁面を作っている腸内細菌の集合体が「腸内フローラ」と呼ばれています

腸内フローラ 図解 イラスト

腸内フローラは子供の頃の食生活や生活習慣で決まってくるので、人によってずいぶんと構成が違っているものです
しかしこの腸内フローラが健康維持や寿命、さらには若さの維持にまで影響するとして最近ではとくに研究が進められています。

大豆イソフラボンと女性ホルモン

外国人 女性

ではエクオールについて説明を…と進めたい所なのですが、もう一つ「大豆イソフラボン」についても説明させてください。

大豆イソフラボンの効果

大豆イソフラボンといえば「女性ホルモンと同様の働きをする」として注目された成分です。

大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じ働きをしてくれれば美肌効果更年期障害骨粗しょう症といったホルモンの影響が大きいところに作用してくれます

女性ホルモンと美容

さて、さらに少し脱線してしまうのですが、そもそもなぜ女性ホルモンが美容と関係するのでしょうか。
ここもエクオールの解説の中で大切なポイントになります。

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、肌に大きく影響するのはエストロゲンのほうです。

なぜならエストロゲンが減少すると線維芽細胞の働きが低下してしまうからです。

女性ホルモン 年齢推移 グラフ

線維芽細胞といえばコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった美肌成分をつくり出すための大切な細胞
その線維芽細胞の働きが低下してしまうということは、美肌成分もどんどん減少してしまうことに…。

こうして女性ホルモンは美容に大きく関わってくるのです。
だから「女性ホルモンと同様の働き」をしてくれる成分は美容をサポートできるということになります。

しかし大豆イソフラボンを摂取し続けても、その効果が実感できる人できない人に分かれてしまう…。
その効果の違いにエクオールが関わっていることが解明されたのです

エクオールは腸内フローラで生成される

女性 白 日光

ではここで本題のエクオールの解説に入ります。

エクオールと大豆イソフラボンの関係

エクオールは腸内フローラの中にある善玉菌が、大豆(ダイゼイン)をエサにして生成する成分。

そして大豆イソフラボンによってエクオールが生成されると、女性ホルモンのような活躍が期待できるという図式だったのです
つまり大豆イソフラボンを摂取してもエクオールが生成されなければ活躍できないということになります。

腸内フローラ 図解 イラスト コメント付き

単純に大豆イソフラボンが女性ホルモンのような働きをするのではなく「快適な腸内フローラ」+「大豆イソフラボン」=「女性ホルモンのような働き」ということです。

快適な腸内フローラ

大豆イソフラボン

エクオール生成!(女性ホルモンのような働き)

大豆イソフラボンを摂取し続けても腸内フローラ次第でエクオールの生成力が変わってしまうということになり、生成力が低ければイソフラボンの働きも低くなります
だから人によって効果の有無が違っていたわけですね。

冒頭で「腸内フローラは人によって構成が違う」と説明しましたが、結果としてエクオールの生成力も人によって違うのです。

日本人では2人に1人だけ!

ではエクオールがどのくらいの割合で生成できるかというと、日本人では50%くらいの人が生成できるそうです
欧米人では20%~30%しか生成できないそうなので、まだマシともいえますがそれでも2人に1人だけです。

サプリ パッケージ イラスト 

生成できない人はサプリで補うか、腸内フローラを改善していくしかありません。

エクオールの効果

女性 白 光

ではそんなふうに生成されたエクオールは私たちの体にどんな効果を与えるのでしょうか。

「女性特有のゆらぎ」をケア

エクオールの働きは、そのまま大豆イソフラボンで注目された効果になります。
ホルモンバランスの崩れ(エストロゲンの減少)によって起きる「女性特有のゆらぎ」をケアする効果です

女性ホルモンは40代に入ったくらいからグッと減少していきます。(個人差あり)
減少自体は食い止めることは難しいし、仕方がないことなのですが、ここでホルモンバランスが大きく崩れることでの弊害が生まれてしまいます。

気持ちが不安定になったり、イライラしやすくなったり…気持ちがゆらぎやすくなるのです。
「肌が枯れてきた」と感じてくるのもこの時期です。

女の子 女性 顔 イラスト

こういった症状はホルモンバランスが一気に崩れないように、つまりホルモンの減少をゆるやかにすることである程度改善することができます。

エクオールをとり入れることでバランスの崩れをサポートできれば、それがそのままゆらぎのサポートにもなるということです

こちらもチェック

女性が40歳になったら、ホルモンマネジメントで美肌をキープ!

2017年10月26日

美肌効果も期待できる

エクオールによって女性ホルモンが整えば、更年期障害や生理不順などの不調が緩和されやすくなります。
そしてもちろん、女性ホルモンの減少による肌の不調改善にも期待がもてます!

前述したように、エクオール(女性ホルモン)にはコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった美肌成分を生成する「線維芽細胞」を活性化させる働きもあるからです

スキンケアでコラーゲンをとり入れている人も多いと思いますが、コラーゲンはとても大きい分子です。
しかもコラーゲンは肌の一番奥にある真皮で働く成分なので、そこまで届かせるのが難しいといえます。
分子の小さいコラーゲンを使って届かせたとしても、そもそも自ら生成されたコラーゲンでなければ定着はできません

肌 断面図 図解 イラスト

そんなコラーゲンは、外部からとり入れるよりも生成してしまったほうがより確実といえます。
エクオールによってコラーゲンやエラスチンがしっかりと生成力されるようになれば、たるみやしわといった肌悩みもサポートしてもらえるのです。

実際にエクオールの働きによって肌にハリが生まれ、シワが薄くなったという研究結果も出ています。
だからエクオールには美肌効果が期待できるというわけなのです。

肌への意識を腸内から

とはいえエクオールが生成できる人は限られている…となれば、腸内環境も意識していきたいですね。

もともと「腸は肌の鏡」といわれるくらい、肌と密接なつながりがあります。

こちらもチェック

便秘を解消して腸内も肌もキレイ!美容、ダイエットにも効果アリ

2016年6月10日

お肌のためにも普段から食生活を整えていきましょう!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"