アマニ油(亜麻仁油)の美容効果で健やかな肌になろう!

flaxseed 亜麻仁

美肌効果に注目が集まっているアマニ油(亜麻仁油)ですが、アレルギー改善やダイエットにも効果がある夢のような健康油です。

ではそんなアマニ油の美容効果って、いったいどんなものなのでしょうか。

今回はアマニ油がもつ魅力を詳しく分析していきます。

アマニ(亜麻仁)とは

アマニ(亜麻仁)は英語でフラックスシード
その歴史はとても古く、人類が初めて栽培した植物の1つといわれています。

flaxseed 亜麻 実

種子は食用にできるし、茎からはリネンの布地が作れるしと、生活の中で大いに役立ってくれた植物なのです。

「亜麻」が植物の名称で、「仁」は種子を指します。

実から抽出されるアマニ油

アマニ油は、そんな亜麻の成熟した実から抽出した油です。

亜麻の実はゴマとよく似ていますが、もっている栄養価はまったく違います。
α-リノレン酸食物繊維といった栄養素を多く含むことがわかったのですが、近年ではとくにα-リノレン酸がもつ効果に注目が集まっています

アマニ油がもつ栄養素

flaxseed 亜麻仁油

では気になるアマニ油の代表的な栄養素3つを、その効果と一緒にみていきましょう。

アマニ油に含まれる主な栄養素

・α-リノレン酸

・リグナン

・食物繊維

1・α-リノレン酸

α-リノレン酸は、オメガ3系の脂肪酸です。

必須脂肪酸の1つになるのですが、自身の体内では合成することはできません
だから合成できる生物(植物)を摂取してとり入れることになります。

必須脂肪酸の2種類

・オメガ3系(ω-3脂肪酸)=α-リノレン酸

・オメガ6系(ω-6脂肪酸)=リノール酸

これらの体内で合成できない脂肪酸が必須脂肪酸

「必須」と呼ばれるだけあって、私たちの体にとって必要不可欠な成分です。
しかし食物から摂取しても含有量が少ないため、現代人はこのオメガ3(α-リノレン酸)が足りていないといわれています。

オイル 1滴 イラスト

ところが亜麻仁油は重量の約50%がα-リノレン酸になり、これほど多くα-リノレン酸を摂取できる食物はなかなかありません。(この含有量の参考値は日清オイリオ)

α-リノレン酸の美容効果

じつはこのα-リノレン酸、美容には欠かせない栄養素の1つ。

なぜならα-リノレン酸はセラミドや細胞膜の原料になるからです
セラミドといえば肌の代表的な保湿成分で、角質層内で水分を保持する働きをもっています。

セラミドが足りない肌
肌 バリア機能 図解 イラスト

このセラミドが減少すると上記図のように肌のバリア機能が損なわれてしまうので、水分量が減るだけでなく肌荒れもしやすくなってしまうのです。

こういった肌機能をサポートするためにもα-リノレン酸はとても大切な栄養素になります。

アレルギーの緩和

ほかにもα-リノレン酸にはアレルギー症状を緩和する働きがあります

アレルギーといえば花粉症やアトピー性皮膚炎が代表的になっていますが、肌荒れを引き起こすものです。
花粉の季節になると、花粉症じゃないけど肌が荒れるといった症状は、軽いアレルギー反応のようなものです。

女の子 女性 顔 イラスト

α-リノレン酸でこういったアレルギー症状が緩和されれば、健やかな肌が保ちやすくなります。

2・リグナン

ポリフェノールの一種であるリグナンには高い抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは?

