若々しい肌を保ちたい!コラーゲンを生成しやすい肌を作るには?

女性 女の子 顔

「最近、肌にハリがない」「肌がゆるんでいる感じがする」そんなときは、肌のコラーゲンが足りなくなっているかもしれません。

肌をピンと保ち、若々しくみせるにはコラーゲンが必要です。

コラーゲンとは

コラーゲンとは、タンパク質の1種です。

コラーゲンは体のあらゆる場所に存在し、肌の奥のほうにある真皮という層にも存在しています。

肌 断面図 図解 真皮層

私たちの肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」で成り立っているのですが、真皮層は肌にとって土台のような役割をしています

コラーゲンと肌のハリ

コラーゲンはタンパク質の仲間といっても、その働きは筋肉の構成などではなく、細胞同士を結合させるといったものです

肌の真皮層にあるコラーゲンは網目状になっていて、やはり細胞同士を結合させています。

そして前述したように、肌の奥という場所なだけに「土台」ともいえる存在になっています。

肌 断面図 図解 イラスト

そんな土台であるコラーゲンが減少し、細胞の結合がゆるくなってしまうと肌そのものもゆるみ、たるんでいってしまいます。(上図参照)
ピンとしたハリのある肌を保つため、コラーゲンは必要不可欠な成分ということです

減少するコラーゲン

肌のハリに必要不可欠なコラーゲンなのに、年齢を重ねるごとに生成されなくなっていきます。
体内でのコラーゲン量は20歳頃がピークといわれ、あとは減少する一方です。

20歳と40歳のコラーゲン量を比べると、なんと40歳では20歳の約半分しかないそうです
つまり、肌のハリも半分程度ということになりますね。

肌の変化 加齢 比較

見た目が老けていくのは、このコラーゲン量減少も大きく関わっているといえるのです。

生成力が低下する原因

コラーゲンは線維芽細胞という細胞によって生成されます。

しかし加齢とともに細胞の働きが弱くなれば、もちろんコラーゲンの生成力も低下することになります。
さらに生成力を低下させる原因は、ほかにもあります。

紫外線

紫外線はUV-AとUV-Bがありますが、波長の長いUV-Aのほうは真皮層まで届いていきます。

肌 紫外線 影響 図解 イラスト

真皮層まで届いた紫外線はコラーゲンを分解する酵素を発生させ、減少の原因となります

栄養不足

ビタミンCはコラーゲンを生成するときに必要な栄養素で、足りなくなるとコラーゲンの生成が円滑にできなくなります。

レモン イラスト

ほかにもタンパク質もコラーゲン生成に必要な栄養素です。

だからこういった栄養の不足も、コラーゲン減少を招く一因となるのです

生活習慣

ビタミンCは喫煙やストレス、疲労や睡眠不足によっても消費されてしまいます。

こうした生活習慣も、コラーゲンの生成力に影響してしまうのです。

生成しやすくする方法

女性 シルエット ハート

コラーゲンは分子が大きいため、スキンケア用品で肌にとり入れても真皮層までは届いてくれません。
角層で水分を保つといった働きになります。

つまりスキンケアにおいてのコラーゲンの働きは保湿に留まり、肌の底上げには至らないのです

だから肌のハリを保つためには、コラーゲンを生成しやすい肌作りを目指さなくてはいけません。

新陳代謝と睡眠

コラーゲンの生成には新陳代謝が大きく関わっています。
つまり新陳代謝が低下しないような生活サイクルが大切です。

新陳代謝のアップにはいろいろなポイントがありますが、やはり1番おさえておきたいのは睡眠です

私たちの年齢に関係なく、睡眠時に成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンが新陳代謝のサポートとなるからです。

ゴールデンタイムに変化?

新陳代謝を上げるために良質な睡眠をとりたいのですが、ここで1つポイントがあります。

睡眠の中で最も新陳代謝が上がるのは22時~2時の4時間といわれ、「ゴールデンタイム」と呼ばれる定説がありました。
ところが最近になってこの定説に変化があったのです。

女性 女の子 睡眠 イラスト

今までの定説に異論を唱える専門家たちが増え、「新陳代謝が最も上がる時間は限定されない」という説が有力視されはじめました。

新しい説は「入眠後3~4時間後が、もっとも成長ホルモンが分泌される」というものです。
つまり睡眠に入ってから3時間後にはしっかりと熟睡できるような睡眠が、良質な睡眠ということになります

熟睡するためのポイント

睡眠の前にスマホを観ている人がとても増えています。
しかしスマホやパソコンの画面(ブルーライト)は脳に刺激を残してしまうので、熟睡の妨げになってしまいます。

女性 女の子 睡眠

睡眠の前はスマホやパソコン、できればテレビも観ないようにしましょう。
入眠前の1時間は間接照明などの暗い部屋で、アロマを焚いたりしてゆったりと過ごすのがおすすめです。

コラーゲンを生成する栄養素

コラーゲンを生成する栄養素として、おさえておきたいのはビタミンCタンパク質です

体内にとり入れたタンパク質が分解されてアミノ酸となり、そこからビタミンCと鉄をつかってコラーゲンに再合成される仕組みになっているからです。

コラーゲン 生成 栄養素 図解

だからこの中のどれか1つでも欠けているとコラーゲンは生成できません。

タンパク質をいくら摂取してもビタミンCと鉄が足りなければ生成量は低くなります。
逆にビタミンCと鉄が十分に足りていても、タンパク質によるアミノ酸が足りなければコラーゲンの生成にはいたりません。

女性 料理 クッキング

この3つの栄養素は、普段の食生活の中で積極的にとり入れていきましょう。

生成力アップで体も健康に

普段からコラーゲンを生成されやすい生活を意識していくと、それが健康な体作りにもなります。
新陳代謝を上げるということは、健康的な体を作ることにもなるからです。

コラーゲンを生成しやすい肌を目指しながら、健康な体も手に入れて下さい。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"