活性酸素の働きを抑制(または活性酸素を除去)して、体の酸化を抑える作用のこと

体の酸化は「老化」を意味しています。
つまり抗酸化作用とは老化に抵抗する力です
だからリグナンによって、エイジングケアがサポートされるわけですね。

女の子 女性 顔 イラスト

ほかにもリグナンには女性ホルモンを整える作用もあり、ホルモンバランスの崩れからくる肌不調にも効果的です。

リグナンの注意点

リグナンは腸内細菌によって分解(代謝)されると、エストロゲン(女性ホルモン)と似た働きをしてくれます。(大豆イソフラボンで注目された働きですね)

ここで注意しておきたいのは、リグナンの摂取量です。

通常のアマニ油ならまず問題ありませんが、リグナンが高配合されている商品には注意が必要です。
エストロゲン(に似た働き)が過剰になり、生理不順などを引き起こす場合があります。
逆にエストロゲンが足りない年代(40代以降の更年期世代)にとっては、高配合のほうが症状の好転に期待がもてます。

自分にはリグナンの働きがどの程度必要かを見極めて、通常か高配合かを選ぶといいでしょう

3・食物繊維

アマニ油がもつ食物繊維は水溶性不溶性のバランスがよくとれています。

厳密には食物繊維は「水溶性」と「不溶性」に分かれていて、どちらか片方に偏っていてはあまり効果が期待できません。
だから腸内を快適にするには不溶性の食物と水溶性の食物とを、バランス良くとり入れる必要があるのです。

しかしアマニ油にはその2つの性質の食物繊維がすでにバランス良く含まれているので、単品でも十分な効果が期待できます

腸内 比較 イラスト

腸内環境が整えばダイエット効果だけではありません。
「腸は肌の鏡」といわれるくらい、肌を整えるサポートにもなります

こちらもチェック

便秘を解消して腸内も肌もキレイ!美容、ダイエットにも効果アリ

2016年6月10日

効果的な摂取方法

女性 女の子 白

そんな美容効果たっぷりのアマニ油をどんどんとり入れたいところですが、じつは摂取方法に注意点があります
アマニ油の効果を最大限に引き出すためにも、ここはしっかりおさえておきましょう!

アマニ油は加熱しない

じつはアマニ油はとても熱に弱い油です
だから熱を加えるような料理には使用できません。
そのまま混ぜるだけのドレッシングやカルパッチョなどなら大丈夫です。

火 注意 no イラスト

味が苦手でなければ、そのままスプーンで飲んでしまうのがお手軽です。
苦手な場合はジュースやヨーグルトに混ぜるなど、とりやすいように工夫しましょう。

オメガ6をひかえる

同じ必須脂肪酸の仲間であるオメガ6とアマニ油のオメガ3は、かなり密接な関係にあります。

前述した通り現代人はオメガ3が不足気味な傾向にありますが、逆にオメガ6は過剰摂取気味になっています。
ところがオメガ6が体内にありあまっていると、オメガ3の働きが半減してしまうのです。(これも現代人にオメガ3が必要な理由です)
つまりせっかく不足がちなオメガ3(アマニ油)をとり入れても、オメガ6をバンバン摂取していたら意味がなくなってしまうのです。

フライドポテト no イラスト

オメガ3の力を最大限に引き出すために、オメガ6の摂取はひかえるようにしましょう。

オメガ6を多く含む食品

・サラダ油

・マヨネーズ

・ごま油

こういった食品に含まれているので、フライドポテトやフライドチキンといった揚げ物にも多く含まれていることになります
こういった食品をなるべく避けるようにしましょう。

ちなみにオメガ6は、オメガ3とは逆にアレルギー反応を促進する物質に変換されます

スプーン1杯で効果がある

α-リノレン酸の1日の摂取量は小さじ半分ほど(2g程度)が適量です。
アマニ油の成分の約半分はα-リノレン酸なので、1日に小さじ1杯で足りることになります。

もしオメガ6を過剰にとっているような場合は、バランスをとるために少し多めでもいいかもしれません。

量は自分で様子を見ながら決めていけばいいと思いますが、過剰摂取にならないように気をつけてください

たったスプーン1杯でも、美容効果に期待がふくらみますね!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"